マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【クアラルンプール~オークランド】

スポンサーリンク

2017年6月、JGC修行としてマレーシア航空ビジネスクラスでオークランド(ニュージーランド)に行ってきました。

JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

今回はJALのサービスステイタスの一端をなす「JALグローバルクラブ」について詳しく紹介します。

今回は、クアラルンプール国際空港からオークランドまでのマレーシア航空ビジネスクラス搭乗の様子を紹介します。

このオークランド旅行について

今回の旅程

※表が途中で切れている場合は、横にスクロールしてご覧ください。

空港 空港 便名 クラス 運賃 FOP P単価
11:30 高松 12:45 羽田 JL478 普通 13,790 532 25.92
21:40 成田 4:00 クアラルンプール MH71 ビジネスZ 133,310 4,173 6.09
8:55 クアラルンプール 22:50 オークランド MH133 ビジネスZ 6,776
13:05 オークランド 20:30 クアラルンプール MH130 ビジネスZ 6,776
23:30 クアラルンプール 7:40 成田 MH88 ビジネスZ 4,173
TOTAL 147,100 22,430 6.56

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

前回までの旅行記

↓成田~クアラルンプールまでの搭乗記

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの

↓マレーシア航空ゴールデンラウンジ(旧)利用の様子

2017年6月にマレーシア航空ビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。 JG

出発までの様子

サテライトターミナルからの出発でした

成田空港を出発したマレーシア航空71便は、AM4:00にクアラルンプール国際空港に到着しました。

今回搭乗するオークランド行きの便は8:55分発。出発するターミナルは、到着したターミナルと同じ「サテライトターミナル」です。

特に何事もなく、約1時間前にゲートオープンしました。

クアラルンプール国際空港では、保安検査のタイミングが日本の空港とは異なります。

日本の空港だと、

「保安検査→出国審査→出国後エリアでラウンジ利用など出発待ち→搭乗口へ→搭乗」

という順番で搭乗しますが、クアラルンプール国際空港の場合は、

出国審査→出国後エリアでラウンジ利用など出発待ち→搭乗口へ→保安検査→搭乗

という順番で搭乗します。

出発時刻の約1時間前に搭乗口での保安検査が始まりますので、あんまり早く行きすぎたり、逆にゆっくり行きすぎたりすることがないよう、時間調整が必要ですね

さて、保安検査を終えたら搭乗です。

今回はビジネスクラスなので、優先搭乗の対象となります。

ビジネスクラス搭乗の場合は、

「どうせ早く乗ったって、出発時刻は同じじゃないか。」

なんて思わないでくださいね。ウェルカムドリンクなどのサービスがあります。航空会社によっては、出発前のこのタイミングで機内食を決めることもあります。あんまりゆっくり搭乗すると、希望する機内食のメニューが品切れに…なんてこともあり得ますので…。

機材はA330-300、座席配列は独特

今回搭乗した機材はA330-300というワイドボディ機材(通路が2本ある機材)です。

ビジネスクラスの座席はこのような配列になっています(画像はseatguruより引用)。

今回私が使ったのは、赤丸をつけた席(7A)です。

座席には予め

  • シートカバー
  • ブランケット
  • ヘッドホン(ノイズキャンセリング機能なし)

が置かれていました。

後ほど、

  • アメニティポーチ(ポルシェデザイン)
  • ペラッペラのスリッパ

が配られました。

アメニティポーチはこんな感じ。前の便ではワインレッドのデザインでしたが、今回は白でした。

 

ヘッドホン(2つ穴式のイヤホンジャック)

座席については、配布されるアメニティも含めてこちらの記事で詳しく解説しています。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

座席の設備

座席設備についても、詳しくはリンク先記事をご覧ください。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

一人掛けの席を確保しましたが、両側に広いスペースがあり、とても便利でした。(窓は若干遠いですが…)

この座席右側のテーブルが何気に便利でした。

下にはものが入れられます。

座席のリクライニングコントローラーはこんな感じ。

マッサージ機能まで付いていました(まあ、背中の部分が膨らんだりしぼんだりするだけですけどね(笑))

座席はフルフラットになるタイプで、予め配られたマットをセットして完全に倒すとこのようになります(別便で撮影した写真です)。

足は前の座席の下に入ります。自分(身長170センチ、体型は普通)は特に問題を感じませんでしたが、人によっては窮屈に感じるかもしれません。確かに、寝返りはちょっとツラいかな…。

座席についての詳細はリンク先記事をご覧ください。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

ウェルカムドリンク・おしぼり・入国カード

席に着くと、ウェルカムドリンクが配られました。ピンクグアバジュースを選択。とろみのある甘さで美味しかったです。

しっかりとガラス製の容器で配られました。なお、アルコールはウェルカムドリンクでは配られません。

ウェルカムドリンクの後、温かいおしぼりが配られました。

その後、ニュージーランドへの入国カードが配られました。

出発前のサービスが一通り終わり、約10分遅れで出発しました。

スポンサーリンク

フライト中のサービス

フライト中のサービスは次のような流れで提供されました。

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
入国カード
40分~1時間30分 朝食
1時間30分~7時間00分 適宜飲み物・軽食のサービス
7時間10分~8時間00分 夕食
9時間50分 到着

ドリンクメニュー

アルコール

  1. シャンパン
    ・Champagne Duval Leroy “Fleur du Champagne” Premier Cru NV
  2. 白ワイン
    ・Wairau River Sauvignon Blanc 2015, Marlborough
    ・Nautilus Sauvignon Blanc 2016, Marlborough
    ・Pikes “Traditionale” Clare Valley Riesling 2015, South Australia
  3. 赤ワイン
    ・Ch. Doyac 2011, AOC Haut Medoc, Bordeaux
    ・d’Arenberg The Footbolt Shiraz 2013, McLaren Vale
    ・Bodega Pledra Negra Malbec Reserve 2014, Mendoza, Argentina
  4. デザートワイン
    ・Chateau Lange 2012, AOC Sauternes, Bordeaux
  5. その他
    ・食前酒(カンパリなど)
    ・ビール(カールスバーグ、タイガー)
    ・コニャック
    ・リキュール
    ・スピリッツ
    ・ウイスキー

ソフトドリンク

  1. コーヒー
    ・エチオピアン イルガチェッフェ
    ・エスプレッソ
    ・ホワイトコーヒー
    ・ネスカフェゴールドブレンド
    ・ネスカフェ(ノンカフェイン)
  2. お茶
    ・Teh Tarik(東南アジアのミルクティー)
    ・Ceylon Meda Watte(セイロン紅茶)
    ・Ceylon Finest Black Tea
    ・アールグレイ
    ・カモミールティー
    ・ジャスミン茶
    ・日本茶
    ・ウーロン茶
    ・ルイボスティー
  3. MILO
  4. ジュース
    ・オレンジジュース
    ・アップルジュース
    ・ピンクグァバジュース(クアラルンプール発便のみ)
  5. ミネラルウォーター
    ・ミネラルウォーター
    ・炭酸水

さて、これ以降はサービスを時系列順に紹介します。

スポンサーリンク

朝食

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
入国カード
40分~1時間30分 朝食
1時間30分~7時間00分 適宜飲み物・軽食のサービス
7時間10分~8時間00分 夕食
9時間50分 到着

出発してから約40分後、朝食のサービスが始まりました。

朝食のメニュー

メニューはこちら。

スターター

  • フルーツスムージー
  • フルーツ盛り合わせ
  • ヨーグルト
  • シリアル(+ミルク)

メインコース

  • ナシレマ(マレーシアのご飯料理)
  • スモークサーモンのサワークリーム添え
  • 点心(シュウマイなど)
  • バニラパンケーキ

パン

  • ブレッドやパストリー

実際の食事の様子

まずは、こちらのプレートがドカンと。

フルーツ盛り合わせと、

 

シリアルですね。フルーツグラノーラみたいな感じでした。

相変わらず飲めないので、飲み物はアップルジュースをいただきました。

しばらくすると、温められたパンがやって来ました。

そして、メインで頼んだスモークサーモンのナントカカントカがやって来ました。

お??スモーク…サーモン???(笑)

いや、美味しかったですよ。下に敷かれているチーズとタルタルソース的なソースとも相性が良く、あっという間に食べてしまいました。

1食目が終了すると、お水が配られて機内が減灯されました。

朝食後~夕食前までのサービス

機内減灯後はしばらくのんびり

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
入国カード
40分~1時間30分 朝食
1時間30分~7時間00分 適宜飲み物・軽食のサービス
7時間10分~8時間00分 夕食
9時間50分 到着

機内が減灯されると、しばらくのんびり過ごします。せっかくのフルフラットシートなので、座席をうんと倒します。

その前に、座席にシートカバーをセットして…

倒すと、前の座席の下に脚が入っていくのですが…

私は身長170cmの普通体型ですが、大柄な人だと足回りが少し窮屈に感じられるかもしれません。

軽食のメニュー(お好きなときに)

朝食終了後から夕食開始前までの約5時間半の間は、好きなときに好きな軽食を頼むことができます。

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
入国カード
40分~1時間30分 朝食
1時間30分~7時間00分 適宜飲み物・軽食のサービス
7時間10分~8時間00分 夕食
9時間50分 到着

軽食のメニューはこちら(DINE ANYTIMEの欄にある食事です)。

  • エッグヌードル
  • トマトスープ
  • ラム肉のパイ(トマトとともに)
  • タイ風チリのチキンクロワッサン
  • アイスクリーム
  • フルーツ
  • クッキー
  • ポテトチップス

朝食後4時間、ちょうどお昼過ぎぐらいのタイミングで「クロワッサンサンドはいかが?」と提案されたので、言われるがままにいただきました(笑)

ちょっと辛みが効いた具で、とても美味しかったです。

スポンサーリンク

夕食(到着前の食事)

到着の約2~3時間前に夕食のサービスが始まりました。

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
入国カード
40分~1時間30分 朝食
1時間30分~7時間00分 適宜飲み物・軽食のサービス
7時間10分~8時間00分 夕食
9時間50分 到着

夕食のメニュー

メニューはこちらの画像の下のほうにある「BEFORE LANDING」の欄です。

  • Opor Ayama Kacang Gajus(鶏肉のココナッツミルク煮、スパイシーな味付けで)
  • Grilled Fillet of Beef(牛フィレ肉のグリル)
  • Poached Sea Bass(煮たシーバスにコリアンダーとブラックビーンのソースをかけて)

といった感じでした。

ただ、私の場合は事前にインターネットで食事を選択する「シェフ・オン・コール」を利用していたため、到着前には上記とは異なる食事が提供されました(このあと説明します)。

メインディッシュを事前に選択する「シェフ・オン・コール」

マレーシア航空のビジネスクラス・ファーストクラスでは、メインディッシュをホームページから事前に選択することができます(なお私が利用した時期は、たまたまホームページのリニューアルのため、メールで希望を提出しました。メールの応対は丁寧でしたし、注文もしっかりと通っていました)。

メニューはホームページ上のpdfファイルで確認できました。

私は一番上の「Braised Lamb Shank」(ラム肉)を注文しました。

なお、予めシェフ・オン・コールで注文しなくても、機内のメニュー表から食事を洗濯することは可能です。決して、「シェフ・オン・コールを使わなかったから、お食事はナシよ!」といったことはありませんのでご安心を(笑)

ただ、シェフ・オン・コールを利用した方が、機内で選択するよりもメニュー数が多いようです。

実際の食事の様子

メインとパン・ドリンク

実際に運ばれてきたラム肉はこちら。パンも一緒に付いてきました。ドリンクはピンクグアバジュースを注文しています。

見た目のインパクトは抜群でした(笑)
横のブロックに座っていた人が二度見してましたからね(笑)「えっ?何あれっ?えぇっ??」みたいな感じで(笑)

横に付いていたマッシュポテトも含めて、味はバッチリ。食べにくそうに見えますが、お肉が柔らかくて簡単にほぐれました。

サテー

食事が終わったかと思うと、サテー(ビーフとチキン)が提供されました。これ、最初の便(成田~KL便)ですっかり気に入ったので楽しみにしていたんです。

甘辛いピーナッツのソースと甘く味付けされた肉が美味しいんですよね。肉質はパサパサですが、味はバッチリです。

到着前に…

ニュージーランド入国についての説明ビデオ放映

到着の約40分前に、ニュージーランド入国についての説明ビデオが放映されました。

到着

ほぼ定刻に到着

飛行機は定刻よりほんのちょっとだけ早く到着しました。

フライト時間は約9時間50分。フライトコースはこんな感じで、なかなかのロングフライトでした。

マレーシア航空は遅延が多いと言われますが、自分が利用する限りではそれほど致命的な遅延はありませんでした。(エアチャイナのほうが圧倒的に遅延していました。)

搭乗しての感想

座席は快適そのものでした

約10時間弱に及ぶロングフライトでしたが、フルフラットの座席のおかげで快適そのものでした。やはり真横になって休めるというのは休憩効果絶大です。

唯一の欠点は、食後満腹の状態ですぐに寝ると、寝起きに胃もたれを感じることぐらいでしょうか…(笑)

食事も美味しかったです!

座席と並び、ビジネスクラスの目玉とも言える食事。シェフ・オン・コールでの事前注文の時からかなり期待していましたが、期待を裏切らない内容でした。

サテーもやっぱり美味しいですね。あのピーナッツのソース、持ち帰りたい…(笑)

サービスはフレンドリー

マレーシア人客室乗務員のサービスはとてもフレンドリーでした。ニコニコと楽しそうにサービスしてくれます。ANAやJALのような洗練された感じは特にありませんが、フランクな感じがとても心地よいです。

そして今回の便では、担当のCAさんが名前で呼びかけてくれました。何か話しかけるときには、毎度「Mr.○○」みたいな感じで。
成田→クアラルンプール便ではないサービスだったので、担当のCAさんによって対応が分かれるところなのかもしれません。

半額なら乗る価値は十分にあり!

今回はビジネスクラス半額セールを利用しての搭乗(成田~クアラルンプール~オークランド~クアラルンプール~成田で13万円)でしたが、この値段でこのサービスであれば十分満足です。半額セールが再び行われるなら、再度搭乗したいと思うぐらいです。

セールの実施時期や実施の有無がよめないのが難点ですが、JGC修行のツールとしても十分通用すると思います。

関連記事

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

オークランド旅行記

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの
2017年6月にマレーシア航空ビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。 旅行の目的は、「JGC修行」です。 JG

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください