オークランド空港でSIMカード購入&厳しい入国審査・税関の様子(JGCオークランド旅行記4)

スポンサーリンク

2017年6月、JGC修行としてマレーシア航空ビジネスクラスでオークランド(ニュージーランド)に行ってきました。

JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

今回はJALのサービスステイタスの一端をなす「JALグローバルクラブ」について詳しく紹介します。

今回は、オークランド国際空港到着後、プリペイドSIMカードを購入し、入国審査・税関を通過したときの様子をお伝えします。

このオークランド旅行について

今回の旅程

※表が途中で切れている場合は、横にスクロールしてご覧ください。現地では3泊しています。

空港 空港 便名 クラス 運賃 FOP P単価
11:30 高松 12:45 羽田 JL478 普通 13,790 532 25.92
21:40 成田 4:00 クアラルンプール MH71 ビジネスZ 133,310 4,173 6.09
8:55 クアラルンプール 22:50 オークランド MH133 ビジネスZ 6,776
13:05 オークランド 20:30 クアラルンプール MH130 ビジネスZ 6,776
23:30 クアラルンプール 7:40 成田 MH88 ビジネスZ 4,173
TOTAL 147,100 22,430 6.56

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

前回の旅行記

2017年6月、JGC修行としてマレーシア航空ビジネスクラスでオークランド(ニュージーランド)に行ってきました。 JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説して

到着~入国審査場まで

到着から免税店エリアまでの様子

到着したのは現地時間のおよそ22:50頃です。

到着してから、人の波に乗って到着口を目指します。それほど大きくない空港だと勝手に思い込んでいたのですが、到着口まで意外に長い…。

途中にこんな装飾もありました。

免税店エリアを抜けると、入国審査場になります。

スポンサーリンク

プリペイドSIMカードを免税店エリアで購入

この免税店エリアを抜ける直前の位置に、VodafoneのプリペイドSIMカードを買えるお店があったので、入国審査前にプリペイドSIMカードを購入することにしました。

プリペイドSIMカードって何??という方のためにちょっと説明をしておきますね。海外でインターネットをオトクに利用する方法の一つです。

海外でインターネットを利用する方法

海外で携帯電話を使ってインターネットを利用する方法は主に次の3つです。

海外でのインターネット利用方法
  1. 日本の携帯会社の海外ローミングサービスを利用
  2. 日本でモバイルWi-Fiをレンタル
  3. 現地でプリペイドSIMカードを調達

日本の携帯会社の海外ローミングサービスを利用する

一番手っ取り早いのがこれでしょう。今持っている携帯電話端末をそのまま海外で利用することができます。

ただし、費用がそれなりにかかるのがデメリット…。

  • メリット=今の携帯電話がそのまま使えるので、お気軽。
  • デメリット=コストが約3,000円高く、財布にとってはお気軽ではない。

日本でモバイルWi-Fi(モバイルルーター)をレンタルする

日本出国前に空港でモバイルWi-Fi(モバイルルーター)をレンタルすると、手持ちの携帯電話でインターネットを利用することができます。

モバイルWi-Fi(モバイルルーター)って、こんなやつです。

コレを借りるんですね。

羽田・成田などの国際空港に行くと、

  • イモトのWi-Fi
  • グローバルWiFi

といった看板を見かけたりしませんか?あれがモバイルWi-Fiのレンタルサービスです。

インターネットでモバイルWi-Fiを申し込み、出発当日に空港で受け取ったら、到着国でモバイルWi-Fi端末の電源を入れて接続するだけでインターネットが使えます。これも便利ですが、プランによってはやはり1日数千円ほどのコストがかかります。

ただ、海外旅行では多数の方がこの方法をとっています。現在保有している端末がそのまま海外でも利用できるっていうのは便利ですからね(^^)

Wi-Fiのレンタルサービスで特に有名なのが先ほど挙げた

  • イモトのWiFi
  • グローバルWiFi

でしょうか。以下にリンクを貼っておきますので、よければ利用してみてください。
(なお、ANAマイレージモール・JALマイレージモールにもWi-Fiレンタル会社へのリンクがあるので、マイルを貯めたい方はそちらからの方がオススメです。)




というわけで、モバイルWi-Fi(モバイルルーター)を利用すると…

  • メリット=海外ローミングよりは安く、手持ちの携帯電話でインターネットが使える
  • デメリット=申込・受取手続・返却手続などの手続きが必要、1日数千円の費用が発生する。端末がお荷物になる。

現地でプリペイドSIMカードを調達する

滞在国でプリペイド式のSIMカードを購入するという方法です。

日本では使用実績に応じて後払いで携帯料金を払うケースが大半ですが、「プリペイド式のSIMカードを購入し、残額を使い切ったら再びチャージする」というシステムがあります。

海外でこの方法をとるにはSIMフリー端末が必須ですが、とにかく安くインターネットが使えるというのが大きなメリットです。この後で具体的に詳しく説明します。

  • メリット=安くインターネットが利用できる
  • デメリット=SIMフリー端末が必要、現地で購入する手間がかかる

現地でプリペイドSIMカードを利用する前提条件「SIMフリー端末の入手」

まず、上でも述べたとおり、海外でプリペイドSIMカードを利用するには、

SIMフリー端末が必要

になります。

docomo、au、SoftBankだとなぜダメなのか?

携帯電話にはSIMカードを入れるスロットが付いていますよね。

docomo、au、SoftBankの携帯電話にも当然ながらSIMカードを入れるスロットが付いているので、海外で購入したSIMカードを入れることは可能です。

ところが、

  • docomoの携帯電話ではdocomoのSIMカードしか読み取れない
  • auの携帯電話ではauのSIMカードしか読み取れない
  • SoftBankの携帯電話ではSoftBankのSIMカードしか読み取れない

ように、各携帯電話会社が設定をしています。これをSIMロックといいます。

つまり、

docomo、au、SoftBankの携帯にはSIMロックがかけられているので、海外携帯電話会社のSIMカードを入れても読み取ってくれず、インターネットには接続できない

という問題点があるのです。

docomo、au、SoftBankで海外SIMを利用するために必要な「SIMロック解除」

docomo、au、SoftBankの携帯にはSIMロックがかけられていることは先ほど述べましたが、このSIMロックは解除することができます。

ちなみに、携帯電話会社によってSIMロック解除できる条件は異なりますので、注意が必要です。
例えば、docomoの場合は契約者本人が購入した端末でなければSIMロック解除できない、つまり中古で購入した端末はSIMロック解除ができなくなっています。うーん…不便…。

SIMロック解除が済んだ端末については、海外SIMを利用することができます。

持っている携帯電話がSIMフリー端末やSIMロック解除済の端末の場合、海外で購入したSIMカードを自分の携帯電話に挿入すると、インターネットを利用することができます。

海外SIMを使うには
海外で購入したSIMカードを使うには、SIMフリー端末、もしくはSIMロック解除済の端末が必要

オークランドで購入したVodafoneのプリペイドSIM

今回私は、オークランド空港の入国審査直前、免税店エリア内でVodafoneのプリペイドSIMカードを購入しました。特に買う場所は決めていませんでしたが、「Vodafone」「Prepaid SIM」と書かれてあったので、その場で購入を決断しました(笑)

免税エリア内だったので、入国後のショップで買うよりも安かったのかな…。実際に調査していないので分かりません…。

いくつかプランが提示されていましたが、

  • 滞在3日間
  • それほどインターネットは使わない

ということを考えて、一番安いプランで十分だと考えていました。

購入の流れとしてはこんな感じ。

マイル小僧
Can I have a prepaid SIM card?(「プリペイドSIMをいただけますか?」)
お姉さん
Sure. How long is your stay?(「何日間の滞在ですか?」)
マイル小僧
3 days.(「3日間です。」)
お姉さん
OK. I think this one is enough for you.(一番安いSIMのモデルを指さして「でしたら、これで充分だと思いますよ。」)
マイル小僧
OK. Can I have this one?(「じゃあ、これをください。」)
お姉さん
Sure. May I use your mobile phone? I’ll set it up.(「設定しますので、携帯電話を貸してもらえますか?」)
マイル小僧
Thank you.(携帯を手渡して「センキュ~」)

といった流れでした(一字一句同じ自信はありませんが、会話の内容はこんな感じです)。

設定が終わると携帯電話を返してくれ、会計に進みます。会計はお姉さんの担当ではなく、免税店共通の会計場所で行いました。お値段にして25NZD(ニュージーランドドル)、約2,000円で、クレジットカードでの支払いも可能でした。

なお、日本で使用しているSIMは帰国まで大事に保管するわけですが、このケースが結構オススメです。SIMの保管ごときでちょっと仰々しいですが、iPhoneのSIM交換用のピンも付いていますし、SIMカードを無くす心配がだいぶ減りますので…。

というわけで…

購入したSIMカード
  • 1GBのデータ通信(その他通話機能も使える)
  • 有効期間30日間

のプリペイドSIMが25ニュージーランドドル(約2,000円)で購入できました。クレジットカードでも支払えました。

やはり、日本国内でWi-Fi端末をレンタルするよりも安く付きますね。設定まで店員のオネーサンがすべてしてくれたので、とてもラクでした。

ネット開通まですべてスタッフがしてくれるケースもめずらしくないので、SIMカード購入前には、端末の言語設定を英語に設定しておくと安心です。

使用感は良好

おかげさまでインターネットは快適に使えました。3日間の滞在中、接続速度に不満を感じることは一度もありませんでした。

1GBもデータ通信できるので、動画でも見ない限り3日間程度の滞在で容量不足になることはありません。

入国審査~到着口の様子。なかなか厳重な体制。

SIM購入中に入国審査場が一気に混雑してしまいました…

ビジネスクラスに搭乗すると、飛行機からすぐに降りることができます。(逆にエコノミークラスだと、飛行機を降りるのに順番を待たなければならず、時間がかかりますよね。)

せっかくビジネスクラスに搭乗してスムーズに降機したのに、結局SIMの買い物でモタモタしたせいで、当初は空いていた入国審査場が一気に混雑してしまいました。30分弱並んだかな…。
SIMカードが免税で購入できていれば、一応節約できていることになるので良いっちゃ良いんですが…(笑)

入国審査で随分と並んだとはいえ、手元にインターネット開通済みの携帯電話があったので、退屈することはありませんでした。

というわけで…

入国審査場が混雑していない場合は、先に入国審査を済ませて、入国後にSIMカードを購入するというのも一つの手です。

入国審査でアレコレと聞かれました

これまで入国審査で質問攻めに遭ったことは一度もありませんが、今回の入国審査はハズレのレーンを選んでしまったのか、かなりの質問攻めに遭いました。

  • 滞在期間
  • 宿泊先
  • どこを観光する予定なのか
  • 職業についての詳細(どこで勤めている?何をしている?など)

特に詰問されている雰囲気ではありませんでしたが、アレコレと詳しく聞かれるとやっぱり焦りますよね…(笑)英語がそれほど得意ではないので、必死でした…。

ただ、入国審査官のオッサン、根掘り葉掘り聞いた後、最後は

「Welcome to New Zealand.(スマイル&入国スタンプ)」

と歓迎してくれました。とんだツンデレです。

入国審査が不安な場合は、予め

  • 復路の飛行機のeチケット
  • 滞在するホテルの予約確認表・バウチャー(英語だと安心)

を持っておくと、滞在期間や滞在先を証明できることになるので、少し気が楽になると思います。

入国審査終了後も厳重な税関

入国審査が終わると、預け入れ手荷物のピックアップと税関です。

税関では全員の手荷物がX線検査に通されるため、少し待ち時間が発生しました。

ニュージーランドの入国、なかなか厳しいですね。(ちなみに、私の前にいた人は別室送りになっていました…。原因は分かりませんが…。)

スポンサーリンク

降機から到着口まで40分かかりました

なかなか厳しいニュージーランドへの入国

結局、飛行機が空港に到着してから、入国審査・税関を抜けて到着ロビーに至るまで、およそ40分かかりました

途中のSIMカード購入で5分ほど時間をロスし、その影響で入国審査の行列に引っかかったことが大きな要因ですが、入国審査自体も厳しかったですし、税関も全員の手荷物をX線でチェックするなど、厳重な体制が敷かれていました。

到着から入国までにかかる時間なんていうのは、運次第で長くなったり短くなったりするものなので何とも言えないところですが、オークランドから乗り継ぐ予定を立てる方は、時間にゆとりを持ったプランを立てた方が良さそうです

「そんなに大きな空港じゃないだろう」と甘く見ていると、痛い目に遭うかもしれません…。

関連記事

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

オークランド旅行記

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの
2017年6月にマレーシア航空ビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。 JG
2017年6月、JGC修行としてマレーシア航空ビジネスクラスでオークランド(ニュージーランド)に行ってきました。 JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説して

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください