ANA国内線割引航空券を発売日より前に安く買う方法(ANA Discover JAPAN Fare)

スポンサーリンク

この1月末に、3月31日~10月26日分のANA国内線航空券(ANA SUPER VALUE 75/55/45/28/21→ここでは「セール運賃」と呼ぶことにしたい)が発売開始となった。

10連休になったとして話題になったGWや、7月の3連休、お盆休み期間中のセール運賃はあっという間に売り切れたり、価格が高騰した。計画していた旅行自体を取りやめた方もいらっしゃるのではないだろうか。

「せっかく旅行に行こうと思ったのに、思っていた飛行機が予約できなかった」「気付いたらとんでもなく高くなってしまっていた」という経験を持つあなたのために、この記事ではANA国内線の割引航空券を一般発売日よりも前に、しかも安く購入する方法を紹介したい。

ANA国内線航空券の発売日について

高くても良いなら355日前から購入可能

2018年10月28日搭乗分以降、ANAの国内線運賃が新しくなり、国内線航空券が搭乗日の355日前から購入できるようになった。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/special-info/fare2018/

ところがこの運賃は非常に高く、よほどの理由がない限り、プライベートで使うのはためらわれる。

従って実質的には、「ANA SUPER VALUE ●●」と呼ばれるセール運賃の発売日を待って、希望の航空券を購入することになるだろう。(●●には数字が入る。)

ANA SUPER VALUE ●●の発売日について

上級会員が先行予約、その後に一般発売開始

セール運賃「ANA SUPER VALUE ●●」の発売日は1年に2回設定される。ところがこの発売日には、会員のステイタスによって優先順位が設けられており、ANAを頻繁に利用している会員は「先行予約」という形で一般発売日よりも早く航空券を購入できる。

つまり、一般の利用客は上級会員の後に航空券を買い求めることになる。大型連休などの繁忙期の場合、一般発売が開始された時点で既に希望の航空券が売り切れてしまっていることもめずらしくない。

上級会員としてはありがたいサービスではあるが、一般会員としてはせっかく旅行に出かけようとしているのに、何ともつまらない話に思えてくるだろう。

これから紹介する方法は、そのようなANA上級会員よりも先に割引航空券を購入できる方法である。

割引航空券を発売日よりも前に購入する方法

ANA Discover JAPAN Fareを利用する

通常のANA公式HP(日本在住者向け)では購入しない

通常、ANAの国内線航空券を購入する際には、ANAの公式サイトを利用する。当然ながら、日本国内でこのサイトにアクセスすると、日本人向け・日本滞在者向けのページが表示されるが、
今回紹介する購入方法はこのページを利用しない。利用するのは下記ページである(ANAの公式サイトなので安心して欲しい)。

https://www.ana.co.jp/ja/us/book-plan/fare/special/discover-japan.html

ANAが公式に設定しているANA Discover JAPAN Fareという運賃で購入するのだ。上記URLは、ANA Discover JAPAN Fare運賃で購入するための入口となるページである。

搭乗日の355日前から購入可能な割引運賃

このANA Discover JAPAN Fareは、搭乗日の355日前から購入可能な運賃であり、次の2種類の運賃に分かれている。

予約期間値段
SUPER
VALUE
355日前
~30日前
安い
VALUE 355日前
~7日前
↑よりは高い

ANA Discover JAPAN Fareのうち、特にSUPER VALUE運賃が日程によっては非常に安く、通常の国内線セール運賃の半額以下で航空券が手配できるケースすらあるのだ。

海外在住者向けの運賃だが、日本在住者でも公式に購入可能

このANA Discover JAPAN Fareは、その名称から推察されるように海外在住者向けの運賃である(直訳は「日本発見運賃」)。

まるで日本人だと購入できないような名称になっているが、ANA公式ページ上で、日本人・日本在住者でも利用することが公式に認められている

「日本以外のANAウェブサイト、日本国外のANA各支店や旅行会社でご購入いただける日本国内線運賃です」

https://www.ana.co.jp/ja/us/book-plan/fare/special/discover-japan.html

要は、日本の国内線に乗るための航空券を、国際線として手配するというカラクリになっているのだ。

ANA Discover JAPAN利用時の注意

必ずしも国内サイトでの運賃より安いわけではない

ANA Discover JAPAN Fareは、便によっては国内サイト(通常利用するANAホームページ)での運賃よりも高いケースがあるため、購入前に国内サイト上の運賃と比較する必要がある。特に、セール運賃「ANA SUPER VALUE ●●」が発売されている日程の場合は、比較チェックは必須だ。

空席待ちはできない

通常のANA国内サイトでの予約は、空席待ちの申込をすることができる。一方で、このANA Discover JAPAN Fareは予約と同時に決済することが前提のため、空席待ちをすることはできない。

ただし、搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合には、(空席待ち扱いで)予約便より前の同一区間の便に搭乗できる。これは嬉しい。「早く空港に着いちゃったから、早い便にしてもらおう」という柔軟な対応をしていただけるということだ。

予約変更・予約取り消しができない

ANA Discover JAPAN Fareでは、原則として予約変更・予約取消ができない。日程がしっかりと決まってから購入することをお勧めする。

プレミアムクラスの予約はできない

ANA Discover JAPAN Fareにはプレミアムクラスの設定がない。(購入はできるが、非常に高い価格での購入となる。)

プレミアムクラスを利用したい場合は、国内サイトでの発売日を待って購入するのが賢明だろう。

ただし、搭乗日当日に出発空港のチェックインカウンターにて現金・アップグレードポイントを使用してのアップグレードは可能である。

スキップサービスの利用不可。チェックイン手続が必要

空港でカウンター・チェックイン機に立ち寄らずに保安検査場へ直行できる「スキップサービス」は利用できない。出発空港のチェックインカウンターまたは自動チェックイン機で搭乗手続をする必要がある。

安い分、マイルの積算率が低い(SFC修行には不向き)

ANA Discover JAPAN Fareの安い運賃で搭乗した場合、マイルの積算率は30%であることが大半だ。国内サイトで手配したセール運賃「ANA SUPER VALUE ●●」に比べ、半分以下しかマイルが貯まらないのだ。

ブッキング
クラス
KV / SQB
積算率30%50%70%100%

したがって、マイルを貯めるために飛行機に乗る方、SFC修行をする方には不向きの運賃だ。

ANA Discover JAPAN Fareの購入方法

(1)ANA Discover JAPAN Fareのページにアクセスする

先ほど掲載したURLにアクセスすると、「空席照会・予約はこちら」という部分があるので、そこで希望の航空券を検索する。ここでは試しに、まだ国内線のセール運賃(ANA SUPER VALUE ●●)としては発売が始まっていない11月に【羽田~高松】を往復する航空券を検索してみよう。

(2)検索結果を確認し、希望の便を選択する

ここから先は、ANAの国際線を購入する機会の多い方にとって見慣れた画面だと思う。先ほどの検索結果から希望の便を選択し、画面を進める。初めての利用でもそれほど手間取らないはずだ。

海外在住者向けの運賃なので、運賃は米ドルで表示されているが、クレジットカードで支払う限り困る点はない。
往路・復路の便を選択すると、右下の「次へ」がクリックできるようになる。便によって価格は異なるが、この画面では、3列に並ぶ運賃のうち一番左のSUPER VALUE(ANA Discover JAPAN)が最安になる。
自分の手配内容を確認して画面を進める。
これ以降は、搭乗者の氏名・連絡先や座席の指定、支払情報の入力を行い、購入を完了させる。

通常の国内線予約とは画面の構成が異なるが、運賃がドル表記で見慣れない以外に、特に不便な点はないだろう。

ただし、便を選択する画面で、「Super Value (ANA Experience JAPAN)」が出てきた場合は要注意だ。

この赤枠で囲んだ運賃は「ANA Experience JAPAN」運賃で、「ANA Discover JAPAN」とは異なる。

このANA Experience JAPAN運賃は、ANA Discover JAPAN Fareとは異なる運賃で、日本在住者は利用できない。ただ、これを選択した場合は、次の画面に進むときに警告が表示される。注意して購入していれば誤ることはないだろう。

(3)予約・購入する

ANA Discover JAPAN Fareは、予約と同時に購入する必要がある。運賃はドルで表示されているが、クレジットカードを利用すれば問題なく購入できる。

ちなみに、同日同便を国内サイトから購入すると、次の画像のようになる。次項で、両者の運賃を比較してみよう。

ANA Discover JAPAN Fareと国内線運賃との比較

さて、ANA Discover JAPAN Fareと国内サイトでの運賃を比較してみよう。ドル表記されている運賃は、2019年2月9日時点の為替レートで円に直してある。

ANA Discover
JAPAN
国内サイト
羽田~
高松往復
20,608円40,580円19,972円

まだセール運賃が発売されていない期間なので、国内線運賃は非常に高い。上表のとおり、ANA Discover JAPAN Fareと通常の国内サイトとの運賃差は19,972円と、かなり大きく開いた。ANA Discover JAPAN Fareの威力がお分かりいただけるだろうか。セール運賃の発売日を待たずして、これだけ安く国内線航空券が手配できるのである。

ANA Discover JAPAN Fareの使いどころ

大型連休の航空券予約

使いどころとしては、やはり大型連休の航空券予約だろう。大型連休の航空券の場合、国内サイトでのセール運賃一斉発売日を待っていると、希望の便が発売開始の瞬間からあっという間に埋まってしまうというケースが少なくない。

例えば、本記事投稿時点(2019年2月時点)ではまだ一斉発売日を迎えていない年末年始の航空券料金を調べると、以下のような結果となった。(特に需要の多そうな12/28~1/4で検索してみた。)

ANA Discover
JAPAN
国内サイト
羽田~
高松往復
39,333円49,980円10,647円

ANA Discover JAPAN Fareの優位性がお分かりいただけると思う。一斉発売日を待てばこれよりも安い運賃が出る可能性はあるが、先んじて購入しておくのも手だろう。(ちなみに同区間は、セール運賃であっても年末年始には片道20,000円を超えることが大半なので、一斉発売前に手を打つのが有力な選択肢になる。)

都心~田舎路線の1ヶ月以内の予約

田舎に住んでいて感じるのは、出発1ヶ月(特に21日)を切ると航空券の値段が一気に上がることである。

例えば、出発まで約10日となった羽田~高松便(片道)の最安便運賃を比較すると下表のようになり、ANA Discover JAPAN Fareの方が安いことが分かる。

ANA Discover
JAPAN
国内サイト
羽田→高松20,441円24,790円4,349円

ANA Discover JAPAN Fareは、出発30日前までの購入が特に安くなるケースが多いが、それを逃しても出発7日前までは安く航空券を購入できることが多くある。田舎と都心との往復で、セール運賃を逃してしまった場合は、ANA Discover JAPAN Fareを検索してみるとおトクな航空券が見つかるかもしれない。

復路の出発時間の見通しが立ちにくい場合の予約

ANA Discover JAPAN Fareで航空券を手配した場合、搭乗日当日、出発空港にて空席がある場合には、(空席待ち扱いで)予約便より前の同一区間の便に搭乗できる。従って、復路の現地発時刻が曖昧な場合、

「ひとまず最終便をANA Discover JAPAN Fareで予約しておき、空港に着き次第カウンターで早い便に変更してもらう」

といった対応が可能だ。(もちろん、空席がある場合に限って便変更が可能だという条件付きにはなるが…。

スポンサーリンク

まとめ

ANA Discover JAPAN Fareは、国内サイトでのセール運賃一斉発売日よりも前にANA国内線航空券を安く手配できる有力な方法である。

また、国内サイトでは値上がりしてしまった国内線航空券も、ANA Discover JAPAN Fareだと安く手配できることがある。

出発空港で先発の便に変更することができるという柔軟性も、国内サイトの割安運賃では(株主優待運賃を除いて)なかなか見られないメリットである。

空席状況によっては国内サイトよりも航空券が高額なことがあるという不安定さや、マイルが貯まりにくい・スキップサービスが使えないなどの不便さはあるが、それを考えても魅力的な運賃だと思うので、ぜひ活用していただきたい。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください