エアチャイナは遅延と上海空港での乗り継ぎに注意!(ANAダイヤ修行:メルボルン旅行記2)

スポンサーリンク

こんにちは、マイル小僧です。

今回はメルボルン修行(旅行?)記の第2回。成田空港からエアチャイナのビジネスクラスで上海の浦東空港へ向かう前のドタバタ劇について紹介します。

獲得PPの面では北京空港経由が最も効率的なのですが、日程が合わずに上海空港での乗り継ぎになりました。実は、この上海空港での乗り継ぎには大きな落とし穴が有りました。記事本文中で詳しく解説します。

エアチャイナでSFC修行・ANAダイヤ修行を計画している方の参考になれば幸いです。

前回の記事

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(

今回のフライト計画

計画の概要についてはこちらの記事で説明しています。

旅行記

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。

成田から上海の浦東空港を経由して、メルボルンのタラマリン空港へ向かいます。

上海での乗り継ぎ時間は2時間5分です。遅延の噂があるので本当はもっと余裕がある日程にしたかったのですが、この日は上海乗り継ぎ便しか予約できませんでした…。

スポンサーリンク

成田空港でのチェックイン・発券

オンラインチェックインができませんでした

ホームページ上でオンラインチェックインを何度か試みましたが、ページにフライトのリストが表示されず、結局オンラインチェックインは断念しました。成田空港でカウンターチェックインします。

チェックインカウンターはFカウンターでした。

ビジネスクラス利用者には、ビジネスクラス専用のカウンターが用意されていました。エコノミーは大行列でしたから、助かりました。

上海乗り継ぎの大きな落とし穴

当初の予定では、この成田空港でのチェックイン時に、

  • 成田~上海のチケット
  • 上海~メルボルンのチケット

をまとめて発券してもらう予定でした。

ところが、係員(エアチャイナのハンドリングはANAの係員でした)から無情な案内が…。

係「大変恐れ入りますが、上海~メルボルンの搭乗券は、上海空港のチェックインカウンターで改めてお手続きいただいた際に発券いたします。申し訳ありませんが、成田空港では発券できません。」

私「ということは、上海到着後に1回入国しないといけないっていうことですか??」

係「さようでございます。」

なんと…。チェックインのためだけに入国しなければならないようです。たった2時間の乗り継ぎ時間の間に重大なタスクが1つ増加です…。冷や汗が出てきます。

とどめの一撃「お客さまの搭乗機材、まだ現地を出発しておりません」

そして、エアチャイナではもはやおなじみになっている遅延について案内がありました。

係「ご搭乗の上海便ですが、遅延が確定となっております。」

私「新しい出発時刻は何時ですか?」

係「それが…、お客さまのご搭乗になる機材が、まだ現地を出発できていないとのことです…。ドアは閉まっているのですが、その後管制の指示で離陸ができていないようです。現時点では出発時刻が確定しておりませんが、1時間以上の遅延が予想されます。」

!!!!頭の中で悲劇的結末が想起されていきます。

上海の浦東空港で与えられた時間は2時間弱。現地では、

  1. 飛行機が1時間以上遅れる。
  2. ダッシュして入国審査
  3. ダッシュしてチェックインカウンター
  4. ダッシュして出国審査・保安検査
  5. ダッシュして搭乗口へ

というタスクが課されています。しかも、全く行ったことのない空港で。

この時点で、メルボルン旅行が中国旅行に変わることを覚悟しました

係員とやりとりが続きます

私「上海でメルボルン行きの乗り継ぎ便に間に合わなかった場合はどうなりますか?」

係「別便への振替が行われることになりますが、成田空港ではそのお手続きができませんので、振替のお手続きは上海のカウンターで行っていただく必要がございます。」

私「(ダメ元で)定刻で出発予定のANA便に振り替えていただくことは難しいですか?」

係「(奥で誰かとやり取りの後に)はい。申し訳ございませんが、上海までもエアチャイナ便をご利用いただく必要がございます。お客さま、出発までにラウンジはご利用になりますか?」

私「はい、利用する予定です。」

係「この便は出発時刻が定まっていないため、セキュリティ上ゲートを通過できない状態になっていますが、ラウンジを利用される方は係員の誘導でゲートを通過できますので、別の係員に取り次ぎます。少々お待ちください。」

というわけで、出発時刻の決まっていない搭乗券を手渡され、係員の誘導で保安検査場まで進みました。

受け取った搭乗券です。良い記念になりましたね←

係員の誘導でゴールドトラックを通過です。

もともとの搭乗ゲートが44番だったので、新しい搭乗ゲートもそのあたりだと見込み、最寄りの第4サテライトANAラウンジに行きました。

というわけで、エアチャイナを利用する場合は、

  • 上海乗り継ぎ利用の場合、上海からの乗り継ぎ便搭乗券は成田で発券できない
  • 遅延の噂は本当なので、乗り継ぎ時間はしっかり余裕を見ておく

ことが重要です。身をもってよーーーく理解しました(笑)

ANAラウンジでのんびり+α

ラウンジの詳細はこちら

今回利用したのは、第4サテライトのANAラウンジです。詳細はこちらの記事にまとめています(写真もたくさん掲載しているので、臨場感は味わえると思います(笑))。

(以前の記事に写真を追加して更新しました) 今回は、成田空港第1ターミナル出国審査後にあるANAラウンジについて紹介します。 出国審査後にはANAラウンジが2カ所ありますが

一方、第5サテライトにもANAラウンジがあります。以前利用したときの感想やラウンジ内の様子を記事にしているので、こちらもご覧ください。

こんにちは、マイル小僧です。 今回は、成田空港第1ターミナル出国審査後にあるANAラウンジについて紹介します。 出国審査後にはANAラウンジが2カ所ありますが、今回はそのうち、

ラウンジのありがたみをひしひしと感じました

何時になるか分からない出発時刻を待つのに、ANAラウンジはとてもありがたい存在でした。食べ物・飲み物をちょこちょこつつきながらまったり過ごし、ちょっとひと休みしたくなったらリクライニングチェアやマッサージチェアでリラックス。

たまたまラウンジ入室時に人が全くおらず、しばらく貸切状態でのんびりさせていただきました。

朝からの移動で汗ばんでいたうえ、上海空港で乗り継ぎ時間が短くてラウンジに入っている暇はないと考え、シャワーも済ませておきました。

ついでにユナイテッド航空のラウンジ(United Club)も観察

時間があったので、ついでにユナイテッド航空のラウンジも見てきました。

こちらのラウンジは、入室時にハンコが押されました。このあとANAラウンジに戻りましたが、ハンコの押された搭乗券を提示しても普通に入室できました。

ユナイテッド航空ラウンジの室内の様子はこちらです。

入室時はANAラウンジに比べて混み合っていました。ユナイテッド航空の出発便が重なっていたのでしょうか。

スポンサーリンク

出発時刻は40分遅れとのアナウンス

急げば上海で乗り継ぎ可能?

当初の予定では、上海で約2時間の乗り継ぎ時間が用意されていました。

それが「1時間以上の遅延が見込まれる」との案内があったため、上海での乗り継ぎは半分諦めていましたが、その後のアナウンスで

「出発時刻が40分遅れる見込みです」

と案内されました。

遅れがぴったり40分であれば、

  1. 上海到着
  2. 入国
  3. 乗り継ぎ便搭乗券をカウンターで発券
  4. 出国・保安検査
  5. メルボルン行きに搭乗

まで何とか間に合う可能性も出てきました。何とも先の読めない旅になってきました(笑)

というわけで、次回はいよいよエアチャイナ初搭乗(初登場?)。エアチャイナのビジネスクラス搭乗記(成田~上海編)をお伝えしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

続編

今回は、メルボルン修行(旅行?)記の第3回。成田空港~上海の浦東空港までエアチャイナのビジネスクラス(A330-200)に搭乗したときの様子をお伝えします。 機内の様子、座席

メルボルン修行の概要

ANAダイヤ修行として、エアチャイナのビジネスクラスを利用してメルボルンに行ってきました。 今回は旅行記の第0回として、今回のフライト計画・旅程の概要をお伝えします。

旅行記全巻

今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン修行(旅行)記の第1回。 高松空港を出発し、羽田空港から成田空港までリムジンバスを利用し、成田空港第1ターミナルのカードラウンジ(
こんにちは、マイル小僧です。 今回はメルボルン修行(旅行?)記の第2回。成田空港からエアチャイナのビジネスクラスで上海の浦東空港へ向かう前のドタバタ劇について紹介します。
今回は、メルボルン修行(旅行?)記の第3回。成田空港~上海の浦東空港までエアチャイナのビジネスクラス(A330-200)に搭乗したときの様子をお伝えします。 機内の様子、座席
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第4回。上海の浦東空港での乗り継ぎの様子をお伝えします。 エアチャイナのビジネスクラスを利用した「成田~上海~メル
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第5回。 上海で冷や汗ものの乗り継ぎを何とか終え、乗り継ぎ便であるメルボルン行きも無事に(←)遅れることが決まった
今回はANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行(修行)記の第6回。 上海浦東空港からメルボルンまで搭乗したエアチャイナのビジネスクラスでのサービスについて詳しく紹介します。
今回は、メルボルンの空港に到着した後、空港でSIMカードを購入して携帯電話・スマホ・タブレットに挿入し、インターネットが利用できるようになるまでの流れを説明します。 なお、今
久々の旅行記になりましたが、ANAダイヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第8弾。 メルボルン観光の拠点はサザンクロス駅(Southern Cross Station)で
今回は、ANAダ イヤ修行として行ったメルボルン旅行の旅行記第9弾。 メルボルンで宿泊(1泊)したホステル「Melbourne Central YHA」について紹介します。
以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1
今回は、メルボルンでトラムを使ってセントキルダへ行き、野生のペンギンを見たときの様子を紹介します。 野生のペンギンを見たのは人生で初めてで、出会ったときにはかなりテンションが
今回はメルボルンでの食事に利用したハンバーガーのチェーン店「grill'd」でオージービーフ100%のハンバーガーを食べたときの様子を紹介します。 ついでに立ち寄ったうどん屋もな
今回は、メルボルンのサザンクロス駅からバスに乗って空港へ移動し、空港を散策して少し暇つぶしした様子を紹介します。 いよいよメルボルン旅行も終わりが見えてきました。
エアチャイナビジネスクラスで行くメルボルン旅行(修行?)もとうとう復路フライトにさしかかりました。 今回は、メルボルン空港から北京首都空港までエアチャイナのビジネスクラスに搭

トラムの使い方関係

トラムの無料区間利用方法について

今回は、メルボルン旅行時にとにかく便利だった無料トラムの使い方を紹介します。 メルボルンの市内中心部を観光する予定の方、ぜひお読みください。

トラムの無料区間内にある観光地に行った様子

以前の記事でメルボルン市内中心部の観光に使えるトラムの利用方法を解説しました。 https://www.milekozou.com/entry/dia17melbourne1

mykiの購入とトラムの運賃について

この記事では、メルボルン版Suicaである「myki」を購入する方法を紹介します。 なお、無料区間の利用方法についてはこちらをご覧ください。 https://www.mil

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。