プレミアムポイントの計算方法とSFC修行

スポンサーリンク

今回は、SFC修行計画を立てるときに必要なプレミアムポイントの計算方法について紹介します。

(ちなみに上の写真、羽田空港近くの城南島海浜公園で撮影しました。この公園は飛行機がすぐ上を飛ぶので、飛行機好きにはたまらないスポットです。興味があればぜひ足を運んでみてください。)

そもそもSFC修行とは?

SFC修行とは、ANAのスーパーフライヤーズカード申込資格を得るため、1年間にANAの飛行機に乗りまくることを言います。スーパーフライヤーズカードを保有すると、ANAの上級会員として扱われ、様々な特典を受けることができます。

特典と達成条件について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

こんにちは、マイル小僧です。 今回は、ANAプレミアムメンバーの一つである「スーパーフライヤーズ会員」について詳しく紹介します。 ちなみに、スーパーフライヤーズ

SFC取得のために必要な条件

前提知識「プレミアムポイント」

必要な範囲で先ほどリンクした記事の内容を説明します。

SFCを取得するには、ANAの飛行機に有償で搭乗し、「プレミアムポイント」というポイントを貯める必要があります。

ANAマイレージクラブの会員がANAグループ便やスターアライアンス加盟航空会社便に搭乗すると、ANAのマイルと同時に「プレミアムポイント」というポイントが貯まります。

ログインしてマイル獲得明細の画面を見てみましょう。

f:id:milekozou:20170722205100j:plain

表の一番右に「プレミアムポイント」の表示があります。このポイントを貯めることがANA上級会員(ANAプレミアムメンバー)になるための方法なのです。そして、このプレミアムポイントは、ANAやスターアライアンス加盟航空会社便を有償で利用するか、ANA SKYコインを支払に利用して搭乗するか、いずれかの方法でしか貯めることができないのです。
(※ANA SKYコインとは、ANAの飛行機・旅行商品の支払いに利用できるポイントです。)

プレミアムポイントはPPと略記されることがしばしばあります。当ブログでもPPの略記表示を使用します。

達成条件「50,000PP以上貯めること=プラチナサービスメンバーになること」

SFC取得のために必要な条件は、

1~12月の12ヶ月間に50,000PP(うちANAグループ便25,000PP)以上貯めること

です。

この条件は、ANAプレミアムメンバーのうち、プラチナサービスメンバーのステイタスと同じ条件です。つまり、プラチナサービスメンバーになれば、SFC取得の要件が満たされることになります。

プラチナメンバーの特典や達成条件については、こちらの記事で詳しく解説しています(SFCとの関係についても記述しているので、ぜひご覧ください)。

今回は、ANAプレミアムメンバーの一つである「プラチナサービスメンバー」について詳しく紹介します。 ちなみに、プラチナメンバーになると申し込めるスーパーフライヤーズカードを持つこ

SFC修行フライト計画の考え方

なるべく低コストで50000PPを獲得することが重要

上でも述べましたが、プレミアムポイントを獲得する方法は、
【お金を使って、またはANA SKYコインを利用して飛行機に乗ること】
です。

つまり、(よっぽど多くのSKYコインを保有していれば話は別ですが)修行にはコストが発生します。そこで、ここではなるべく少ない出費でプレミアムポイントを多く獲得するために必要な考え方を紹介したいと思います。

プレミアムポイントの計算方法

まず、1回のフライトで獲得できるプレミアムポイント数の計算方法について説明します。

f:id:milekozou:20170329212803p:plain

これはANAのホームページにあるPPの計算方法を表した図です。

左の要素から順番に説明します。

①区間基本マイレージ

そもそもマイルとは、距離の単位です。

区間基本マイレージとは、利用便が運行する都市間の距離をマイルで表したものです。
例えば、
・伊丹→羽田便を使用する場合、区間基本マイレージは280マイル
・羽田→那覇便を使用する場合、区間基本マイレージは984マイル
といったように、距離が長いほど区間基本マイレージ数も大きくなります。

従って、例えば国内線でSFC修行をする場合は長距離路線を使うのが主で、東京~那覇便や、那覇~札幌千歳便が修行僧御用達の路線になっています。

②予約クラス・運賃種別ごとの積算率

予約クラスは国際線利用時に、運賃種別は国内線利用時に考えるべき要素です。

<予約クラス(ANAグループの場合)>

ざっくり言うと、予約クラスは
「ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラス」
に分かれています。

例えば、区間基本マイレージが5000の便に搭乗する場合、
・ファーストクラス利用→5000×150%
・プレミアムエコノミー利用→5000×100%
が積算されます。

従って、利用クラスが上であるほど積算率は高くなります。

と、乱暴に説明するとこんなところになります。しかしSFC修行僧としては、この理解では不十分です。

実際には予約クラスはもっと細かく分かれており、SFC修行をする場合はこの細かい予約クラスを理解しなければなりません。

f:id:milekozou:20170329215352p:plain
ファーストクラスには予約クラスがF、Aの二つありますが、どちらも積算率は150%で同じです。
従って、ファーストクラスを利用する場合、安ければ安いほどPP獲得の面ではお得ということになります。
(もっとも、ファーストクラスの航空券を有償で購入する余裕があれば、PPをできるだけ安く買おうと躍起になる必要もないのかもしれませんが…(笑))

f:id:milekozou:20170329215402p:plain
ビジネスクラスは、積算率が150%、125%、70%の3段階に予約クラスが分かれています。

例えば区間基本マイレージが5000の便を利用する場合、
・Cクラスで利用→5000×125%
・Pクラスで利用→5000×70%
と、この後の③と④計算を含めたとしても積算ポイントに大きな差が出ます。

一般には、価格の安い運賃ほど積算率の低い予約クラスになります。従って、価格と積算率とのバランスを検討して航空券を購入する必要があるのです。

例えば、ビジネスクラスを利用するツアーパックだと旅費は安くなりますが、積算率が70%であることがよくあります。

どれだけ安く航空券を買えたとしても、積算率が低ければ獲得PPも下がるので、何度も修行フライトを重ねなければなりません。
一方、回数少なく解脱したい場合は、一度に獲得するPP数を増やすために積算率の高い運賃を選ぶ必要があるため、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。

f:id:milekozou:20170329215410p:plain
プレミアムエコノミーはどの予約クラスでも積算率100%です。

従って、プレミアムエコノミーを利用する場合は安ければ安いほどPP獲得の面でもお得だということになります。

f:id:milekozou:20170329215416p:plainエコノミークラスは、予約クラスによって積算率が大きく変わります。

ビジネスクラスの場合と同様、安い運賃ほど積算率が低い傾向にあるため、値段だけで運賃を選ばないよう、しっかりと検討することが必要です。

ANAグループではなく他のスターアライアンスの便を利用する場合はルールが異なりますが、それは追々説明することにします。

<運賃種別>

運賃種別は主に国内線に大きく関係する要素です。

国内線を利用するときの運賃によって、積算率が変わります。

f:id:milekozou:20170329234803p:plain
国内線には
・プレミアムクラス
・普通席
の2つのクラスがあります。

プレミアムクラスの場合
・積算率150%=おもに普通運賃
・積算率125%=おもに割引運賃
の分け方がなされています。

プレミアムクラスは積算率が高いため、修行僧は安い運賃でプレミアムクラスに乗れる便を目を光らせて探しています。
しかしプレミアムクラスの普通運賃は高額なので、修行僧はほとんど使いません。
修行僧の多くはプレミアム旅割28、プレミアム株主優待割引運賃をよく使います。

普通席は、積算率が50%~100%と幅があります。

一般的によく使われる運賃である旅割は積算率75%なので、一度に獲得できるPPは少なくなります。
しかし旅割は運賃がとても安いので、回数を重ねることさえ厭わなければ、路線によっては効率の良い修行が可能です。

③路線倍率

f:id:milekozou:20170329235923p:plain

①の区間基本マイレージに②の積算率をかけたあと、この路線倍率を更にかけ算します。

先ほどの予約クラス・運賃種別は複雑でしたが、路線倍率は単純です。

国内線利用の場合は一律2倍です。

一方、国際線は
・ANAグループのアジア・オセアニア路線→1.5倍
・ANAグループのその他の地域の路線、スターアライアンスパートナー便→1倍
となります。

ということは、欧米など区間基本マイレージ数の大きい路線よりも、アジア・オセアニア路線のほうが倍率が高いので、獲得PPも高くなる傾向にあります。

従って、SFC修行ではアジア・オセアニア路線の利用が人気になるのです。

私も、国際線ではアジア・オセアニア路線だけで修行フライトを組んでいます。

④搭乗ポイント

利用する運賃種別・予約クラスによっては、搭乗ポイントが与えられます。

これも安い運賃で航空券を購入すると搭乗ポイントが低くなる傾向にあるので、獲得PPと運賃とのバランスを検討する必要があります。

f:id:milekozou:20170330000356p:plainf:id:milekozou:20170330000404p:plain

PP計算の例

すこしPPの計算の例を紹介しましょう。

(ちなみに、下の2つの画面はANAホームページにあるシミュレーション機能を使っています。
ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション
ここで国内線・国際線とも獲得PPが確認できるので、是非利用してみてください。)

羽田→沖縄便をプレミアム旅割28で利用すると…

f:id:milekozou:20170330000859p:plain

獲得PPは3,352になります。

一方、同じ羽田→沖縄便を旅割で利用すると…

f:id:milekozou:20170330000943p:plain

獲得PPは1,476と少なくなります。

さて、ここまで獲得PP数について紹介してきましたが、どれだけたくさんPPを稼げたとしても、その航空券があまりに高かったら、効率の良い修行ができたとは言えません。

そこで、修行効率を考える上でも重要になる「プレミアムポイント単価(PP単価)」について紹介します。

修行効率を考える上で必須の考え方「PP単価」

PP単価(プレミアムポイント単価とは)

PP単価とは、1PPあたりいくら支払ったのかを表す指標です。

非常に単純な例で説明しましょう。

【ケース1】
「15000円で購入した航空券で搭乗し、1000PP獲得した」場合、
「PP単価=15000円 ÷ 1000PP =15円/PP」
となります。

【ケース2】
同じPPが獲得できる航空券をより安く購入できた場合を考えてみましょう。
「10000円で購入した航空券で搭乗し、1000PP獲得できた」場合、
「PP単価=10000円 ÷ 1000PP = 10円/PP」
となります。

航空券代 獲得PP 計算式 PP単価
ケース1 15,000円 1,000PP 15,000÷1,000 15円/PP
ケース2 10,000円 1,000PP 10,000÷1,000 10円/PP

獲得PPが同じ場合、安く搭乗した方がPP単価は下がります。PP単価は低ければ低いほど、支出が少なくなるので経済的には効率の良い修行となります。

従って、SFC修行僧はなるべくPP単価が低くなるように修行日程を組みます。

修行日程を組むときの心がけは、
「なるべく多くのPPを、なるべく安く獲得できる路線・便を探す」
ということになるのです。

PP単価の良い路線・便は自分で探すしかない

ANAの公式HPでPP単価の良い路線や便をお知らせしてくれたら修行フライト計画を立てるのがラクなのですが、もちろんそんなことはしてくれません。
原則として、自分でPP単価効率の良い路線・便を探すしかないのです。

ただ、先人ブロガーの皆さまがたくさんヒントを記してくださっているので、それを参考にして情報を仕入れることは可能です。
(私も修行フライトを選ぶ際にはかなりお世話になっています。)

PP単価効率の良い路線についての私の知識は、先人ブロガーの皆さまには遠く及びませんが、理解している範囲で修行僧におすすめのフライトを紹介していきたいと思います。

今回はここまでにします。

次回は、修行効率の良い、つまりPP単価の良い国内線の便について紹介しています。

こんにちは、マイル小僧です。 この写真は、羽田⇒高松便を利用した際、離陸直後に撮った写真です。羽田空港って、やっぱり大きいですね…。 (ちなみに今回の投稿で触れるP

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。