ゴールドカードで無料で入室!伊丹空港のカードラウンジ「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」

スポンサーリンク

今回は伊丹空港にあるカードラウンジ「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」を利用した時の様子をお伝えします。

ちなみに、伊丹空港のANAラウンジについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

今回は伊丹空港ANAラウンジの様子をお伝えします。 なお、ゴールドカード保有者が利用できるカードラウンジ(空港ラウンジ)「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」につい

カードラウンジとは

※これまでの記事でも説明したことがありますが、念のために同じ説明をします。

空港とカード会社が提携して運営する有料ラウンジ

カードラウンジ(空港ラウンジとも言います)は、空港とカード会社が提携して運営するラウンジです。

日本国内のほとんどの空港に設置されており、当日に飛行機を利用する人が出発までの時間をゆったりと過ごすことができる施設です。

利用方法

ラウンジによって少しずつ異なりますが、一般的には

当日出発の航空券提示+利用料金の支払い

によって入室することができます。
(ラウンジによっては当日出発の航空券を提示しなくても入れるところがあるようです。)

料金は大人1,000~1,300円程度、子どもはその半額で500~650円ほどのケースが大半です。

ゴールドカード等対象カードを持っていると無料で利用できる!

上で触れたとおり、カードラウンジを利用するには、利用料金を支払う必要があります。

しかし、対象となるクレジットカードを提示すれば無料で利用することができます。対象カードはラウンジによって少しずつ異なりますが、

「ゴールドカード以上のカードと当日の搭乗券を提示すれば無料で利用できる」

と理解しておけばほとんど問題ありません。

カードラウンジと航空会社ラウンジは全くの別物です!

このカードラウンジと、各航空会社が運営する航空会社ラウンジ(ANAラウンジ、サクララウンジなど)とは全くの別物です。よく誤解される点ですが、これを理解するには、

【ゴールドカード保有者】≠【航空会社の上級会員】

である点をおさえる必要があります。

ゴールドカードは、クレジットカード会社の所定の審査に通過することで保有できます。
一方、航空会社の上級会員は、その航空会社の飛行機に何度も搭乗し、上級会員としてのステイタス獲得した人のことを言います。

つまり、ゴールドカードを保有していても、その航空会社をあまり利用していない人は航空会社の上級会員ではありません。

逆に、ゴールドカードを保有していなくても、その航空会社を頻繁に利用していれば、航空会社の上級会員になることができます。

そもそも、カードラウンジと航空会社ラウンジは
  • 【カードラウンジ】=ゴールドカード以上のカード保有者が無料で使えるもの
  • 【航空会社ラウンジ】=航空会社の上級会員が使えるもの

です。

例えば、ゴールドカードを持っていても、ANAの上級会員(ANAではプレミアムメンバーと呼びます)になっていない限りは、ANAラウンジを利用することはできません。しかしゴールドカードを保有しているため、空港のカードラウンジは無料で利用できるのです。

伊丹空港のカードラウンジ「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」について

場所は空港のど真ん中

伊丹空港は、

  • JAL系列が発着する北ターミナル
  • 空港施設の入っている中央ターミナル
  • ANA系列が発着する南ターミナル

に分かれており、ラウンジオーサカは中央ターミナルの3階に位置します。

下の地図の青枠内が中央ターミナルです。

f:id:milekozou:20170427225057j:plain

中央ターミナルの3階にラウンジオーサカがあります。

f:id:milekozou:20170427225235j:plain

中央ターミナルにあるので、JALの保安検査場・ANAの保安検査場までほぼ等距離です。

ラウンジオーサカの営業時間

営業時間は

6:30~20:00(最終受付19:45)

です。

伊丹空港は騒音による公害を押さえるため、最終便発着時刻が早くなっています。そのため、ラウンジの営業時間も早く終了します。

利用料金

利用料金は、税込みで

【大人:1,230円、子供(3~18歳):610円】

です。

しかし、当日発着の搭乗券(出発・到着どちらもOK)と対象のゴールドカード等を提示すれば、無料で利用することができます。対象となるカードはこちらです。

f:id:milekozou:20170427225838j:plain

中でアルコールや軽食を注文すると、別途料金が発生します。

入口の様子

入口まわりはこのような感じです。

f:id:milekozou:20170427230114j:plainf:id:milekozou:20170427230350j:plainf:id:milekozou:20170427230433j:plain

目立つ看板があるので、見逃すことはなさそうです。

f:id:milekozou:20170427230124j:plainf:id:milekozou:20170427230341j:plain

利用料金等の説明はここに掲示されています。

f:id:milekozou:20170427230327j:plain

内部の様子

まずは受付で搭乗券とゴールドカードを提示します。ゴールドカードを保有していない場合は、料金を支払います。

入口入ってすぐの壁に案内図がありました。

f:id:milekozou:20170427231238j:plain

まずは右のエリアに入ります。

f:id:milekozou:20170427231246j:plain
矢印の方向に向けて撮った写真がこちらです。

f:id:milekozou:20170427231309j:plain
とても落ち着いた空間になっています。テレビには緑や滝などの自然の映像が流れていました。

次に飲み物台の写真です。

f:id:milekozou:20170427231413j:plain

この矢印に向かって撮った写真がこちらです。

f:id:milekozou:20170427231437j:plain

少し白飛びしていますが、ソフトドリンクサーバーとエスプレッソマシンです。抹茶ラテが飲めるのは珍しいような気がします。

次にもう少し奥に進んで写真を撮ってみます。

f:id:milekozou:20170427231528j:plain

この一番右奥の様子がこちらです。

f:id:milekozou:20170427231542j:plain

複数人利用を念頭に置いた設備になっています。

次に座席を見てみます。

f:id:milekozou:20170427231611j:plain

この赤丸の座席はこのような感じです。

f:id:milekozou:20170427231652j:plain

仕切りでプラベート感が確保されています。コンセントも配備されているので、携帯機器の充電にも対応しています。

窓側の席を見てみると…

f:id:milekozou:20170427231751j:plainf:id:milekozou:20170427231807j:plain

窓側の座席は、より一層プライベート感が確保された座席になっています。この座席は人気のようで、この後はこの座席からどんどん埋まっていきました。

空港ラウンジらしく、新聞・雑誌の無料閲覧サービスもありました。

f:id:milekozou:20170427231919j:plain

入口近くの場所に棚が設置されています。

f:id:milekozou:20170427231938j:plain

そのすぐ左には、無料で使えるPCが8台設置されていました。

f:id:milekozou:20170427232250j:plainf:id:milekozou:20170427232033j:plain

無料でインターネットも使えるというのがビジネス客の多い空港ならではのサービスですね。

f:id:milekozou:20170427232133j:plain

また、ラウンジ内では無料Wi-Fiが利用できるようになっていますが、有線でのインターネット接続に対応できる設備もありました。

f:id:milekozou:20170427232311j:plain

この座席に、有線接続設備があります。

f:id:milekozou:20170427232336j:plain

飲み物台は、ラウンジに入って右側のスペースに1つありましたが、左側のスペースにもう1つあります。

f:id:milekozou:20170427232645j:plainf:id:milekozou:20170427232655j:plain

エスプレッソマシン、高級そうですね…。

f:id:milekozou:20170427232731j:plain

マシンの上に2つケースが乗っていますが、右がコーヒー豆のケース、左が抹茶粉末のケースです。これを元に抹茶ラテが作られるようです。

アルコール・軽食

缶ビール・缶ハイボールが1本250円で購入できます。

また、まい泉のカツサンドが数量限定で用意されています。値段は422円でした。

クロワッサンの無料サービス

私は朝にラウンジオーサカを利用しましたが、受付でクロワッサンの無料配布サービスが行われていました。クロワッサンがなくなり次第終了するとのことでした。

バスケットの中にクロワッサンが4~5個入っており、欲しい人が自由に持っていくスタイルです。

f:id:milekozou:20170428001323j:plain

何てことのない普通のクロワッサンでしたが、朝食にはピッタリでした。

スポンサーリンク

ラウンジオーサカを利用しての感想

ラウンジオーサカはリニューアルされたばかりのようで、内装がとてもきれいで清潔でした。利用客のほとんどがビジネス客なので、座席も一人掛けのものが多く設置されていました。プライベート感が確保された座席が多く、席さえ確保できればゆったりと過ごすことができそうです。
逆に、グループ利用できる席は限られているため、家族での利用にはあまり適していない印象です。

制限エリア外(保安検査場を受ける前のエリア)にあるので、保安検査場の混雑を見越して行動する必要がありますが、保安検査場までは歩いても1分程度しかかからない場所にあるので、比較的利用しやすいカードラウンジだと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク


12 件のコメント

  • ラウンジおーさかのよいところ、到着客でも使えるところです。
    JALサクララウンジは使えませんので、これは大きいです

    • コメントありがとうございます!

      カードラウンジは、空港によって到着時にも利用できるのが大きなメリットですよね(^^)

  • 受付の人感じ悪いです。夫婦でゴールド4枚出して、子供も入ろうとしたら、子供は本人のカードではないので、お金かかります!と言われました。そりゃ子供が持ってる訳ないでしよ!意味不明!成田、羽田でそんなこと言われたことないです。ほんと感じ悪いわ。

    • コメントありがとうございます!少しドライな回答になりますが、お許しください。

      「カードラウンジ」という名称が定着してしまっていますが、カードラウンジは本来は有料ラウンジなので、入室には料金が発生します。
      金額に差はあれど、大人でも子どもでもラウンジ利用は有料だというのが大原則になります。

      それが、対象のクレジットカードを保有している人であれば、特別に無料で利用できるというのが空港ラウンジのルールです。

      ただ、このルールをどれだけ厳格に運用するかにおいて、各空港間で差があるのでしょう・・・。
      羽田・成田はなし崩し的にカードの枚数=入室人数でOKということにしているのかもしれませんね・・・。
      (とはいえ、例えば大人が2名で入室するときに、
      {1名がゴールドカードを2枚出せば、もう1名がゴールドカードを持っていなくても入室できる}
      ということにはならないと思いますので、あくまで子連れの場合の特例だとは思いますが・・・。)

      というわけで本来は有料のラウンジですので、子どもに料金が発生することはやむを得ないことだと私個人は考えます・・・。
      (ラウンジ受付の方の説明が感じ悪いと、「いやいや、同じことを言うにも言い方ってもんがあるだろ~」って私も腹を立てるかもしれませんが・・・(苦笑)

  • はじめまして。
    今回ラウンジを利用したいと思いゴールドカード入会しようと
    考えておりますが、アルコールや簡単なおつまみなども無料でサービス
    かと思っておりました。そもそもカードラウンジと航空会社のラウンジの
    二種類あるのも知りませんでした。
    よい勉強になりました。
    ただし航空会社のプレミアム会員になるには、かなりハードルが高いですね。
    ゴールドカードなら初年度会費無料もあり、取得もしやすいですが自分はアルコールが無料でなければ、あまり魅力は感じません。それとゴールドカード会員本のみで、家族のラウンジ利用は有料なのですね?

    • コメントありがとうございます!

      成田空港など一部の空港のカードラウンジでは、対象カードを持っている場合にアルコールが1杯サービスされることもあるようですが、基本的にはアルコール・おつまみは有料ですね…。

      さらに仰るとおり、カードラウンジは原則としてゴールドカード保有者本人のみが無料で、同伴家族は有料です。
      ただし、ゴールドカードで家族カードを発行している場合、家族カード保有者は無料で入室できます。
      これを踏まえると、子どもは原則として有料になります。

      • 早々の返信ありがとうございます。
        ちなみに、ANAラウンジは航空会社の上級会員以外で
        利用料金を支払っても入室は無理なのでしょうか?

        • コメントありがとうございます!国内線と国際線に分けてご説明いたしますね。

          【国内線】
          まず、国内線プレミアムクラス利用者は、ステータスを保有していなくても全員ANAラウンジの利用が可能です。

          国内線普通席を利用する場合は、羽田空港出発便に搭乗する場合に限って「有料ラウンジサービス」としてANAラウンジを利用できます(現在は3100円)。

          ラウンジを利用した経験のある自分からみれば、仮にお酒をたくさん飲めたとしても3,100円は高いと判断します。国内線ANAラウンジには食事はほとんどありませんので…(おいてあるのは柿ピーだけです。)

          【国際線】
          まず、プレミアムエコノミー・ビジネスクラス・ファーストクラスを利用する場合は、ステータスを保有していなくても全員ラウンジが利用できます。

          エコノミークラスを利用する場合は、条件を満たす場合に限って「有料ラウンジサービス」としてANAラウンジを利用できます。(料金は4,000円または6,000円)
          条件と利用料金が少し複雑でここで説明すると長くなってしまうので、詳細はANAの公式ページをご覧ください。

          成田空港に2カ所あるANAラウンジについては、私のブログに詳細をまとめた投稿がありますので、ぜひご覧ください。
          第4サテライトANAラウンジの紹介
          第5サテライトANAラウンジの紹介

          少々下世話な話ですが、国際線ラウンジが利用料金に見合う価値を持つかと言われると、少し微妙なところです…。
          ただ、国際線で6,000円を払ってANAラウンジを利用するのであれば、ヤフオクやメルカリ上にある「ANA SUITE LOUNGEご利用券」を購入して「ANA SUITE LOUNGE(ANAのファーストクラスラウンジです)」を利用した方が良いような気がします。
          (本来この利用券は転売が禁止されているものではありますが…汗)

          参考になれば幸いです。

          • 非常に詳しい説明ありがとうございます。
            実は、大阪在住で今年の年末年始に4泊5日で
            北海道に行きます。(伊丹⇔新千歳)
            そこで、始めてラウンジを使用してみたくて
            現在ゴールドカード取得申請しております。
            ちなみに家内も家族会員で申請中です。
            ANAラウンジでの有料利用は、羽田空港出発のみなんですね。
            確かにmilekozouさんのおっしゃる通り¥3100は高いですね。
            つまみが、カナッペやナッツ、スモークサーモンやオリーブ等があればいいですが、柿ピーだけとなると、やはり躊躇してしまいます。(家内は、全くアルコールは飲みません)
            カード審査が通れば、今回はラウンジオーサカと新千歳のカードラウンジを
            利用してみたいと思います。
            ちなみに、新千歳空港のカードラウンジも内容的にはラウンジオーサカとあまり
            違いは、ないのでしょうか?

          • コメントありがとうございます!

            カードラウンジの設備は、どの空港でもおおかた同じです。
            (コーヒーマシンが豪華だったりショボかったり、ソフトドリンクが種類豊富だったりそうでなかったりという細かい違いはありますが…。)
            ただ、広さは空港の規模におよそ比例しており、地方の小規模空港のラウンジは狭い傾向にあります。

            ラウンジオーサカと新千歳空港だと、新千歳空港のカードラウンジのほうが多少広く、滑走路に面した大きな窓があるぶん開放的に感じられる印象です。

  • 回答ありがとうございます。
    カードラウンジは搭乗前利用のみでしょうか?
    たとえば、新千歳に到着したときに利用も可能でしょうか?
    また、機内にキャリーケースを持ち込みますがラウンジの入り口に
    ロッカー的なものがありますか?

    • コメントありがとうございます!

      到着後に利用できるラウンジと利用できないラウンジがあり、残念ながら新千歳空港は到着時には利用できません。
      こちらの三井住友カードのページにその点について記載されていました。

      いままでカードラウンジをそれほど多く利用してきたわけではありませんが、ラウンジ内でロッカーを見かけたことはありません…。
      (ただ、機内持込サイズのキャリーケースを携えてラウンジを利用している方は多くいらっしゃいます。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください