マイルは飛行機に乗らなくてもポイントサイトで貯められます!

スポンサーリンク

「優雅に飛行機旅をしたいな」「飛行機で海外旅行をしたいな」

と思ったことはありませんか?私は何回もあります(笑)

ただ、飛行機旅行にはそれなりの出費が伴います。優雅に飛行機旅行をしようと思えば、なおさらお金がかかります。

マイルがあるとこんなに旅行がオトクになる

東京~シンガポール間往復に必要な運賃

例えば、東京成田空港からシンガポールへANAを利用して旅行に行くケースを考えてみましょう。

約半年前から旅行を計画し、運賃が安い平日の航空券を最安運賃で支払ったとしても、

  • エコノミークラス往復=5万円から6万円
  • ビジネスクラス往復=24万円~25万円

程度かかります。かなりの出費ですね…。

マイルを保有していると、税金+燃油サーチャージのみで乗れる!

それがマイルを保有していると、レギュラーシーズン(繁忙期でも閑散期でもない通常の時期)の場合

  • エコノミークラス往復=35,000マイル
  • ビジネスクラス往復=60,000マイル

があれば、税金・燃油サーチャージのみの支払いで日本~シンガポール間を往復できるのです。

「そんなに何万マイルも稼げないよ!」?

飛行機に乗って貯められるマイルには限界があります

上で「60,000マイルあれば、ビジネスクラスで東京~シンガポール間を往復できる」と述べました。

そもそもマイルとは航空会社から付与されるポイントのようなもので、飛行機に乗って貯めるというのが一般の常識です。

ですが、飛行機の乗る機会がある方であればお分かりだと思いますが、飛行機に乗って60,000マイルを貯めるのは簡単なことではありません。むしろ、非常に難しいです。

例えば、東京~新千歳空港までANAの旅割で搭乗することで得られるマイルは382マイルです。158回乗ってようやく6万マイルに到達しますが、そんなに乗らないですよね…(笑)

出張族であればまだしも、そうでない方が6万マイルをフライトだけで貯めるのは、普通はムリです。

クレジットカードで貯められるマイルにも限界があります

飛行機に乗って貯められるマイル数に限界があるなら、飛行機に乗らずにマイルを貯めるしかありません。

そこでまず思いうかぶのが「ANAカード」「JALカード」など、航空会社のクレジットカードでの支払いです。航空会社のクレジットカードを利用すると、支払額に応じてマイルが貯まるんですね。
(本当は一部語弊がありますが、今そんな難しい話をしてもしょうがないので、「クレジットカードでたくさん支払いすれば、それだけたくさんマイルが貯まる」という理解で十分です。)

ただ、クレジットカード支払いで貯めることができるマイルにも限界があります。

例えば、【100円=1マイル】でマイルが貯まるとしましょう。この還元率で60,000マイルを貯めるとなると、合計で600万円もの決済が必要になりますこの額を簡単に短期間で決済できるぐらいの財力があれば、わざわざマイルを使わなくても、ポンと有り金でビジネスクラスに乗れますよね(笑)

というわけで、クレジットカードで貯められるマイルも、バカにはなりませんが、どうしても限界があります。クレジットカード支払いだけで頑張って何万マイルも稼ぐのは困難です。

何だ…やっぱり何万マイルも稼ぐのは難しいじゃないか…

となると、「もうマイルを貯めるなんてムリじゃないか…。やっぱりマイルを使って優雅に飛行機旅するなんてムリな話じゃないか…」と思われるかもしれません。

でも、実は飛行機に乗らなくても、クレジット決済額がそれほど大きくなくても、毎月18,000マイルのペースでマイルを獲得する方法があるんです。

こんな感じで、私も毎月18,000マイルのペースでマイルを獲得しているんです。

ウサン臭く聞こえると思いますが、

この方法は高いテキストを買わなくても、他人の助けを受けなくても、誰でも実践できるというのが最大のポイントです。

以下に説明する方法でぜひ優雅な飛行機旅をゲットしてください!

スポンサーリンク

「ポイントサイト」でマイルを一気に大量ゲット!

ポイントサイトを使えば、陸でマイルがたくさん貯められます

「飛行機にも乗らない」「クレジットカードでもそんなに貯めない」でどうやってマイルを貯めるのか。その答えは「ポイントサイト」にあります。ポイントサイトを利用すると、マイルがたくさん貯まるのです。

ポイントサイトって何?

「ポイントサイト」とは一体どんなサイトでしょうか?

ざっくり言うと

【ポイントサイトに登録する=新しいポイントカードを作る】

ことだと思っていただいて構いません。
ポイントサイトに掲載されている広告や商品を利用すると、ポイントが貯まるのです。

 

もう少し具体的に説明しましょう。

楽天市場、ご存知ですか?
インターネット通販の大手サイトで、楽天市場で買い物をすると、買い物の額に応じて楽天ポイントが貯まります。
この楽天ポイントを貯めるために楽天市場で買い物をする人も多いと思います。

私も楽天市場を利用して買い物をする機会がありますが、その度に必ずしていることがあります。それが、

「ポイントサイト」を経由すること

です。つまり、ポイントサイトから楽天市場にアクセスし、ネット通販をするということです。

ポイントサイトのカラクリ

ここでは、陸マイラー御用達のポイントサイトであるハピタスを例に、ポイントサイトのカラクリを説明します。

ハピタスに会員登録してページを開くと、様々な広告が掲載されています。

f:id:milekozou:20170327201009p:plain

例えばこんな感じです。この「ポイントを貯める」ボタンを押して楽天市場のページに入り、買い物をすると、買い物金額の1%にあたるハピタスのポイントが利用者に還元されます
(楽天の案件は還元率が低いですが、もっと還元ポイント数が多い案件がたくさんあります。)

では、なぜここを経由するだけで我々利用者にポイントが入るのでしょうか?

まず、我々利用者がハピタス上の広告をクリックしてそのまま商品を購入すると、商品販売者(つまり広告を出している会社、広告主)の売上が上がります。

売上が上がったのは、ハピタスが広告を貼ってくれていたからです。従って、広告主はハピタスに対して売上の一部を還元します。するとハピタスも利益を出すことができます。

ハピタスが利益を出すことができたのは、我々利用者がハピタスの広告を経由したからです。そこで、ハピタスからポイントという形で謝礼が出されるのです。

従って、立派にお金の流れが形成されているわけです。経営がしっかりとしたポイントサイトであれば、闇雲に危険視する必要はありません。

このハピタスは利用者数が特に多く、経営はしっかりしています。
(なるべく、利用者数の多いポイントサイトを優先的に利用するようにしてください。)

陸マイラーの大切な相棒「ハピタス」についてもう少し深掘り

ハピタスについてもう少し説明を続けます。

楽天市場を利用する際、リンクやお気に入りからではなく「ハピタス」からアクセスして買い物すると、買い物額の1%がハピタスポイントとして積算されるという説明をしました。

f:id:milekozou:20170327201009p:plain

貯まったハピタスポイントは【1ポイント=1円】の価値を持ちます。そして、「ソラチカルート」と呼ばれる交換経路を利用することで、ハピタスのポイントを0.9の還元率でANAマイルに交換できます

例えば、10,000ハピタスポイントを以下のルート(ソラチカルートと呼びます)ANAマイルに交換すると、9,000ANAマイルになるのです。

この交換ルートを利用するには、「ANA To Me CARD PASMO」、通称「ソラチカカード」を保有している必要があります。ソラチカカードは年会費2,160円が発生するクレジットカードですが、毎年付与されるボーナスマイル(1,000マイル)と、このソラチカルートの威力で年会費は十分カバーできるものとして、私を含む多くの陸マイラーがソラチカカードを保有しています(このカードがないと、陸マイラー活動の効率が著しく下がるので、ANA陸マイラーにとっては必須アイテムになっています)。

 

さて、ここまでお読みになった方は秘かに思っているかもしれません。

「楽天買い物額の1%だけ??ショボくない?」

いえいえ、ハピタスには楽天市場以外に多くのコンテンツが掲載されています。
Yahooショッピング、じゃらんやExpediaでの宿泊予約、健康食品の通販などなど、ちょっとインターネットで買い物や予約をしようと思ったら、たいていの場合ハピタスを利用することができるんです。

そして、ハピタスの広告の中には一度に大量のポイントを獲得できる案件も多数掲載されています陸マイラー(飛行機に乗らずに陸でマイルを貯める人)が利用しているのはこういった大量ポイント獲得案件なのです

例えばクレジットカード発行。
普通にインターネットでクレジットカードを発行するのではなく、ハピタスを経由してクレジットカードを発行すると…

f:id:milekozou:20170327195026p:plain(ハピタスのホームページから)

こんな感じで一度に何千ポイントを獲得することができます。
ハピタスを経由するだけで、何千円分のポイントがもらえるわけです。

もちろん、クレジットカード会社がキャンペーンを実施している場合、そのポイントも獲得することができるので、ポイントの二重取りが可能です。

例えばこの広告で7000ポイントを獲得してANAマイルに交換すると、出費0円で6300マイルをゲットできます。
ANA一般カードで6300マイルを獲得するには、少なくとも63万円のカード決済が必要です。

普段のインターネット利用に「ハピタス経由」という一手間を加えるだけで、飛行機に乗らずして、クレジットで決済せずして、しかも1円も利用せずしてマイルを貯めることができるのです。

ハピタスの威力、お分かりいただけたでしょうか?

ポイントをANAマイルに交換すると、毎月18,000マイル獲得できる!

上でも少し述べましたが、ポイントサイトで獲得したポイントを「ソラチカルート」でANAマイルに交換すると、毎月最大18,000マイル加算が可能になります。

次の画像をご覧ください。

こんな感じで、私も毎月18,000マイルを獲得しています。

普通の暮らしをしている私でも、このように大量のマイルを獲得することが可能なのです

とにかく、

「誰でも実践できる」というのがポイントサイトを利用したマイル獲得法の最大のポイントです。

18000マイルを1年間毎月獲得できれば、18000×12=216000マイルを手に入れることが可能になります。

ポイントサイトなくしてこれだけのマイルを獲得することは不可能です。

ポイントサイトについての関連記事(ポイント交換方法もこちら!)

当サイトでは複数のポイントサイトについて、画像付きでご紹介しています。
ポイント交換の方法についても詳しく解説していますので、ポイントサイトについてはこちらの記事をご覧ください。

ハピタスの使い方とポイント交換方法

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ハピタス」について紹介します。 このハピタスは陸マイラーが飛行機に乗らずにマイルを稼ぐ基本となるポイント

登録はこちらから可能です。このリンクから登録すると、30ポイントがプレゼントされます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

モバトクの使い方とポイント交換方法

こんにちは、マイル小僧です。 今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「モバトク」について紹介します。 なお、当サイトでは他にもポイントサイ
登録はこちらから可能です。

モッピーの使い方とポイント交換方法

こんにちは、マイル小僧です。 今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「モッピー」について紹介します。 なお、当サイトでは他にもポイントサイ
登録はこちらから可能です。 モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょびリッチの使い方とポイント交換方法

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ちょびリッチ」の使い方と、ポイント交換方法について紹介します。 (※長い記事ですが、長いのは画像が多いためで
登録はこちらから可能です。 サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。