世界遺産の街マラッカ観光日記。観光地散策や食事「叉焼飯(チャーシューファン)」の様子を紹介!【ANAダイヤ修行記(クアラルンプール編11)】

スポンサーリンク

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第11弾。マラッカの街(オランダ広場周辺)を観光し、食事をとった様子を紹介します。

目次

前回までの修行記

第1回

今回から複数回、「ANAダイヤ修行記(と称する単なる旅行記)~クアラルンプール編~」をお届けします。 第1回目は、伊丹空港から那覇空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝

前回

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第10弾。マラッカセントラル~マラッカの街(オランダ広場)間の交通手段について紹介します。 特に、マラッカセントラル(Mel

今回のダイヤ修行フライト計画

スポンサーリンク

マラッカまでのアクセス

マラッカまでのアクセスについてはこちらで解説しています。(クアラルンプール国際空港からマラッカセントラル、マラッカセントラルからオランダ広場までバスで移動する方法を解説していますが、クアラルンプール市内からのアクセス方法もそれほど変わりません。)

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第9弾。 クアラルンプール国際空港から高速バスでマラッカセントラルまで移動した様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第10弾。マラッカセントラル~マラッカの街(オランダ広場)間の交通手段について紹介します。 特に、マラッカセントラル(Mel

オランダ広場周辺

オランダ広場周辺の地図

マラッカセントラルから路線バスでマラッカの街へ行くと、オランダ広場に到着します。

オランダ広場の噴水

オランダ広場に到着しました。さすが有名観光地なだけあって、人がたくさんいます。かなりにぎやかです。

まずは噴水広場。

f:id:milekozou:20170522140913j:plainf:id:milekozou:20170522140949j:plain

目玉のChrist Church Melaka(マラッカキリスト教会)

マラッカの観光ガイドで必ず写真が掲載されているChrist Church Melakaがこちらです。朱色の建物が特徴的です。

f:id:milekozou:20170522141117j:plain

その他、オランダ広場周辺の様子

トライショーがとにかく目立つ

オランダ広場で建物よりも先に目と耳を引くのがこちらです。

f:id:milekozou:20170522141542j:plain

大音量で音楽を流しながら滑走する自転車タクシー「トライショー」です。乗っている人も結構いますが、私は男ひとり旅なので控えておきました(笑)

フリーマーケットのような露店がならんでいます。

Christ Church Melaka以外の建物の色も朱色です。建物に沿って、露店が営業されていました。

f:id:milekozou:20170522142042j:plain

ちょっとした裏通りにも露店があります。

f:id:milekozou:20170522142131j:plain

民族衣装などの装飾品や、日本の祭りの屋台でも目にするようなおもちゃなどが売られていました。

マラッカの歴史博物館「Melaka History and Ethnography Museum」

オランダ広場から少し坂を上がると、

Melaka History and Ethnography Museum(マラッカ歴史民族博物館)

があります。現地語では

Muzium Sejarah Dan Ethnografi

と呼ばれているようです。

入館料は5.00RMでした。マラッカが歴史的に様々な要素を吸収した過程が分かります。なかなかオススメです。

 

入口の様子がこちら。

f:id:milekozou:20170522143106j:plain

写真では人の往来がありますが、中はそれほど混んでいませんでした。

スポンサーリンク

オランダ広場から離れて丘へ上がります。

St Paul’s Church(セントポール教会)

丘の上に向かって歩いている人が多くいたので、自分もその波に乗ってみました。
(いつもこんな感じで流れに身を任せて動いています(笑))

途中で見える景色がきれいでした

丘の上を目指して坂や階段を上がりますが、途中で見える景色がとてもきれいでした。

f:id:milekozou:20170522143843j:plainf:id:milekozou:20170522150345j:plain

丘の上のSt Paul’s Churchに到着!汗だく…

上り坂・階段を経てSt Paul’s Churchに到着しました。汗だくです…。

f:id:milekozou:20170522150448j:plainf:id:milekozou:20170522150458j:plain

今度は丘から下り、たまたま発見したショッピングモールへ向かいます

一通り見て回り、今度は通ってきた道とは違う下り坂を進んでいきます。

また違った景色が楽しめて、とてもきれいです。

f:id:milekozou:20170522150638j:plainf:id:milekozou:20170522150649j:plain

奥に見えるのはショッピングモールです。少し涼みに行くことにしました。

丘から下りた様子

坂を下って先ほどの丘を見上げると、これもまた良い眺めでした。

f:id:milekozou:20170522150903j:plainf:id:milekozou:20170522150911j:plain

下の写真は、丘を下りてすぐの広場の様子です。

f:id:milekozou:20170522151942j:plain

周りにはアミューズメント施設?もありました。

f:id:milekozou:20170522151916j:plain

博物館もあります。印象的な建物ですね。

f:id:milekozou:20170522152011j:plain

ショッピングモールを目指して歩きます

ショッピングモールは大きくて目立つので、方角を見失うことはないと思います。

ショッピングモール前には大きな広場がありました。

f:id:milekozou:20170522152129j:plain

中に入ると、冷房が効いていて快適でした。清潔感もあったので、少し座って休憩。ついでにお昼でも食べていこうかと思いましたが、飲食店は何となく今ひとつだったので、パスしました。

f:id:milekozou:20170522152221j:plain

キッズランド「KODOMO」。都合良く日本語が使われていますね。

チャイナタウンの屋台で叉焼飯(チャーシューファン)を食べる

叉焼飯(チャーシューファン)について

マラッカには名物料理がいくつかありますが、叉焼飯はそのなかの1つです。

お米の上にチャーシューと野菜がのせられ、甘めのタレが上からかけられます。好みに応じて辛味ダレを食べてかき込む、そんな料理です。

f:id:milekozou:20170522153455j:plain

本当はフライドオイスターを試してみたかったんですが…

実は、本当は叉焼飯と並ぶマラッカの名物料理「フライドオイスター」を試してみたかったんですが、屋台が閉まっており、食べられなかったんです。フライドオイスターの屋台と叉焼飯の屋台は同じ場所にあるようなので、その時々で営業している屋台が違うのかもしれません。

叉焼飯の屋台の場所

マラッカのチャイナタウンについて

マラッカにはチャイナタウンがあり、中国の食材が売られたお店などが並んでいます。その中に、マラッカで食べられることで有名な

  • フライドオイスター
  • チャーシューファン(叉焼飯)

などの屋台があります。

叉焼飯の屋台の地図

屋台の場所を地図で表すとこちらになります。

地図の青い点線が、先ほどまでいたショッピングモールから屋台までのルートです。距離にして1.2km。周りを見ながら散歩がてら歩いていればあっという間の距離です。

道中の建物たち

道中の建物を撮影しながら移動しました。まずは博物館。(マラッカって博物館が本当に多いですね…)

f:id:milekozou:20170522153753j:plain

そのあと、先ほどのオランダ広場を抜けて…

f:id:milekozou:20170522154425j:plain

Church of St Francis Xavier(フランシス教会)フランシス教会横を通過して…

f:id:milekozou:20170522154452j:plain

交差点を渡り、チャイナタウンに進みます。(この写真のピンクと黄色の建物の間を奥に進めばチャイナタウンです。)

f:id:milekozou:20170522154510j:plain

チャイナタウン内は古そうな建物が並んでいます。

f:id:milekozou:20170522154713j:plain

しばらく直進すると、右側に屋台の並んだ屋根付きの通りが現れます。これが先ほどの地図の目的地です。

屋台がいくつか並んでいましたが、一番人が並んでいる出口寄りの屋台で叉焼飯を注文することにしました。

 

屋台はこのような雰囲気です。奥に見えているのが屋台、手前にイスとテーブルがあり、食べて帰りたい人はこの席を使います。

f:id:milekozou:20170522155947j:plain

これで雰囲気はお分かりいただけるでしょうか。

f:id:milekozou:20170522160034j:plain

注文方法→会計

「叉焼飯をココで食べて帰りたい」ことをしっかりと伝えてください!

屋台は3人で切り盛りされていました。

  • オバちゃん=注文を受ける役
  • オッちゃん=チャーシュー肉をひたすら切る役
  • ニイちゃん=会計やら盛り付けやら、一番損なよく働く役

という感じです。

ここは叉焼飯を食べるだけでなく、近所に住んでいる人が叉焼の肉だけを持ち帰り用に注文するといった使い方もされているようで、自分より前に列に並んでいた数人は、(おそらく)中国語で会話し、肉だけを袋に入れて持ち帰っていました。

いざ、自分の番。オバちゃんには英語は通じないようですが、「ランチ ヒアー」と言ったら分かってくれたみたいです。

そのすぐ後に、野菜を指さしながら「●×※▲…」と聞かれました。よく分からなかったのでうなずくと、野菜をプレートの上にのせてくれました。「野菜は欲しいのか?」的なことを聞かれたようです。

お値段、5.30RM(約140円)!安い!!

その後、プレートがオバちゃんからニイちゃんに渡され、会計は何でも屋のニイちゃんに引き継がれます。5.30RM(1RM=約25円)を支払うと、ニイちゃんがプレートを空いた席まで運んでくれました。このニイちゃん、なかなかニクいです(笑)

叉焼飯、実食!

さて、叉焼飯の画像がこちらです(と言っても、さっきも載せましたが…)。

f:id:milekozou:20170522160116j:plain

お米(東南アジア系のお米)の上に3種類のチャーシュー、野菜(正体不明)がのせられて、甘めのタレがかけられています

手前のオレンジの小皿に入っているのは、辛味ダレです。辛いものが得意でなければ、様子を見ながらかけてください。結構辛いです。

ちなみに、隣でサトウキビジュースを売っていますが、水はもらえません。サトウキビジュースに魅力を感じない場合は、ペットボトル飲料を事前に持っていくことをオススメします。

 

香料などのキツいにおいは全くなし。日本人の舌にも合いやすい。

さて、実際に食べてみての感想。一言で言えば、美味しかったです。

f:id:milekozou:20170522160933j:plain

東南アジアの料理には香草・香料が入っていることがあり、それを苦手とする日本人も多いと思いますが、この叉焼飯にはそのようなにおいはなく、日本人受けしやすい味だと思います。

屋台ということで衛生面も気になりますが、においや味が酸っぱかったりすることもありません。肉もしっかりと火が通っているので、問題なく食べられました。

ただ、お米が現地のものなので、ジャポニカ米と違って少しパサパサしますが、私は特に気になりませんでした。十分美味しかったと思います。

これでたったの5.30RM(140円弱)です!コストパフォーマンスは最高ですね(笑)

スポンサーリンク

その後は当てもなくブラブラ

世界遺産の標示をパシャリ。

叉焼飯でお腹を満たした後は、当てもなくブラブラと散策しました。せっかくなので、世界遺産の標示を撮影。

先ほどの屋台から歩いて5分程度でした。

f:id:milekozou:20170522162006j:plain

MELAKA WORLD HERITAGE CITYと書かれています。(WORLD HERITAGEは世界遺産のことです。)

この建物のすぐ手前に通路があるので、それを通ってこの建物の右に抜けると、水路が現れます。

f:id:milekozou:20170522162146j:plain

水は汚いですが、雰囲気は良かったです。

水路を右に見ながらそのまま直進すると、橋が見えてきます。橋までの道の途中左手にある階段を上がると、目の前がオランダ広場です。

f:id:milekozou:20170522162657j:plain

ひとしきり散策を終えたので、オランダ広場(★印がバス停)にちょうど到着したバスに乗り込み、マラッカセントラルへ戻ることにしました。バスの番号は17番、マラッカセントラルまでは約40分、2.00RMです。

バスの中から見えたMahkota Parade

バスに乗ってすぐ、大きなショッピングモールが見えました。

f:id:milekozou:20170522162751j:plain

Mahkota Paradeというショッピングモールです。バスもここで停車したので、ここで時間を過ごしても良いかな…とふと思いましたが、そのまま乗り過ごし、約40分かけてバスでマラッカセントラルのバスターミナルまで戻りました。

帰りのバスについてもこちらの記事で一部触れていますので、ご覧ください。

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第10弾。マラッカセントラル~マラッカの街(オランダ広場)間の交通手段について紹介します。 特に、マラッカセントラル(Mel

さて、今回はここまでにします。

次回はマラッカセントラルからクアラルンプール市内まで高速バスで移動したときの様子をお伝えします。マラッカセントラルで高速バスチケットを購入する方法も紹介するので、ぜひご覧ください。

関連記事

続編

こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第12弾。マラッカセントラルのバスターミナルから高速バスでクアラルンプール方面に移動した様子や

ANAダイヤ修行計画

私は2017年1月からSFC修行を開始し、4月にスーパーフライヤーズカードをゲットしました。これでSFC修行は終えるはずだったのですが、勢いに任せてダイヤ修行を始めることにしました

クアラルンプール修行記全巻

今回から複数回、「ANAダイヤ修行記(と称する単なる旅行記)~クアラルンプール編~」をお届けします。 第1回目は、伊丹空港から那覇空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝
今回はクアラルンプール修行記(と称する旅行記)第2弾、那覇空港でのカードラウンジ・ANAラウンジ滞在から成田空港までの移動の様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する旅行記)第3弾、那覇→成田空港到着後、成田での滞在の様子をお伝えします。
今回はANAクアラルンプール修行記(と称する普通の旅行記)の第4弾。 成田からクアラルンプールまで搭乗したB787-8のビジネスクラスでの体験をお伝えします。 今回はB787-
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第5弾。 往路成田→クアラルンプールで搭乗したビジネスクラスでの食事メニューについて詳しく紹介します。 なお、座席について
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第6弾。 往路成田→クアラルンプールで搭乗したビジネスクラスでのサービスを時系列順に紹介していきます。 なお、座席・食事に
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第7弾。 クアラルンプール国際空港に到着してから、現地でスマホを使ってインターネットに接続す
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第8弾。 クアラルンプール国際空港到着後に空港内で宿泊利用したカプセルホテル"Capsule by Container"を利
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第9弾。 クアラルンプール国際空港から高速バスでマラッカセントラルまで移動した様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第10弾。マラッカセントラル~マラッカの街(オランダ広場)間の交通手段について紹介します。 特に、マラッカセントラル(Mel
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第11弾。マラッカの街(オランダ広場周辺)を観光し、食事をとった様子を紹介します。
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第12弾。マラッカセントラルのバスターミナルから高速バスでクアラルンプール方面に移動した様子や
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第13弾。 クアラルンプールのバスターミナル「TBS」からクアラルンプール中心部(KL Sentral方面)へ鉄道で移動する
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第14弾。 クアラルンプールのゲストハウス「Raizzy's Guesthouse」に宿泊し
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第15弾。宿泊したゲストハウス付近にあるチャイナタウンで食事をとり、すぐ近くのスリ・マハマリアマン寺院を訪ねた様子をレポートし
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第16弾。 KL Sentral駅から鉄道でBatu Caves(バトゥ洞窟)へ観光に行った様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第17弾。 KL Sentral駅からブルーモスクへ観光に行った様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第18弾。KL Sentral駅からKLCCへ移動し、ペトロナス・ツイン・タワー付近を散策した様子をお伝えします。
今回はクアラルンプールからシンガポールまで夜行バスで移動したときの様子をお伝えします。
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第20弾。LCCとして有名なエアアジアを利用してシンガポールのチャンギ国際空港からクアラルンプール国際空港へ移動したときの様子
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第21弾。 エアアジアでクアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA2)からメインのターミナル(KLIA)へ移動し、チェ
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第22弾。まだ終わっていません(笑) すっかり長編になってしまいました…。 クアラルンプール国際空港から羽田空港までのANA
今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第23弾。 OKAタッチの経路を使用した際、那覇空港で5時間ほど時間が余ったので、近くの瀬長島に足を伸ばしたときの様子をお伝
こんにちは、マイル小僧です。 今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第24弾、最終章です。 那覇空港~高松空港まで搭乗したプレミアムクラスの様子をお伝えします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。