クアラルンプールのマレーシア航空旧ゴールデンラウンジでひと休み(オークランド旅行記2)

スポンサーリンク

2017年6月にマレーシア航空ビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。

旅行の目的は、「JGC修行」です。

JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

今回はJALのサービスステイタスの一端をなす「JALグローバルクラブ」について詳しく紹介します。

今回は、クアラルンプール国際空港での乗り継ぎの様子、ラウンジの様子を紹介します。

このオークランド旅行について

今回の旅程

※表が途中で切れている場合は、横にスクロールしてご覧ください。

空港 空港 便名 クラス 運賃 FOP P単価
11:30 高松 12:45 羽田 JL478 普通 13,790 532 25.92
21:40 成田 4:00 クアラルンプール MH71 ビジネスZ 133,310 4,173 6.09
8:55 クアラルンプール 22:50 オークランド MH133 ビジネスZ 6,776
13:05 オークランド 20:30 クアラルンプール MH130 ビジネスZ 6,776
23:30 クアラルンプール 7:40 成田 MH88 ビジネスZ 4,173
TOTAL 147,100 22,430 6.56

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

前回の旅行記

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの

クアラルンプールでの乗り継ぎ

乗り継ぎはめちゃくちゃ楽チンでした

成田空港を出発したマレーシア航空71便は、AM4:00にクアラルンプール国際空港に到着しました。ここで乗り継ぎです。

次のオークランド行きの便は8:55分発。搭乗開始までは4時間以上時間があります。

成田空港で

  • 成田~クアラルンプール
  • クアラルンプール~オークランド

の搭乗券をまとめて発券してくれていたので、乗り継ぎカウンターに立ち寄る必要はありません。次の便に間に合うように搭乗ゲートに行けば良いだけです。

ターミナル間の移動も全くなく、非常にカンタンな乗り継ぎでした。
(サテライトターミナルに到着し、サテライトターミナルからの出発でした。)

スポンサーリンク

マレーシア航空ゴールデンラウンジでのんびり

現在は改装されています

クアラルンプール国際空港のマレーシア航空ゴールデンラウンジは、私が利用した当時から改装されて非常にきれいになっています。

この記事では改装前のラウンジの写真を掲載します。利用したことがある方は、どうぞ懐かしんでください(笑)

【朗報】ANAの指定ラウンジがゴールデンラウンジに!

これまで、ANAの上級会員・ビジネスクラス搭乗客は「プラザプレミアムラウンジ」を利用することになっていました。
(マレーシア航空はワンワールドの航空会社なので、ANA利用時は入室できませんでした。)

それが現在、ANAの指定ラウンジがゴールデンラウンジに変更されたので、ANAプレミアムメンバー・ビジネスクラス搭乗客ともこのゴールデンラウンジを利用できるようになりました。

プラザプレミアムラウンジは面積がそれほど広くないうえ、プライオリティパス保有者でも入室できたので、どうしても混雑しやすいラウンジでしたから、この変更は朗報と言えそうです。

プライオリティパスで入室できるプラザプレミアムラウンジについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

今回はクアラルンプール国際空港(KLIA)サテライトターミナルにあるプラザプレミアムラウンジの様子を写真付きで公開します。 サテライトターミナルのプラザプレミアムラウンジの場所

ラウンジ入口・受付の様子

まず、ラウンジ入口。

 

デカいラウンジだということは知っていましたが、受付からして確かにデカそうです。入口から受付が遠いですからね(笑)

受付を済ませると、受付に向かって左側の通路を進むよう案内されます。右側はファーストクラスラウンジだそうです。

荷物用ロッカー

入ってすぐのところにあるロッカーに荷物を入れて、いざ中へ。

いざ、中へ……広い!

これがビジネスクラスラウンジへの通路。高級感があります。

中に入ると…

壁・柱が少ないからか、開放感抜群です。しかも、時間が早朝4:00頃だということもあって、ガラガラです。

座席もいろいろなタイプがありました。

食事に専念?できるテーブルもありました。

この時は早朝でまだ暗いですが、日が昇ると窓からの光が入って明るくなります。

食事コーナー

早朝なので、朝食向けのメニューが置かれていました。

こんな感じで、ホットミールも用意されていました。

メニューはこんな感じでした。

  • キノコのソテー
  • ハッシュドポテト
  • スクランブルエッグ
  • パンケーキ(メープルシロップ)
  • トマトフォンデュ
  • ナシレマ
  • タマネギの辛いソース(オニオンサンバル)
  • チキンのココナッツソース和え

 

飲み物もあります。(アルコールは別室のバーで注文するスタイルになっていました。)

あまりお腹は空いていませんでしたが、目覚ましのために少しだけいただきました。味は………フツウでした(笑)

ヌードルバー

なんと、注文式のヌードルバーがありました。

横にメニューが置かれており、好きなものを注文します。

  • カレーラクサ
  • ワンタン麺
  • チキンヌードル

が用意されていました。せっかくなので、マレーシアで有名な料理であるラクサをいただくことに…。

注文してから1分弱で完成しました。必要に応じて唐辛子をプラスします。

完成品はこちら。

後引く辛さがクセになります。味はしっかり本場仕様。中にはチキン・エビ・かまぼこ?などの具が入っていました。

これは食べておいて正解でした。

バーコーナー

イスラム教義を念頭に置いてのことだと思いますが、アルコール類はメインの部屋とは違うバーでオーダースタイル。私が入室したときは朝早かったため、まだバーは営業されていませんでした。

トイレ&シャワー

トイレ・シャワーコーナーはラウンジの一番奥にあります。

シャワーを使う場合は受付に搭乗券を預け、引換にタオルと石鹸類をもらいます。

まず、トイレはこのような感じで比較的キレイでした。

で、シャワーですが……

今ひとつ清潔感に欠ける印象…。しかも、使っていると脱衣所の床まで水浸しになります…。

極めつけがこのドライヤー。髪を乾かしている途中で止まります(笑)

 

※新しいラウンジはシャワー室が格段に清潔に、快適になっています。

Wi-Fiが無料で利用できます。

ラウンジ内にはWi-Fiが飛んでおり、パスワードを入力することで誰でも利用できます。パスワードはラウンジ内のあちらこちらに書かれていますし、受付のデスク上にも置かれています。

通信速度は文句なしでした。

その他の施設・設備

子連れに優しいキッズコーナーもありました。狭かったですが、テレビアニメ(スポンジボブの失敗作のような番組でした)も放映されていました。

あとこれは……何だったんだろう…(笑)Spaと書かれているので、マッサージか何かを受けられる場所だったんでしょうか?

充電スポットもありました。

ラウンジを利用しての感想

もはや改装されているので何の参考にもならないと思いますが…。

さすが本拠地のラウンジなだけあって、確かにデカかったです。ビジネスクラスラウンジとして通り一遍の設備は揃っており、清掃はしっかりと行われていましたが、設備の老朽化がどうしても否めない印象でした(特にシャワー室)。

とはいえ、ヌードルバーの美味しいラクサをいただき、シャワー室でサッパリして、ゆったりとソファーで休憩して……。約4時間強の待ち時間を快適に過ごすことができました。

次回はいよいよオークランド行きのビジネスクラス搭乗です。

スポンサーリンク

改装後のラウンジはバッチリ快適に

改装後のラウンジも利用しましたが、格段に快適になっていました。またレポートしますね(^^)

関連記事

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

オークランド旅行記

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください