メルボルン空港散策の様子。無料のシャワーもありました(ANAダイヤ修行:メルボルン旅行記13)

スポンサーリンク

今回は、メルボルンのサザンクロス駅からバスに乗って空港へ移動し、空港を散策して少し暇つぶしした様子を紹介します。

いよいよメルボルン旅行も終わりが見えてきました。

前回までの記事

メルボルン修行の概要

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。 メル

第1回

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(

前回

今回はメルボルンでの食事に利用したハンバーガーのチェーン店「grill'd」でオージービーフ100%のハンバーガーを食べたときの様子を紹介します。 ついでに立ち寄ったうどん屋もな

サザンクロス駅からメルボルン空港まで

バス移動が便利です

サザンクロス駅(メルボルンの中心駅)とメルボルン空港間には鉄道が通っていないので、SkyBusというバスでの移動が基本になります。

バスの利用方法についてはこちらの記事で解説しています。

久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で

運賃(VISAでの決済はできました)は

券の種類価格片道あたり
片道券(One Way)AU$19.00AU$19.00
往復券(Round Trip)AU$36.00AU$18.00

で、所要時間はおよそ30~45分です(道路状況により前後)。

本数は日中だと10分に1本で比較的多いので、時間合わせに苦戦することはありませんでした。

チケット購入

サザンクロス駅のカウンターまたはクレジット専用の自動券売機で購入できます。私はVISAカードで決済するので、自動券売機を使いました。

こちらがカウンターのある施設で、手前にぽつんと立っているのが自動券売機です。

自動券売機で購入します。
Melbourne Airport行きをタッチ。

大人・片道・人数を選択し、Buy nowをタッチ。

運賃を確認して、クレジット決済です。

決済が完了すると、チケットが出てきます。ペラッペラのレシートなんですけどね(笑)

これを持って乗り場へ向かいます。

バス乗車

さて、乗り場へ移動します。

2階建てバスですね。これに乗ろうとしたら、「次の便まで待って!」と言われ、バスは私を乗せず発車しました。ちょうど発車時間ギリギリだったんだと思います。

というわけでここで待機。

次の便は1階建て2両つなぎというめずらしい車両でした。

乗車するとまもなく発車しました。

街からどんどん離れていきます。

ちなみに、車内では無料Wi-Fiが使えます。詳しくはこちらの記事で説明しています。

久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で

30分弱で到着。最初の停留所で下車

30分もかからず空港に到着しました。

降りる場所がよく分からなかったので、最初の「Terminal3、Domestic Terminal」で下車しました。エアチャイナのチェックインカウンターはTerminal2でしたが、問題ありませんでした。

メルボルン空港は意外にコンパクトなので、降りるバス停を間違えても、空港内を歩けば大丈夫です。

さて、空港に入ります。

スポンサーリンク

メルボルン空港散策

チェックインは出発3時間前

メルボルン空港からはエアチャイナのフライトに搭乗予定でしたが、チェックインが始まるのは出発3時間前です。到着してから少し時間的余裕があったので、空港内をウロウロしてみました。

思ったよりコンパクトなメルボルン空港

ウロウロしてみたんですが、メルボルン空港Terminal2は思ったよりもコンパクト。あっという間に散策を終えてしまいました(笑)空港での暇つぶしには限界があるので、あまりに早く到着すると、退屈してしまうかもしれません。

Terminal2内ウロウロの様子

では、写真を並べてウロウロした様子を紹介します。

まずは1階到着ロビー。

1階にはSIMカードショップやカフェがあります。

また、到着ロビーにはメルボルン版Suicaであるmykiの自販機もありました。

mykiを使ってトラムに乗る方法はこちらの記事で解説しています。

この記事では、メルボルン版Suicaである「myki」を購入する方法を紹介します。 なお、無料区間の利用方法についてはこちらをご覧ください。 https://www.mil

さて、2階出発ロビーに上がってみます。エスカレーターはスロープ型でした。

カウンターはこのような感じです。

2階には旅行グッズ店やマクドナルド、カフェ&バーがありました。

なんと、寿司屋もありました。

そして、シャワールームもあるとのこと。

入ってみると、トイレの奥にシャワールームがあるというスタイルでした。

シャワールーム内を見てみます。

無料で使えるだけあって、きれいではありませんでした。しかも…

壊れていました…。

もちろん、シャンプー類はありません。手持ちのものがなければ、トイレの入口に自販機があります。

その他、チェックインカウンター巡りをしてみたりともう少し時間つぶしをしていましたが、残っている写真がこれだけでした…。

というわけで、今回は短いですがここまでです。

次回はエアチャイナのビジネスクラス搭乗記。チェックインからラウンジ利用、メルボルン~北京までの搭乗の様子を紹介します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

続編

エアチャイナビジネスクラスで行くメルボルン旅行(修行?)もとうとう復路フライトにさしかかりました。 今回は、メルボルン空港から北京首都空港までエアチャイナのビジネスクラスに搭

旅行記全巻

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(
こんにちは、マイル小僧です。 今回はメルボルン修行(旅行?)記の第2回。成田空港からエアチャイナのビジネスクラスで上海の浦東空港へ向かう前のドタバタ劇について紹介します。
今回は、メルボルン修行(旅行?)記の第3回。成田空港~上海の浦東空港までエアチャイナのビジネスクラス(A330-200)に搭乗したときの様子をお伝えします。 機内の様子、座席
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第4回。上海の浦東空港での乗り継ぎの様子をお伝えします。 エアチャイナのビジネスクラスを利用した「成田~上海~メル
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第5回。 上海で冷や汗ものの乗り継ぎを何とか終え、乗り継ぎ便であるメルボルン行きも無事に(←)遅れることが決まった
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第6回。 上海浦東空港からメルボルンまで搭乗したエアチャイナのビジネスクラスでのサービスについて詳しく紹介します。
今回は、メルボルンの空港に到着した後、空港でSIMカードを購入して携帯電話・スマホ・タブレットに挿入し、インターネットが利用できるようになるまでの流れを説明します。 なお、今
久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で
今回は、ANAダ イヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第9弾。 メルボルンで宿泊(1泊)したホステル「Melbourne Central YHA」について紹介します。
以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1
今回は、メルボルンでトラムを使ってセントキルダへ行き、野生のペンギンを見たときの様子を紹介します。 野生のペンギンを見たのは人生で初めてで、出会ったときにはかなりテンションが
今回はメルボルンでの食事に利用したハンバーガーのチェーン店「grill'd」でオージービーフ100%のハンバーガーを食べたときの様子を紹介します。 ついでに立ち寄ったうどん屋もな
今回は、メルボルンのサザンクロス駅からバスに乗って空港へ移動し、空港を散策して少し暇つぶしした様子を紹介します。 いよいよメルボルン旅行も終わりが見えてきました。 前回まで
エアチャイナビジネスクラスで行くメルボルン旅行(修行?)もとうとう復路フライトにさしかかりました。 今回は、メルボルン空港から北京首都空港までエアチャイナのビジネスクラスに搭

トラムの使い方関係

トラムの無料区間利用方法について

今回は、メルボルン旅行時にとにかく便利だった無料トラムの使い方を紹介します。 メルボルンの市内中心部を観光する予定の方、ぜひお読みください。 メルボルン旅行についての記事

トラムの無料区間内にある観光地に行った様子

以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1

mykiの購入とトラムの運賃について

この記事では、メルボルン版Suicaである「myki」を購入する方法を紹介します。 なお、無料区間の利用方法についてはこちらをご覧ください。 https://www.mil

メルボルン修行の概要

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。 メル

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.