ソラチカルートの入口封鎖。ANAマイラーへの影響と急いでやっておくべきこと

スポンサーリンク

とうとう恐れていたことが現実になってしまいました。

東京メトロポイントが「ソラチカルート」の入口を2018年3月31日をもって封鎖することを発表。これまでANA陸マイラーがマイル稼ぎに使っていたポイント交換経路が利用できなくなりました。

今回はその詳細についてお伝えします。これに変わる交換経路もありますが、ひとまず起こった事態について説明し、新しい交換経路は改めて記事でお伝えします。

ソラチカルート封鎖の詳細

ソラチカルートとは

ソラチカルートとは、ANAのマイルを「飛行機に乗らずに」「クレジットカード決済に頼らずに」貯める常套手段として利用されているポイント交換ルートです。

その原資はポイントサイトで稼いだポイント。ポイントサイトを使って貯めたポイントを「ソラチカルート」でANAマイルに交換することで、異常に高いレートで大量のANAマイルを獲得することができていたんです。

ソラチカルート封鎖の発表

今般、この「ソラチカルート」の入口部分が2018年3月31日をもって封鎖されることが発表されました。

ドットマネーのお知らせを開くと、次のように記されています…。

ソラチカルートの入口封鎖とは?どこが使えなくなる?

今回の封鎖によって影響を受けるのは、次の図の赤い矢印部分です。

ソラチカカードにポイント移行する、ちょうど「入口」の部分が封鎖される形となります。これにより、各ポイントサイトで稼いだポイントを高レートでANAマイルに交換する経路が大きく狭まったことになります

逆を言えば、それ以外の部分はまだ生き残っている状態です。(ただ、いつまで生き残るのかは全く分かりません…)

封鎖に際して、まずやっておくべきこと

まずはお詫びをいたします。

このブログの情報をうけてソラチカカードを発行された方におかれましては、ポイント交換ルート封鎖によりご迷惑をお掛けしていることをお詫びいたします。

「現時点での最善」を記事にすると、改悪時にどうしてもこのようなことが起こってしまいます。どうかご了承のほどよろしくお願いいたします。

ここから先は賭けの要素が入ります

このソラチカルートの入口封鎖は陸マイラー界に大きな衝撃を与えていますが、それと同時にポイントサイト業界にも大きな衝撃が走っています。

今回のは赤い矢印部分の封鎖だけが発表されていますが、それ以外の青い矢印(特に右の「東京メトロ→ANA」の矢印)がいつ封鎖されるか、あるいは改悪されるかは外部の人間の知り得るところではありません。発表されなければ分からないのです

ですから、「どのポイントサイトを使うのがオトクなのか」「どの交換経路を使うのがオトクなのか」はその時々の環境に大きく左右されるため、「現状ではこれが一番!」ということしか言えないのです…。(他記事でさんざん「こうすればオトクだよ!」とエラそうに言っておきながら申し訳ありません…)

ですから、今後の対応にもどうしても賭けの要素が入ります。

  • 現状保有しているポイントをどうするのか
  • 今後はどのポイントサイトを使うのか
  • 今後はどのようなポイント交換経路を利用するのか

については、あくまでも「現時点では」という留保が伴います。申し訳ありませんがご了承いただければと思います…。

 

ただ、「賭けの要素」が伴うのはある意味これまで通りでもあります。ポイントサイトの案件一つをとってもそうです。

「今このクレジットカードを発行すれば15,500円分のポイントがもらえるけど、ひょっとすると数ヶ月後に16,000円分のポイントがもらえる案件として再登場するかも…。今作るべきか今回は見送るべきか…」

みたいな場面が私にも何度もありました。これとそれほど変わらないと思っています。

あくまで、現状で最善を尽くすことを念頭にして活動しないと、たまるものもたまらなくなりますからね…。

2018年3月末までに赤いルートを使い終えておく

今回の封鎖にあたって、現時点でまずは

ポイントサイトで保有しているポイントをなるべく早く、なるべく多く東京メトロポイントに写しておく

ことが極めて重要です。

なぜなら、赤い矢印以外の部分は生き残る、つまり「東京メトロポイント→ANAマイル」の交換経路はまだ生き残るからです。

もちろん、この経路もいつまで残るかは不明です。でも現状で最善を尽くすなら、ひとまず赤い交換経路を2018年3月末の封鎖までにできるだけたくさん使っておくことが重要になります

【注意】東京メトロポイントの有効期限は「翌年度末」

ご注意いただきたいのが、東京メトロポイントの有効期限です。東京メトロポイントは、獲得から翌年度末で失効します。

一方で、東京メトロからANAマイルに交換できるポイントは、1ヶ月あたり20,000ポイントです。

ということは、使うことができるポイントには上限があるということです。それほど対象者はいないかもしれませんが、あまりに大量のポイントを一気に交換してしまうと、使い切れずに失効する可能性があるので、大量ポイントを保有している方は十分にご注意ください。(もちろん、東京メトロポイントは他にも使い道があるので、ANAマイル以外に交換して消化するのも手として考えられますが…。)

というわけで、私も今持っているポイントを東京メトロにどんどん移行しています。それほど大きな数ではないですが、使えるうちに使っておかないと…。

スポンサーリンク

ポイントサイトの利用は続けましょう!

ポイントサイトがお得なことに変わりはありません

今回の封鎖で「終わった…」「もうポイントサイトを使うのはやめよう…」なんて思っていませんか?ダメですよ!ポイントサイトはちゃんと使い続けましょう!

というのは、今回封鎖されたのは交換ルートの一部だけだからです。(下図の赤い矢印)

ポイントをマイルに交換する際の交換レートが影響を受けただけであって、「ポイントサイトを使ってポイントを稼ぐことができる」という構図には何の変更もないのです。

ポイントサイトで貯まるポイントは、マイル以外にもたくさんの使い道があります。ですからポイントサイトはぜひ使い続けてください。私もポイントサイト利用をやめるつもりは全くありませんよ!

これまでが異常だっただけ!また別の道を探そう!

ちょっと悲しいお知らせですが、利用者としては受け入れるしかありません。これまでの交換レートが異常だっただけで、あるべき姿に戻ったって考えましょう!これまでオマケをたくさんもらえただけのことです。

ソラチカルートの入口が封鎖されたって死ぬわけではありません。依然としてマイルは貯められますし、ポイントサイトはちゃんと生き残っているんです。また別の道を探せば良いだけですよ(^^)

 

今回は取り急ぎ以上です。ひとまず、ソラチカルートの激変については早めにお知らせしなければならないと思い、ここまでで記事をアップします。(あわせて、ソラチカルートを解説した記事を整理しないといけないですね…)

なお、ソラチカルートに変わる交換ルートとしてLINEポイントを利用したルートがありますが、そこは私自身まだまだ勉強が足りていないので、LINEポイントのページでしっかり勉強してから記事にしたいと思います。(一時期、LINE Payカードを使ってANAマイルを稼ぐ方法が話題になりました。新しい交換ルート候補は、それにすこし絡むお話になります。)

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.