マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にANAダイヤ修行・JGC修行を行い、解脱しました!

クアラルンプール空港(KLIA2)内のカプセルホテル"Capsule by Container"で安く宿泊。場所・道順と使用感【ANAダイヤ修行記(クアラルンプール編8)】

f:id:milekozou:20170520185311j:plain

こんにちは、マイル小僧です。

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第8弾。

クアラルンプール国際空港到着後に空港内で宿泊利用したカプセルホテル"Capsule by Container"を利用した時の様子ついてレポートします。

場所や行き方だけでなく、気になる安全面・快適さなどについてお伝えするので、空港内で宿泊を考えている方はぜひご覧ください。

前回までの修行記

(第1回)

 

(前回)

今回のダイヤ修行フライト計画

f:id:milekozou:20170509103607j:plain

空港での宿泊を決めた経緯

クアラルンプールに深夜着だったので、市内への移動が負担だった

今回利用する便のクアラルンプール到着予定時刻は23:25でした。

クアラルンプール市内方面行きの最終電車は01:00発なので、飛行機が遅れたときに間に合わないかもしれないというリスクや、仮に間に合ったとしてもクアラルンプール市内に深夜1:30着になるのは少々負担になるので、空港内での宿泊を決めました。

「一人だし、カプセルホテルで十分かな」

空港付近にもホテルはありましたが、シングルで手配するとどれもそこそこ高かったので、1泊(6時間滞在)80RM(当時2,000円程度)で泊まれるカプセルホテルに宿泊を決めました。

カプセルホテル"Capsule by Container"までの移動

Capsule by Containerの場所

Capsule by Containerは、クアラルンプール国際空港の第2ターミナル(KLIA2)にあります。KLIA2は主にLCCが発着しているターミナルです。

ANAが到着したのはKLIA(第1ターミナル)なので、KLIAからKLIA2までは移動しなければなりません。

ターミナル間は電車"KLIA Ekspres"で移動することにしました

ターミナル間はそれなりに離れているので、徒歩での移動は現実的ではありません。そこで、

  • 電車
  • バス
  • タクシー

で移動する必要がありますが、電車が速くて便利とのことだったので、電車を移動しました。利用する電車は

KLIA Ekspres

という路線です。市内~KLIA~KLIA2を結んでいます。

KLIA到着後~電車に乗るまで

まずは切符売り場まで

入国審査・手荷物受取(私は荷物を預けませんでしたが…)を終えて到着ロビーに出て、右へ進んでいきます。目印は、

「KLIA Ekspres」というピンク色の看板です。

 

到着ロビーに出て右へ進みます。

f:id:milekozou:20170520162508j:plain

どんどん進みます。

f:id:milekozou:20170520162536j:plain

KLIA Ekspresの案内に従って、階下へ下ります。エスカレーターで2つ下まで下りました。

まず3階から2階へ。

f:id:milekozou:20170520162633j:plain

続いて2階から1階へ。ここまで来たらもう迷う心配はありません。

f:id:milekozou:20170520162738j:plain

そのまま"KLIA Ekspres"の案内に従って進めば、切符売り場に到着です。

券売機で切符を購入すると10%OFFです→KLIA2まで1.80RM(当時約45円)

切符売り場には、有人カウンターと自動券売機があります。立て看板にあるとおり、自動券売機で切符を購入すると10%OFFになります。ただし、クレジット決済専用です。

f:id:milekozou:20170520162823j:plain

KLIAからKLIA2までの普通運賃は2.00RM(当時約50円)ですが、10%OFFになると1.80RM(当時約45円)になります。

f:id:milekozou:20170520163631j:plain

操作は全く難しくありません。行き先を押し、クレジット決済するだけです。今回はKLIA2までの切符を購入します。

f:id:milekozou:20170520163735j:plain

f:id:milekozou:20170520163743j:plain

チケットには2次元バーコードが付いており、これを自動改札機のセンサーにかざして入構します。

f:id:milekozou:20170520163810j:plain

f:id:milekozou:20170520163817j:plain

ホームは2つ。どちらの列車を使ってもOK。くれぐれも方向を間違えないこと!!

自動改札機を入ると、左右にホームが分かれています。

f:id:milekozou:20170520163810j:plain

  • Platform A=KLIA Ekspres(快速のイメージ)
  • Platform B=KLIA Transit(各駅停車のイメージ)

のホームとなっています。KLIA~KLIA2までは1駅なので、どちらに乗ってもKLIA2までの所要時間は同じです。ただし、

KL Sentral(市内)行きとKLIA2行きのホームが同じなので、くれぐれも逆方向の列車に乗らないよう、電車がどちらの方向から入線してくるか、行き先はKLIA2で間違いないか確認してから乗車してください!

※特にKLIA Ekspresで逆方向に乗ると、KL Sentralまで電車は停まりません。

f:id:milekozou:20170520164637j:plain

ホームドア周囲にも列車の行き先・方向が表示されているので、念入りに確認を!

KLIA Ekspresに乗車!所要時間は4分弱。

列車が到着しました。車内に誰もいなかったので、ちょいと撮影。

f:id:milekozou:20170520164819j:plain

f:id:milekozou:20170520164825j:plain

車内は非常にきれいでした。冷房もガンガンきいており、寒いぐらいです。これで一駅だけ移動します。4分かからないぐらいです。

KLIA2に到着して、エスカレーターで上に上りながら撮影。車体もそれなりにきれいです。

f:id:milekozou:20170520164938j:plain

【最大の難関】改札を出た後のルート「1FのTRANSPORTATION HUBを目指す」

「改札口は2階、Capsule by Containerは1階」です

さて、KLIA2駅の改札から出た後、Capsule by Containerまで辿り着くのがが最難関です(いえ、自分が迷ってしまっただけです)。

KLIA2の改札口は2階にあるので、まずは1階に下りる必要があります。

1階のTRANSPORTATION HUB(バスターミナル)を目指せば見つかります。

改札を出たら左に曲がり、下りのエスカレーター・エレベーターで1階に下りてください。写真がなく申し訳ないですが、エレベーターを利用する経路の例を示します。

 

まずは2階。改札を出たら左に曲がり、更に左に曲がって1階行きのエレベーターを目指します。

f:id:milekozou:20170520174620j:plain

1階に下りたら、Transportation Hubというバスターミナル側の出口に向かって右側へ進んでください。目立つ案内表示があります。

f:id:milekozou:20170520174750j:plain

★印の場所にこのような案内表示があります。

f:id:milekozou:20170520174820j:plain

2階が広いのに対して1階は狭いので、1階に下りてしまえば何とかなります。2階以上を探し回ると悲劇です…(私は1階に下りるという情報さえ得ておらず、2階以上で右往左往しました)。

Capsule by Containerについて

公式ホームページで事前に予約しておきましょう!

私はここで宿泊することが確定していたので、事前に公式HPで宿泊予約・クレジット決済まで済ませていました。

チェックイン時間は30分単位で指定できます。

チェックインの時間は30分単位で指定できます。

例えば4月15日のAM1:00頃にチェックインし、6時間以内にチェックアウトする場合は、

  • CHECK-IN-DATE 4/15
  • CHECK-IN-TIME 1:00
  • STAYING HOURS 6hours(6、9、12時間より選択可能)

で予約を行います。

日本のホテル予約の場合は4/15のAM1:00頃のチェックインの場合でも4/14宿泊として予約を行うケースが多くありますが、ここでは実際の日付と時間・滞在時間を登録すればOKです。

宿泊料

カプセルの宿泊料(滞在料金)は、

  • 6時間=80.00RM
  • 9時間=100.00RM
  • 12時間=110.00RM

です。

公式ホームページで予約すると、クレジット決済が可能です。クレジットで決済しておけば、現地での支払いの手間が省けるので便利です。

公式ホームページ上に記されている設備

  • シングルサイズのベッド
  • 鏡付きの収納式デスク
  • 枕2つ
  • ルームハンガー
  • 読書灯
  • 電源
  • アメニティバッグ(タオル・歯ブラシセット・スリッパ)
  • 500mlペットボトルの水
  • 耳栓(希望者)
  • モーニングコール(希望者)
  • Wi-Fi
  • 温水・冷水シャワー

外観はなかなかしゃれたデザイン。きれいです。

こちらが入口の様子です。こったデザインで、なかなかオシャレです。

f:id:milekozou:20170520175057j:plain

ロゴも良い感じです。

f:id:milekozou:20170520175132j:plain

f:id:milekozou:20170520175152j:plain

フロントデスクで受付を行い、奥へと進んでいきます。

f:id:milekozou:20170520175212j:plain


スポンサードリンク
 

チェックインの様子

フロントでのやり取り

氏名・予約した旨を伝えて、パスポートを提示します。

フロントでは名前と予約してあることを伝えると、すぐに対応してもらえます。本人確認のためか、パスポートの提示を求められましたが、すぐに返してもらえました。

デポジット金として現金50.00RMを預けます。

チェックインの際、デポジット金として50.00RMを預けます。特にトラブルがなければ、チェックアウトの際そのまま50.00RMは返却されますので、特に不安視しなくても大丈夫です。

貸し出し品とカードキーが渡され、簡単な説明を受けます。

貸し出し品などが入った黒いバッグとカードキーが渡され、部屋(といってもカプセルですが…)の場所について簡単に説明を受けました。

黒いバッグの中には、

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 使い捨て歯ブラシ
  • ペットボトルの水

が入っていました。(男性にとっては)宿泊にあたって最低限のアメニティはこれで揃います。

ただし、日本のカプセルホテルとは異なり、

寝間着はありません!

 

大きな荷物がある場合は受付から入って右奥にロッカースペースがあるので、そこに入れるよう案内されます。ただし鍵が付いていなかったので、利用の際は自前の南京錠などが必要なようです(バックパッカーにとって南京錠は必需品です)。

内部の様子・設備

男性エリアと女性エリアは分かれており、セキュリティ面では安心

カプセルのあるスペースは、男性用エリアと女性用エリアが分かれており、各エリア入口にはロックがかけられています。

ロックはカードキーをセンサーにタッチすることで開錠でき、男性用カードキーでは女性用エリアには入れませんし、逆に女性用カードキーでは男性用エリアに入れなくなっています。そういった面では女性にとって安心できる設備です。

※ちなみに、このカードキーには部屋番号が書かれていますが、部屋には鍵がありません。カードキーを使用するのは、自分のカプセルがあるエリアに入るときだけです。

下の画像は、男性エリアの入口です。ガラスの扉があり、カードキーをセンサーにタッチすることで鍵が開くシステムになっています。

f:id:milekozou:20170520182343j:plain

共用スペースがありますが、おしゃべりには不向きです

このように男女関係なく入れる共用スペースがありますが、声・音はカプセルスペースに筒抜けなので、おしゃべりは控えたほうがよいでしょう。

f:id:milekozou:20170520182527j:plain

本がたくさん並んでおり、ライブラリーとしての利用を想定しているようです。

また、窓の外にバスが見えます。これがTRANSPORTATION HUBで、各方面へのバスはここから発車します。

男性用洗面室・シャワールーム・トイレ

男性用洗面室の様子はこちらです。誰もいなかったので撮影しました。

f:id:milekozou:20170520184533j:plain

f:id:milekozou:20170520182646j:plain

いくつも扉が並んでいますが、手前の3部屋(?だったかな…?)がシャワールーム、奥の2部屋(?だったかな…?)が化粧室になっています。

シャワールーム内部がこちらです。

f:id:milekozou:20170520182748j:plain

f:id:milekozou:20170520182755j:plain

シャンプー・ボディーソープは備え付けられているので、とくに銘柄にこだわりがなければ持参の必要はありません。

お湯の温度・水圧も問題ありません。

脱いだ服・着替えなどを置くスペースがなかったので、貸し出された黒いバッグに全て入れ、扉につけられたフックのようなものに引っかけましたが、注意しておかないと、バッグごとびしょ濡れになります。シャワールームへはなるべく身軽に行った方がよいでしょう。

ドライヤーは洗面室に置かれており、自由に使用できます。

 

マレーシアのトイレ事情はあまり良くありませんが、このホテルの化粧室は洋式水洗トイレなので、衛生面でも安心です。

カプセル内の様子

カプセル内を見てみましょう。チェックインでもらったカードキーに書かれた番号のカプセルを探します。

f:id:milekozou:20170520185231j:plain

カプセル内部がこちらです。

f:id:milekozou:20170520185311j:plain

中にはシーツのかけられたマット・掛け布団・枕が用意されていました。予想以上に清潔です。

枕元にはスマホなどが入る小物入れがありましたが、錠前は自分で用意する必要があります(やはり南京錠はバックパッカーにとって必需品ですね)。

f:id:milekozou:20170520203335j:plain

壁にはモーニングコール用の電話・電灯スイッチ・電源コンセントがあります。日本の型でも差し込めるようになっていますが、220Vに対応している必要があります(最近はスマホの充電器でも220Vには大抵対応していますが…)。

f:id:milekozou:20170520203444j:plain

カプセル内にはスリッパが用意されていました。また、希望すれば耳栓ももらえます。

 

壁につけられた取っ手を引くと鏡が現れます。また、引っ張り出した部分は机としても利用可能です。

f:id:milekozou:20170520204816j:plain

利用しての感想

6時間弱しか滞在していませんが、十分快適に過ごせました。日本国内のカプセルホテルに何度も泊まったことがある身としては、特に強い不満を感じた点はありません。

以下に施設・サービス別に感想と準備すべき点を述べていきます。

カプセル内

カプセルですから、施錠はできません。カプセル入口にシェードが付いているので、それを閉めてかろうじてのプライベート空間を確保します。ですから、外との境界がシェード1枚であるという点にそもそも不安がある場合は、利用をおすすめしません。
(ただし、男女でエリアが分かれており、異性のエリアには入室できなくなっているので、身の安全という面では心配不要だと思います。)

日本のカプセルホテルよりもやや広めに作られており、スペースにはゆとりがあります。中で立ち上がることはできませんが、ズボンの履き替えは問題なくできるぐらいです。

冷房もちょうど良い具合に効いており、寒くも暑くもありません。寒くても掛け布団があるので調整可能です。

空港が24時間OPENなので、人が往来する足音は聞こえますが、カプセル入口のシェードを閉めれば、自分はそれほど気になりませんでした。客層がたまたま良かったのか、会話する声も聞こえませんでした。もし物音が気になるのであれば、フロントで耳栓をもらえば問題ないと思います。

洗面室・シャワールーム・トイレ

シャワーについては上でも少し述べたとおり、お湯の出方に不満はありませんが、着替えなどを置くスペースがないのが不便でした。

ただ、シャワーを浴びた後のドライヤーもしっかりした物でしたし、洗面スペースも十分な数用意されており、トイレも清潔な洋式タイプだったので、それ以外の面では不自由しませんでした。

アメニティ→寝間着はありません!

タオル・歯ブラシセット・スリッパ・ペットボトルの水が用意されるのはありがたいです。ただし日本のカプセルホテルとは異なり、寝間着は自分で用意する必要がありますので、注意が必要です。

フロントの対応

可もなく不可もなく。日本のような「おもてなし感」はありませんでしたが、対応を不快に感じることはありませんでした。

ロッカー→ダイヤル式の南京錠を自分で用意するのがベスト

おそらく一番不便さを感じやすいのはロッカーだと思います。日本のカプセルホテルでは鍵付きロッカーが一人一つあてがわれるのが普通ですが、ここではロッカーは自由使用です。鍵も自分で用意する必要があるようですので、自前の南京錠がなければ、荷物の管理には少々苦労するかもしれません。

(旅行用の南京錠は東急ハンズやロフト、通販でも簡単に手に入りますので、持っておくと良いかもしれません。私はダイヤル式の物を2つ所持しています。)

ただ、利用者の多くがカプセルの中に荷物を持ち込んで、そのままシャワールームに行くという無防備さでした…(笑)油断はできませんから、あまりおすすめしませんが…。

 

 

今回はここまでです。

次回はKLIA2からバスに乗って世界遺産の街「マラッカ」へ行った様子をお伝えします。

関連記事

続編

前回までの旅行記

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ