Melbourne Central YHA Hostel宿泊記。やや高価ですがゲストハウス初心者にもおすすめ!(ANAダイヤ修行:メルボルン旅行記9)

スポンサーリンク

今回は、ANAダ イヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第9弾。

メルボルンで宿泊(1泊)したホステル「Melbourne Central YHA」について紹介します。

前回までの記事

メルボルン修行の概要

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。

第1回

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(

前回

久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で

「ホステル」とは?

安いですが、ホテルとは異なります

ホステルを一言で説明するのは難しいですが、一般にホステルといえば、

  • 価格が安い
  • 部屋は相部屋などのドミトリー形式が多い
  • ホテルのようなきめ細やかなサービスはない
  • シャワーやトイレは共用のことが多い

タイプの宿泊施設とイメージしていただければ良いでしょうか。ゲストハウス型宿泊施設と言い換えることもできます。

ホステルとホテル、字面は似ていますが、異なるタイプの宿泊施設です。ホテルでは相部屋は考えられませんが、ホステルでは相部屋は普通のことです。ホテルだとバスルームやトイレは部屋にありますが、ホステルの場合は共用であるケースがほとんどです。

といったように、ホステルは価格が安い一方で、ホテルに比べるとハード・ソフト両面においてサービスのランクが下がります。ただ、

「どうせ寝るだけなんだから、ベッドがあればそれでいい」

という考えの人には、安く寝床が確保できるという意味でなかなか魅力的な施設なのです。ひとり旅の場合はなおさらですね(笑)

なお、私はクアラルンプールでもホステル(ゲストハウス)に宿泊しています。ここは1泊813円でした。

こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第14弾。 クアラルンプールのゲストハウス「Raizzy's Guesthouse」に宿泊し

スポンサーリンク

Melbourne Central YHA Hostelについて

Melbourne Central YHA Hostelを選んだ経緯

アクセスの良い場所を探していると…

今回の旅程は、

  • 朝にメルボルンに到着して、1日観光
  • 翌朝から観光を再開し、その日の晩にメルボルン出発

という短い滞在日程でした(それでも丸2日楽しめたので、修行としてはゆとりがありますが…)。従って、なるべく効率よく観光地を巡るため、交通アクセスの良い毛宇土ハウスを探していました。

その結果、ヒットしたのがMelbourne Central YHA Hostelでした。

場所はこちらです。

メルボルンの市内中心部にあるターミナル駅「サザンクロス駅」の近くです。サザンクロス駅は空港までの直行バスが発着している駅なので、アクセスは抜群でした。

さらに、路面電車の駅が目の前にあるので、市内観光にも抜群のアクセスでした。

なお、空港~サザンクロス駅間のバスについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で

価格はAU$38.50(約3,200円)とやや高め。予約はExpediaで。

アクセスを重視した結果、値段はホステルとしては少々高めのAU$38.50(当時のレートで約3,200円)となりました。部屋は相部屋で、バス・トイレは共用という一般的なゲストハウス形式のプランを選択しています。

予約はExpediaから行いました。Expediaで予約するとき、予めクレジットカードでオンライン決済する場合と、現地宿泊施設で支払う場合とがありますが、今回は現地支払い一択だったので、チェックイン時に宿泊費を支払いました。

メルボルンは東南アジアとは異なり、物価の安い国ではありません。普通にホテルに宿泊すると1万円超えがザラですから、そのなかで3,200円程度で宿泊できていると思えば十分安いですが、ホステルとしてはやや強気の価格でした。

Melbourne Central YHA Hostel宿泊の様子

施設入口

施設の入口はこちらです。

宿泊施設というよりは、カフェやバーのような入口ですね(笑)

遠目に見るとこんな感じです。

ある程度目立つようにYHAと表示されていたので、見落とすことはありませんでした。

フロントで受付

フロントはこんな感じでした。

ここでExpediaで予約したことを伝えると、パスポートの提示を求められました。

予約の確認が取れると、宿泊費AU$38.50を支払います。支払いはクレジットカードにも対応しており、VISAカードで問題なく支払いできました。

その後は、施設内についての説明を簡単に受け、カードキーを渡されます。カードキーを持って、いざ、部屋へ向かいます。

部屋までの移動

では、部屋まで移動します。まず、フロント横の扉を通過します。

宿泊フロアまで行くと、まずは鍵のかかったフロア入り口があります。セキュリティはしっかりとしており、宿泊エリアにはカードキーを持った宿泊者しか入れないようになっています。

このそばにある端末にカードキーを通して開錠します。

ここを入ると、廊下です。廊下にはコインランドリールーム、トイレ、シャワールームなどの共用設備があります。そこを通過して進んでいくと、今回宿泊する部屋がありました。

カードキーを挿入して、入室します。

部屋の内部

今回の部屋は4人部屋でした。既に先客がいたようで、到着時には結構散らかっていました(笑)

2段ベッド×2という構成です。

ベッドの様子

各寝床には、シーツの掛けられたマットレスの上に毛布・シーツ・枕が置かれており、自分で寝床をセッティングします。マットレスは粗悪なものではなく、汚れも無く清潔でした。

ベッドの枕元には読書灯がありました。

ベッドの下には荷物の収納スペースがあります。

中にはなぜか毛布が入っていました。チェーンが付いていますが、鍵は付いていないので、セキュリティ面に不安がある場合は南京錠の持参が必須です(南京錠が必要なのは、どのゲストハウスでも同じです)。

私はダイヤル式の南京錠を持ち歩いているので、いつもこれで対応しています。

室内の設備

室内にはヒーターがありました。

当時は6月で、現地では冬でしたが、夜になってもそれほど寒くありませんでした。結局、ヒーターは誰も付けずじまいでした(笑)

電源プラグは、部屋に人数分ありました。形状はこのタイプです。

一人一つが暗黙の了解になっており、ちゃんと全員が一つずつ利用していました(笑)盗難の恐れがあるので、スマホ等を挿しっぱなしにして室外に出ないよう注意が必要です(といっても、ルームメイトは普通にiPad挿しっぱなしで出かけちゃいましたが…(笑))

共用施設(男性用)

シャワールーム

シャワールーム・トイレ・洗面所が同じ部屋に集約されていました。各フロアごとにあるようです。ちょうど誰もいなかったので撮影しました。

さすが3,200円クラスのホステル。とても清潔でした。お湯もバッチリ出てきます(東南アジアだとお湯の出ないシャワールームもあります(笑))

ただ、シャンプー・ボディーソープ類は備え付けられていません。私はいつもトラベルセットを持ち歩いているのでそれを利用していますが、もし手元にない場合はコインで購入することができるマシンがすぐそばにありました(自販機がないケースもあるので、ホステル・ゲストハウス宿泊時は自前のものを用意して行きましょう)。

トイレ

トイレは個室が2つありました。(奥の茶色い扉はシャワールームです。)

トイレも清潔に保たれていました。

洗面台

洗面台は2つありました。

ひげ剃り・ドライヤー用のコンセントがありましたが、ユニバーサルタイプの電源も備え付けられていました。

バルコニー

廊下からバルコニーに出られるようになっていました。

この通路を進むと…

バルコニーと聞くと屋外を想像しますが、普通に屋内でした(笑)談話スペースと考えれば良さそうですね。

コインランドリー

コインランドリーも各フロアにありました。長期の滞在にはありがたいですね。

料金は、

  • 洗濯:AU$3/ 回
  • 乾燥:AU$2/ 30分

でした。

洗剤は自前のものを用意しておいた方が良いですが、どうしても手元に無ければ…

自販機でも購入可能です。うーん、商魂たくましいぜ…(笑)

1階キッチン

バックパッカー向けにキッチンが用意されています。

食材は近所のスーパーで調達し、ここで料理して食べるというスタイルです。写真を撮っているときはちょうど朝の時間帯でしたが、朝食を作っている人が何人かいました。

食事ができるラウンジスペースも1階に用意されています。なお、無料Wi-Fiはこのエリアでのみ利用可能でした。部屋でWi-Fiを利用するには、追加料金が必要です。

スポンサーリンク

宿泊しての感想

アクセス重視は大正解でした

今回は駅までのアクセスを重視してこのYHAを選びましたが、大正解でした。サザンクロス駅までも近い上、トラム(路面電車)の駅は目の前にあるので、どこへ出かけるにも便利な場所でした。

メルボルンは市内中心部のトラム料金が無料です。フリーエリア内では、好きなところから乗車して、好きなところで降りることができます。このYHAの目の前にあるトラムの駅はフリーエリア内なので、ちょっと出かけるときに足軽く移動できるので、とても便利でした。

施設は清潔に保たれていました

これまでに利用してきたゲストハウスに比べると、値段は高めであるものの、施設は清潔に保たれていました。特に、シャワールームの清潔さはこれまでに宿泊したゲストハウスとは一線を画する清潔さでした。

宿泊する部屋は、他の宿泊者の荷物で散らかってはいたものの、寝具はきれいなものがセッティングされており、気持ち良く眠ることができました。

フロントでの対応はフレンドリーで親切でした

施設のスタッフと接する機会は、チェックインとチェックアウトの時だけでしたが、対応はとてもフレンドリーかつ親切でした。チェックインの時には、周辺の観光スポットについて地図を使って案内してくれました。

ゲストハウス初心者にもおすすめです

AU$38.50とホステル・ゲストハウスにしては高めの宿泊費ですが、交通アクセスや施設のクオリティ(特に清潔さ)を考えれば、決してコストパフォーマンスは悪くないと思います。女性の宿泊者もたくさんいましたし、ゲストハウス初心者にもおすすめできる宿です。

関連記事

続編

今回は、メルボルン旅行時にとにかく便利だった無料トラムの使い方を紹介します。 メルボルンの市内中心部を観光する予定の方、ぜひお読みください。

メルボルン修行の概要

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。

旅行記全巻

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(
こんにちは、マイル小僧です。 今回はメルボルン修行(旅行?)記の第2回。成田空港からエアチャイナのビジネスクラスで上海の浦東空港へ向かう前のドタバタ劇について紹介します。
今回は、メルボルン修行(旅行?)記の第3回。成田空港~上海の浦東空港までエアチャイナのビジネスクラス(A330-200)に搭乗したときの様子をお伝えします。 機内の様子、座席
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第4回。上海の浦東空港での乗り継ぎの様子をお伝えします。 エアチャイナのビジネスクラスを利用した「成田~上海~メル
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第5回。 上海で冷や汗ものの乗り継ぎを何とか終え、乗り継ぎ便であるメルボルン行きも無事に(←)遅れることが決まった
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第6回。 上海浦東空港からメルボルンまで搭乗したエアチャイナのビジネスクラスでのサービスについて詳しく紹介します。
今回は、メルボルンの空港に到着した後、空港でSIMカードを購入して携帯電話・スマホ・タブレットに挿入し、インターネットが利用できるようになるまでの流れを説明します。 なお、今
久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で
今回は、ANAダ イヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第9弾。 メルボルンで宿泊(1泊)したホステル「Melbourne Central YHA」について紹介します。
以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1
今回は、メルボルンでトラムを使ってセントキルダへ行き、野生のペンギンを見たときの様子を紹介します。 野生のペンギンを見たのは人生で初めてで、出会ったときにはかなりテンションが
今回はメルボルンでの食事に利用したハンバーガーのチェーン店「grill'd」でオージービーフ100%のハンバーガーを食べたときの様子を紹介します。 ついでに立ち寄ったうどん屋もな
今回は、メルボルンのサザンクロス駅からバスに乗って空港へ移動し、空港を散策して少し暇つぶしした様子を紹介します。 いよいよメルボルン旅行も終わりが見えてきました。
エアチャイナビジネスクラスで行くメルボルン旅行(修行?)もとうとう復路フライトにさしかかりました。 今回は、メルボルン空港から北京首都空港までエアチャイナのビジネスクラスに搭

トラムの使い方関係

トラムの無料区間利用方法について

今回は、メルボルン旅行時にとにかく便利だった無料トラムの使い方を紹介します。 メルボルンの市内中心部を観光する予定の方、ぜひお読みください。

トラムの無料区間内にある観光地に行った様子

以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1

mykiの購入とトラムの運賃について

この記事では、メルボルン版Suicaである「myki」を購入する方法を紹介します。 なお、無料区間の利用方法についてはこちらをご覧ください。 https://www.mil

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。