マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記。座席・食事の様子【成田→クアラルンプール】(旅行記1)

スポンサーリンク

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、成田からクアラルンプールを経由し、オークランドへ旅行に行ってきました。

旅行の目的は、「JGC修行」です。JALの上級会員が入会できるJALグローバルクラブ(JGC)に入るため、JAL便や提携の航空会社便をたくさん利用することですね。JGCに入会することで、JALを利用した飛行機旅行が格段に快適になるのです。

JGCの魅力と入会条件についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

今回はJALのサービスステイタスの一端をなす「JALグローバルクラブ」について詳しく紹介します。

今回はそのJGC修行最初の国際線フライトとして、成田からクアラルンプールまでマレーシア航空ビジネスクラスに搭乗したときの様子を詳しく紹介します。

このオークランド旅行について

今回の旅程

※表が途中で切れている場合は、横にスクロールしてご覧ください。

空港 空港 便名 クラス 運賃 FOP P単価
11:30 高松 12:45 羽田 JL478 普通 13,790 532 25.92
21:40 成田 4:00 クアラルンプール MH71 ビジネスZ 133,310 4,173 6.09
8:55 クアラルンプール 22:50 オークランド MH133 ビジネスZ 6,776
13:05 オークランド 20:30 クアラルンプール MH130 ビジネスZ 6,776
23:30 クアラルンプール 7:40 成田 MH88 ビジネスZ 4,173
TOTAL 147,100 22,430 6.56

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

搭乗前の様子

チェックインは出発3時間前からです!

今回が私にとって初めてのJGC修行。JALやJALの属するワンワールドアライアンス(航空会社の連合)を利用して海外に行くのは初めてでした。

その一発目からビジネスクラスを利用できるという贅沢。ビジネスクラス利用時の楽しみの一つとも言える「ラウンジ」でゆったり過ごしたいと思い、意気込んで早めに成田空港に到着しましたが…。

チェックインは出発時刻の3時間前からです!!

はい、完全に見落としていました(笑)
日本の空港から日系の航空会社で渡航する場合とは異なり、日本の空港から海外の航空会社で渡航する場合、チェックイン開始時間は出発時刻の3時間前と定められているケースが多いです(ケースにより異なるので、その都度確認が必要です)。

すっかり見落としていた私は、せっかく早く空港に着いたのに、チェックインできずターミナル内をブラブラするハメになりました(笑)

暇つぶしにTEIラウンジ(カードラウンジ)へ

ブラブラしていて気がつきました。

「そうだ、カードラウンジがあるじゃないか。」

というわけで、第2ターミナルのTEIラウンジ(カードラウンジ)に行きました。

このラウンジは、

  • VISAゴールドカード
  • ダイナースクラブカード
  • プライオリティパス

等を持っていると、無料で利用することができます。私はスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA)を持っているので、無料で入ることができました。

受付で1杯アルコールをサービスしていただけるとのことでしたが、出国後にJALのサクララウンジに入る予定だったので、お断りしました。

内部の様子はこんな感じです。

まずは受付。

奥へ進みます。

うーん、結構狭い…。このときは空いていましたが、この後徐々に混み合ってきました。

ドリンクコーナーもあります。ソフトドリンクやコーヒー・紅茶・オニオンスープがありました。

座ってひと休みしていましたが、徐々に混み合ってきたので、退散しました。

チェックイン

ブラブラし、ようやくチェックイン時間となりました。

気合いを入れて早く来すぎたからですね、どのレーンもガラガラです(笑)でも、せっかくなのでビジネスクラス用のカウンターでチェックインします。

カウンターでは、

  • 成田~クアラルンプール
  • クアラルンプール~オークランド

の2枚ともを発券してもらえました。

ラウンジは

  • JALのサクララウンジ
  • カンタス航空のラウンジ

の好きな方を使ってOKとのことだったので、サクララウンジを利用することにしました。

これでようやくチケットをゲットしました。保安検査・出国審査はあっさり抜けることができたので、そのままラウンジへ向かいます。

スポンサーリンク

サクララウンジを堪能

サクララウンジの詳細はこちら

サクララウンジについては、こちらの記事で詳しく解説しています。写真もたくさん掲載していますので、ぜひご覧ください。

今回は、成田空港国際線第2ターミナルにあるJALサクララウンジ(本館)の内部の様子を写真とマップを使って詳しく紹介します。

ラウンジ内でのんびり

ラウンジに入ります。ここから入り、まずは受付。

ラウンジは2階建ての構成になっています。受付をすませると、まずはエスカレーターで下のフロアへ下るよう案内されます。

このエスカレーターの感じ、ワクワクが止まりません(笑)

こちらが階下の様子。

上のフロアにはビュッフェがあります。

料理がたくさん並んでいます。ビジネスクラスの食事を控えているので、少しだけいただきます。

JALサクララウンジ名物のカレー。牛肉がゴロゴロ入っていました。かなり美味しかったです(^^)

冷製コーンスープもいただきました。これもクリーミーで美味しかったです(^^)

搭乗するのは夜行便なので、シャワーもすませました。とても清潔なシャワールームでした!

先ほども紹介しましたが、このラウンジ内についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。写真もたくさんあるので、内部の様子を詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

今回は、成田空港国際線第2ターミナルにあるJALサクララウンジ(本館)の内部の様子を写真とマップを使って詳しく紹介します。

搭乗~出発前まで

ビジネスクラスなので優先搭乗しました!

ラウンジでのんびりした後、いよいよ搭乗です!

ビジネスクラスなので、一般の搭乗に先立って優先搭乗することができます。優先搭乗したところで出発時刻は変わりませんが、ビジネスクラスの場合はウェルカムドリンクなどのサービスがあるため、優先搭乗を利用しました。

分かれ道。左のビジネスクラス用通路を利用します。テンションダダ上がりです(笑)

機材はA330-300、座席配列は独特

今回搭乗した機材はA330-300というワイドボディ機材(通路が2本ある機材)です。

ビジネスクラスの座席はこのような配列になっています(画像はseatguruより引用)。

今回私が使ったのは、赤丸をつけた席(7A)です。

座席には予め

  • シートカバー
  • ブランケット
  • ヘッドホン
  • アメニティポーチ(ポルシェデザイン)
  • スリッパ

が置かれていました。

アメニティポーチはこんな感じ。

座席については、配布されるアメニティも含めてこちらの記事で詳しく解説しています。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

座席の設備

座席設備についても、詳しくはリンク先記事をご覧ください。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

窓に近い席を確保しましたが、通路側にはこのような収納ボックスがありました。

写真まん中下の方に見える黒いパネルは座席のリクライニングコントローラーです。

マッサージ機能まで付いていました(まあ、背中の部分が膨らんだりしぼんだりするだけですけどね(笑))

座席はフルフラットになるタイプで、予め配られたマットをセットして完全に倒すとこのようになります(別便で撮影した写真です)。

足は前の座席の下に入ります。

詳しくはリンク先記事をご覧ください。

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

ウェルカムドリンク・おしぼり

席に着くと、ウェルカムドリンクが配られました。

しっかりとガラス製の容器で配られました。なお、アルコールはウェルカムドリンクでは配られません。

ウェルカムドリンクの後、温かいおしぼりが配られました。

出発前のサービスが一通り終わり、およそ定刻に出発しました。

スポンサーリンク

フライト中のサービス

フライト中のサービスは次のような流れで提供されました。

出発からの時間 サービス内容
出発前 ウェルカムドリンク
おしぼり
40分~1時間30分 夕食
1時間30分~6時間30分 消灯
6時間30分~7時間10分 点灯
朝の飲み物サービス
7時間30分 到着

夕食のサービス

メインディッシュを事前に選択する「シェフ・オン・コール」

マレーシア航空のビジネスクラス・ファーストクラスでは、メインディッシュをホームページから事前に選択することができます(なお私が利用した時期は、たまたまホームページのリニューアルのため、メールで希望を提出しました。メールの応対は丁寧でしたし、注文もしっかりと通っていました)。

メニューはホームページ上のpdfファイルで確認できました。

私は一番上の「Grilled Fillet of Beef with Balsamic Gravy」(フィレ肉のステーキ)を注文しました。

なお、予めシェフ・オン・コールで注文せず、機内で注文することも可能です。ただ、シェフ・オン・コールを利用した方が、機内で選択するよりもメニュー数が多いようです。

ドリンクメニュー

アルコール

  1. シャンパン
    ・Champagne Duval Leroy “Fleur du Champagne” Premier Cru NV
  2. 白ワイン
    ・Wairau River Sauvignon Blanc 2015, Marlborough
    ・Nautilus Sauvignon Blanc 2016, Marlborough
    ・Pikes “Traditionale” Clare Valley Riesling 2015, South Australia
  3. 赤ワイン
    ・Ch. Doyac 2011, AOC Haut Medoc, Bordeaux
    ・d’Arenberg The Footbolt Shiraz 2013, McLaren Vale
    ・Bodega Pledra Negra Malbec Reserve 2014, Mendoza, Argentina
  4. デザートワイン
    ・Chateau Lange 2012, AOC Sauternes, Bordeaux
  5. その他
    ・食前酒(カンパリなど)
    ・ビール(カールスバーグ、タイガー)
    ・コニャック
    ・リキュール
    ・スピリッツ
    ・ウイスキー

ソフトドリンク

  1. コーヒー
    ・ブルーマウンテン
    ・エチオピアン イルガチェッフェ
    ・エスプレッソ
    ・カプチーノ
    ・カフェラテ
    ・ホワイトコーヒー
    ・ネスカフェゴールドブレンド
    ・ネスカフェ(ノンカフェイン)
  2. お茶
    ・Teh Tarik(東南アジアのミルクティー)
    ・Ceylon Meda Watte(セイロン紅茶)
    ・Ceylon Finest Black Tea
    ・アールグレイ
    ・カモミールティー
    ・ジャスミン茶
    ・日本茶
    ・ウーロン茶
    ・ルイボスティー
  3. MILO
  4. ジュース
    ・オレンジジュース
    ・アップルジュース
    ・ピンクグァバジュース(クアラルンプール発便のみ)
  5. ミネラルウォーター
    ・ミネラルウォーター
    ・炭酸水
  6. ソフトドリンク

夕食メニュー

夕食のメニューは次のようになっていました。

  1. サテー(ビーフ・チキン)
  2. スターター
    ・カジキのスモーク、エビとマンゴーのガトー
    コーンクリームスープ
  3. メイン
    ・チキンのグリルにバジルトマトソースをかけて
    ・牛フィレ肉にレモングラスソースをかけて
    ・カラマラータパスタとグリル野菜
    ・和食のメイン
    (または、シェフ・オン・コールで事前注文したメインディッシュ)
  4. デザート
    ハーゲンダッツのアイスクリーム
    ・フルーツの盛り合わせ
  5. いつでもどうぞ
    ・エッグヌードル
    ・カリフォルニアロール
    ・クッキー
    ・フルーツの盛り合わせ

夕食の様子

まず、テーブルクロスが敷かれました。

程なくして、飲み物とおつまみ(ナッツ)が配られます。テーブルの左に置いてあるのが、ビジネスクラスのフードメニュー表です。

飲み物とおつまみが配られたおよそ5分後に、サテーが振る舞われました。

サテーはチキンとビーフがあります。2種類とも欲しい場合は”mix”と答えればOKです。奥にあるのはキュウリとタマネギです。このタマネギ、生タマネギで鼻にツーンとくるタイプでした。すっかり油断しました(笑)

このサテーのソースがなかなかのお味で、クセになりました。ピーナッツの風味がする甘辛いソースで、お皿に残ったピーナッツのツブツブを竹串で最後までいただきました(笑)

サテー提供の約15分後に、コーンクリームスープとガーリックトーストが出てきました。

「ガーリックトーストなんてメニューにあったっけ?」とチラっと思いましたが、気にしない気にしない(笑)
「『カジキのスモーク』のなんとかかんとかってメニューにあったんじゃなかったっけ?」とチラッと思いましたが、気にしない気にしない(笑)
ガーリックトーストもスープも美味しかったですよ。でも、コーンクリームスープにネギを散らすのはなかなか斬新だなと思いました。決してマズくはないですが、新しい味でした(笑)

食べ終わってすぐ、シェフ・オン・コールで予め注文していたメインディッシュが出てきました。

「牛フィレ肉のグリル バルサミコソース」です。横に添えられたグリル野菜も含めて、美味しそうじゃないですか?ちなみにシェフ・オン・コール注文時に見たメニューではこのような写真になっていました。

ちょっと見た目が違うかな…(笑)

肉はどちらかというとしっかり目に焼かれていましたが、固くはありません。ソースはバルサミコの酸味がきいており、以外にもアッサリといただけました。美味しかったですよ。

ここまで食べ終わったのが大体この辺りです。

四国の南沖ですね。

メッカまでの距離が示されるのは日系航空会社では見かけないですよね。

そして、ワンテンポ遅れてデザートです。ハーゲンダッツのカチンコチンバニラアイスクリーム。

スポンサーリンク

夕食後はフルフラットでじっくり睡眠

さすがフルフラットシートでした!

夕食が終わったのが到着のおよそ6時間前でした。このタイミングで機内の照明が暗くなります。

せっかくのフルフラットベッドなので、じっくり休みます。この便は搭乗客が多く、写真を撮るのが憚られたので、フルフラットベッド状態での写真は撮れていません…。

なお、ベッドにする前にこんな感じでシートカバーを取り付けました。

ベッドにしたときの足元はこんな感じ。狭そうに見えますが、意外にも足を組む余裕があります。

座席についてはこちらの記事で詳しく解説しています。別便でフルフラットにしたときの様子も詳しく説明していますよ(^^)

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

到着1時間前から到着までのサービス

おしぼりと朝の飲み物が配られました

到着1時間前、機内の照明が明るくなり、慌ただしくおしぼりと飲み物が配られ始めました。

私が選んだ飲み物はこちら。

ピンクグァバジュースです。クアラルンプール発便でしか提供されていないとメニュー表に書かれていましたが、いただくことができました。

プレミアレーンのチケット配布

ビジネスクラス利用者には、全員こちらの紙が配られます。

クアラルンプール国際空港の入国審査には、プレミアレーンという優先レーンが設けられており、ビジネスクラス利用者はそのレーンを利用することができます。一般レーンは時間帯によってはかなり混み合うので、これはありがたいですね。

プレミアレーンの利用には、搭乗券とこのチケットを提示する必要があります。私は入国せずそのまま乗り継ぎだったので、結局使わずじまいでした。

定刻で到着

到着予定は現地時間でAM4:00でしたが、ほぼ定刻で到着しました。

「マレーシア航空ビジネスクラスで行くオークランド旅行」の第1便搭乗はあっけなく終わりました。やっぱりフルフラットシートの快適さは絶大ですね。

この後はマレーシア航空のゴールデンラウンジで次のオークランド行きにそなえます。

搭乗しての感想

座席は快適そのものでした

今回はマレーシア航空初搭乗でしたが、贅沢にもビジネスクラスを利用しました。

しかも、座席はフルフラット。快適そのものでした。やはり真横になって休めるというのは休憩効果絶大です。

唯一の欠点は、食後満腹の状態ですぐに寝ると、寝起きに胃もたれを感じることぐらいでしょうか(笑)

食事は満足のクオリティ

座席と並び、ビジネスクラスの目玉とも言える食事。シェフ・オン・コールでの事前注文の時からかなり期待していましたが、期待を裏切らない内容でした。

メニューとは一部異なる内容ではありましたが、味は十分美味しかったので、決して文句はありません。

それから、マレーシア航空ビジネスクラス名物のサテー。

チキンとビーフが用意されていましたが、肉質は特に良いとは思いませんでした。でも、肉にかけられるソースがとにかく美味しく、家に持ち帰りたいと思うほど(笑)サテーは搭乗した4便すべてで提供されましたが、飽きることなく食べられました。

サービスはフレンドリー、でも一部…

マレーシア人客室乗務員のサービスはとてもフレンドリーでした。ニコニコと楽しそうにサービスしてくれます。

一方、日本人CAのサービスは無愛想。オバサンCA2名が搭乗していましたが、どちらもつまらなさそうにサービスします。笑顔など全くありません。これはかなり残念でしたね。

半額なら乗る価値は十分にあり!

今回はビジネスクラス半額セールを利用しての搭乗(成田~クアラルンプール~オークランド~クアラルンプール~成田で13万円)でしたが、この値段でこのサービスであれば十分満足です。半額セールが再び行われるなら、再度搭乗したいと思うぐらいです。

セールの実施時期や実施の有無がよめないのが難点ですが、JGC修行のツールとしても十分通用すると思います。

関連記事

マレーシア航空ビジネスクラスの座席について

2017年の6月にマレーシア航空のビジネスクラスを利用して、日本からオークランドへ旅行に行ってきました。 https://www.milekozou.com/entry/20

このオークランド旅行の概要

2017年、ANAのSFC修行・ダイヤ修行でエアライン修行に目覚めてしまった私は、JGC修行を決行することにしました。 JGC修行とは、上級会員が入会できる「JALグローバル

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください