伊丹→那覇便プレミアムクラス搭乗記(OKAタッチ)【ANAダイヤ修行記(クアラルンプール編1)】

スポンサーリンク

今回から複数回、「ANAダイヤ修行記(と称する単なる旅行記)~クアラルンプール編~」をお届けします。

第1回目は、伊丹空港から那覇空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝えします。

ANAダイヤモンドメンバーとは、ANAダイヤ修行とは

ANAダイヤ修行とは、ANAダイヤモンドメンバーになるために飛行機に乗りまくることを言います。ダイヤモンドメンバーについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

今回は、ANAプレミアムメンバーのうち、最上級ランクである「ダイヤモンドメンバー」について詳しく紹介します。 ちなみに、プラチナメンバー、スーパーフライヤーズ会員については、こち

今回のダイヤ修行フライト計画

今回のフライト計画はこちらです。現地3泊の単なるクアラルンプール旅行で、PP単価は10.44です。

修行フライトの定番、OKAタッチを含めて、全部で6回のフライトになっています。

OKAタッチとは、獲得プレミアムポイントを増やすためにあえて沖縄発着、東京経由の国際線を利用することをいいます。詳しくはこちらをご覧ください。

こんにちは、マイル小僧です。 この写真は、沖縄空港の着陸前に撮影したものです。やはり沖縄の海はきれいですね。 今回の投稿には沖縄が大きく関係してくるので、この写真を

なお、修行フライト全容についてはこちらで説明しています。

私は2017年1月からSFC修行を開始し、4月にスーパーフライヤーズカードをゲットしました。これでSFC修行は終えるはずだったのですが、勢いに任せてダイヤ修行を始めることにしました

スポンサーリンク

高松から伊丹空港への移動(ジャンボフェリー深夜便+バス)

那覇→成田便に間に合わせるために深夜から移動

私の最寄りの空港は高松空港ですが、高松→那覇便の出発時刻が昼前と遅いので、これを利用すると那覇→成田便に間に合いません。

そこで、前夜のうちにジャンボフェリー深夜便で神戸まで移動し、神戸三宮から高速バスで伊丹空港に移動するという経路をとりました。

・深夜1:00 高松発(ジャンボフェリー)
・早朝5:15 神戸着
・5:50   三宮発(高速バス)
・6:20   伊丹空港着

という流れです。

ジャンボフェリーについて

高松→神戸はジャンボフェリーの個室を利用しました。

運賃は

  • 片道運賃 1,990円(大人)
  • 深夜割増 300円(大人)
  • 個室料金 2,000円

で、【合計4,290円】でした。

ジャンボフェリーについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

今回のネタは空ではありません。海です。 高松~神戸間を結ぶ交通手段の中で最も安い「ジャンボフェリー」を利用したときの様子をお伝えします。 あわせて、追加料金2,000円で利用で

少々時間はかかりますが、安く船旅を楽しむことができる交通手段だと思います。関西から香川県へお越しの機会があれば、ぜひ利用を考えてみてください。

三宮→伊丹空港の高速バス

20分に1本のペースで運行されています。今回は5:50発の始発便を利用しました。

【大人運賃:1,050円】(ICOCAやSUICAでも支払い可能)

【予定所要時間:40分】

です。実際には道路がすいていたので、30分弱で到着しました。

伊丹空港カードラウンジ「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」利用

f:id:milekozou:20170427230433j:plain

伊丹空港では出発まで2時間弱あったので、ゴールドカードで入室できるカードラウンジに潜入してみました。

ラウンジオーサカの詳細はこちらの記事をご覧ください。マップを利用しながら設備について説明しています。

今回は伊丹空港にあるカードラウンジ「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」を利用した時の様子をお伝えします。 ちなみに、伊丹空港のANAラウンジについてはこちらの記事で詳

場所は伊丹空港中央ターミナル3階です。

f:id:milekozou:20170427225235j:plain

6:30のオープンと同時に入りましたが、すぐに座席が埋まっていきました。ほとんどが正装のビジネスパーソンです。

とてもきれいなラウンジでした。

f:id:milekozou:20170427231309j:plain

少しお腹がすいていたので、無料で配布されていたクロワッサンとコーヒーをいただいて、退室しました。

f:id:milekozou:20170428001323j:plain

スポンサーリンク

保安検査場が大混雑!!

プレミアム専用保安検査場のありがたみを感じました

ラウンジオーサカを出て、ANA系列が発着する南ターミナルの保安検査場へ向かうと、こんな状態でした。

f:id:milekozou:20170509110028j:plain

大行列です…。

その行列の右側を見ると、プレミアム専用保安検査場への通路があります。

f:id:milekozou:20170509110119j:plain

拡大。

f:id:milekozou:20170509110130j:plain
  1. ダイヤモンドメンバー
  2. プラチナメンバー
  3. スーパーフライヤーズ会員
  4. スターアライアンスゴールドメンバー
  5. プレミアムクラス利用者

は、このプレミアム専用保安検査場を利用することができます。

私は2017年1~3月にSFC修行を行い、4月にプラチナメンバー兼スーパーフライヤーズ会員になりました(解脱というやつです)。このレーンが利用できます。
(そもそも、この日はプレミアムクラスに搭乗するので、プレミアムメンバーになっていなくてもこのレーンは利用できたのですが…)

この長蛇の列に並ばずに保安検査場に直行です。ものすごく快適でした。

なお、プラチナメンバー、スーパーフライヤーズ会員についてはこちらで解説しています。

今回は、ANAプレミアムメンバーの一つである「プラチナサービスメンバー」について詳しく紹介します。 ちなみに、プラチナメンバーになると申し込めるスーパーフライヤーズカードを持つこ
こんにちは、マイル小僧です。 今回は、ANAプレミアムメンバーの一つである「スーパーフライヤーズ会員」について詳しく紹介します。 ちなみに、スーパーフライヤーズ

ちなみに、ここから更に右に目を向けると、先ほどの1~5に該当する人が利用できる「PREMIUM CHECK-IN」があります。

f:id:milekozou:20170509110414j:plainf:id:milekozou:20170509110425j:plain

国内線カウンターでチェックインする機会はあまりないですが、預ける手荷物があるときには重宝しそうですね。

伊丹空港ANAラウンジ初体験

伊丹空港のANAラウンジの詳細はこちらで説明しています。案内マップと写真付きで解説しているので、ぜひご覧ください。

今回は伊丹空港ANAラウンジの様子をお伝えします。 なお、ゴールドカード保有者が利用できるカードラウンジ(空港ラウンジ)「Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)」については

保安検査場を抜けてすぐ左へ進むと、ANAラウンジの入口があります。

f:id:milekozou:20170507101218j:plain

更に奥へ進むと…

f:id:milekozou:20170507101407j:plain

扉の奥が受付です。

f:id:milekozou:20170507101516j:plain

フロアが分かれており、3階がANA LOUNGE、2階がANA SUITE LOUNGEになっています。この写真は3階です。

f:id:milekozou:20170507102048j:plain

中はビジネスパーソンがほとんどでした。座席も一人掛けのタイプばかりで、グループ利用はそれほど想定していないようです。

f:id:milekozou:20170507102301j:plainf:id:milekozou:20170507102613j:plainf:id:milekozou:20170507102628j:plainf:id:milekozou:20170507102621j:plain

スポンサーリンク

搭乗口付近がまたまた大混雑!!

ラウンジを出て、搭乗口付近に来ました。

f:id:milekozou:20170509114343j:plain

大量の修学旅行生が…

搭乗口付近が異様に混雑していました。原因は、修学旅行生です。

ちょうどこの時期は中学校3年生の修学旅行シーズンでした。そして、修学旅行の定番の行き先といえば、沖縄です。

自分の搭乗する便にも修学旅行生がたくさん乗るようです…。

搭乗の順番

こちらは、ANA国内線の搭乗順序を表した図です。

f:id:milekozou:20170430233025j:plain
  1. 事前改札サービス(係員のサポートが必要な搭乗客)
  2. 優先搭乗(ダイヤモンドメンバー)
  3. 優先搭乗(プラチナ・SFC・スターアライアンスゴールド、プレミアムクラス利用者)
  4. 一般搭乗

の順に搭乗が進められます。

今回は修学旅行生の団体がいるので、搭乗順序がどうなるのか気になるところです。

優先搭乗は修学旅行生よりも先に案内されました!

修学旅行生は、優先搭乗の後、一般搭乗よりも先に案内されました。つまり、プレミアムメンバーの優先搭乗は修学旅行生よりも先でした。

早く機内に入れたところで、全員が着席するまで飛行機は出発しません。しかし、搭乗口の前で修学旅行生の搭乗終了まで待つよりは、機内で座った待っていた方が快適です。

伊丹→那覇 プレミアムクラス搭乗記

座席周りの設備

機種はB777でした。今回は最前列左窓側の座席を確保しました。シートはプレミアムクラスで最も一般的になっている革張りのものでした。

f:id:milekozou:20170509131753j:plain

足元は広々です。

f:id:milekozou:20170509131903j:plain

写真右から白いケーブルが出ていますが、これは自分の携帯電話の充電ケーブルです。プレミアムクラスの革張りタイプの座席にはコンセントが備え付けられています。

これまで利用してきた革張りタイプの座席は、コンセントの他に充電用のUSB差込口があったのですが、この便の座席ではなぜか塞がれ、使用できなくなっていました。

肘掛けにはリクライニング・レッグレスト・フットレスト調節用のレバーがあります。

f:id:milekozou:20170509131934j:plain

右の肘掛けにはテーブルが収納されています。
そして、肘掛けの先にはこんなものが。

f:id:milekozou:20170509132235j:plainf:id:milekozou:20170509132241j:plainf:id:milekozou:20170509132246j:plain

プレミアムクラスでは機内食・ドリンクのサービスがありますが、この札(?)をクルクルまわして「機内サービスは希望しません」にあわせておくと、寝ていても起こされません。(私は絶対に使わないと思いますが…(笑))

逆に「食事の時は起こしてください」にあわせておくと、食事サービスの際にCAさんが起こしてくれます。

上空でのサービス

飛行機は修学旅行生を乗せるのに手間取り、5分程度遅れて出発しました。

f:id:milekozou:20170509184940j:plainf:id:milekozou:20170509184956j:plain

上空に上がってベルト着用サインが消えると、すぐに機内食のサービスが始まります。

Premium GOZENとPremium SABO。時間帯によって内容が変わる機内食

プレミアムクラスで提供される機内食には、大きく分けて、
・Premium GOZEN
・Premium SABO
の2つがあり、路線によって様々なメニューが用意されています。

時間帯別の内容をもう少し細かく説明すると、
・10:59までの出発便=Premium GOZEN(朝食版)
・11:00~13:00出発便=Premium GOZEN(昼食版)
・13:01~16:59出発便=Premium SABO(軽食+お菓子)
・17:00以降の出発便=Premium GOZEN(夕食版)
といった形で区別されています。

今回は8:20発の便だったので、Premium GOZENの朝食版が提供されました。

Premium GOZEN(朝食版)サービスの様子

まずはおしぼりが配られ、数分後に食事の載せられたトレイが出てきます。食事が出されるタイミングで飲み物の注文を聞かれます。

f:id:milekozou:20170509191922j:plain

空でお酒を飲んで悪酔いしたことがあるので、ソフトドリンクをもらいました。

今回は「四季のストレート」ジュースを注文。出てきたのはラフランスのジュースでした。

f:id:milekozou:20170509192013j:plain

お弁当の製造会社は「(株)朝日エアポートサービス」です。どこだか知りませんが…(笑)

f:id:milekozou:20170509192100j:plain

中はこのような感じです。

f:id:milekozou:20170509192116j:plainf:id:milekozou:20170509192128j:plain

右のカップに入っているのは桜エビとグリーンピースのスープです。朝食なので、これぐらいがちょうど良いですね。

f:id:milekozou:20170509192201j:plainf:id:milekozou:20170509192208j:plain

味は…普通でした…。特別美味しいわけでもなく、だからといって美味しくないわけでもなく…(笑)

f:id:milekozou:20170509192237j:plain

スープはアツアツで美味しかったです。少し塩が強めですが、上空で味覚が鈍っている環境ではこれぐらいでちょうど良いような気もします。

食後の飲み物とお菓子

食事が終わるとトレイがさげられ、温かいコーヒーを勧められます。注文すると、お菓子と一緒にコーヒーが出されました。

f:id:milekozou:20170509192337j:plain

お菓子はくまモンのクッキーでした。このお菓子は九州の製菓会社とANAのコラボ商品のようです。

f:id:milekozou:20170509192513j:plain

中身もくまモンでした(笑)

f:id:milekozou:20170509234700j:plain

ちなみに、2月にプレミアムクラスを利用した時とは違うお菓子でした。2月のお菓子はこちらです。

f:id:milekozou:20170429194721j:plain

食後の飲み物がさげられた後は、注文のあった飲み物だけが提供されました。特にサービスを希望しない場合は、座席をゆったり倒してのんびりと過ごします。

那覇空港に定刻で到着しました

那覇発着便はよく遅れますが、今回は定刻で到着しました。

着陸前の窓からの景色は、やはりきれいでした。

f:id:milekozou:20170509235453j:plainf:id:milekozou:20170509235501j:plain

今回はここまでです。

次回は那覇空港から成田空港までの移動について紹介します。

関連記事

続編

今回はクアラルンプール修行記(と称する旅行記)第2弾、那覇空港でのカードラウンジ・ANAラウンジ滞在から成田空港までの移動の様子をお伝えします。

ANAダイヤ修行計画

私は2017年1月からSFC修行を開始し、4月にスーパーフライヤーズカードをゲットしました。これでSFC修行は終えるはずだったのですが、勢いに任せてダイヤ修行を始めることにしました

クアラルンプール修行記全巻

今回から複数回、「ANAダイヤ修行記(と称する単なる旅行記)~クアラルンプール編~」をお届けします。 第1回目は、伊丹空港から那覇空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝
今回はクアラルンプール修行記(と称する旅行記)第2弾、那覇空港でのカードラウンジ・ANAラウンジ滞在から成田空港までの移動の様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する旅行記)第3弾、那覇→成田空港到着後、成田での滞在の様子をお伝えします。
今回はANAクアラルンプール修行記(と称する普通の旅行記)の第4弾。 成田からクアラルンプールまで搭乗したB787-8のビジネスクラスでの体験をお伝えします。 今回はB787-
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第5弾。 往路成田→クアラルンプールで搭乗したビジネスクラスでの食事メニューについて詳しく紹介します。 なお、座席について
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第6弾。 往路成田→クアラルンプールで搭乗したビジネスクラスでのサービスを時系列順に紹介していきます。 なお、座席・食事に
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第7弾。 クアラルンプール国際空港に到着してから、現地でスマホを使ってインターネットに接続す
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第8弾。 クアラルンプール国際空港到着後に空港内で宿泊利用したカプセルホテル"Capsule by Container"を利
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第9弾。 クアラルンプール国際空港から高速バスでマラッカセントラルまで移動した様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第10弾。マラッカセントラル~マラッカの街(オランダ広場)間の交通手段について紹介します。 特に、マラッカセントラル(Mel
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第11弾。マラッカの街(オランダ広場周辺)を観光し、食事をとった様子を紹介します。
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第12弾。マラッカセントラルのバスターミナルから高速バスでクアラルンプール方面に移動した様子や
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第13弾。 クアラルンプールのバスターミナル「TBS」からクアラルンプール中心部(KL Sentral方面)へ鉄道で移動する
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第14弾。 クアラルンプールのゲストハウス「Raizzy's Guesthouse」に宿泊し
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第15弾。宿泊したゲストハウス付近にあるチャイナタウンで食事をとり、すぐ近くのスリ・マハマリアマン寺院を訪ねた様子をレポートし
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第16弾。 KL Sentral駅から鉄道でBatu Caves(バトゥ洞窟)へ観光に行った様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第17弾。 KL Sentral駅からブルーモスクへ観光に行った様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第18弾。KL Sentral駅からKLCCへ移動し、ペトロナス・ツイン・タワー付近を散策した様子をお伝えします。
今回はクアラルンプールからシンガポールまで夜行バスで移動したときの様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第20弾。LCCとして有名なエアアジアを利用してシンガポールのチャンギ国際空港からクアラルンプール国際空港へ移動したときの様子
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第21弾。 エアアジアでクアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA2)からメインのターミナル(KLIA)へ移動し、チェ
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第22弾。まだ終わっていません(笑) すっかり長編になってしまいました…。 クアラルンプール国際空港から羽田空港までのANA
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第23弾。 OKAタッチの経路を使用した際、那覇空港で5時間ほど時間が余ったので、近くの瀬長島に足を伸ばしたときの様子をお伝
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第24弾、最終章です。 那覇空港~高松空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝えします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。