読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

【陸マイラー】基本中の基本、ハピタスでマイルを稼げ!【小遣い稼ぎ】

こんにちは、マイル小僧です。

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ハピタス」について紹介します。

このハピタスは陸マイラーが飛行機に乗らずにマイルを稼ぐ基本となるポイントサイトです。

登録がまだの方は、早めに登録してマイルを稼ぎましょう。
登録は当ページ右のバナーから可能です。

なお、当サイトでは他にもポイントサイトについて紹介しております。
ご興味がございましたら、本投稿末尾の関連記事、または本ページ右側の「ポイントサイトの使い方」のリンクをご覧ください。

 

ハピタスとは

ポイントサイトのカラクリ

ハピタスに登録してサイトにアクセスすると、様々な広告が掲載されています。

f:id:milekozou:20170327201009p:plain

例えばこんな感じです。この「ポイントを貯める」ボタンを押して楽天市場のページに入り、買い物をすると、買い物金額の1%にあたるポイントが利用者に還元されます。
(楽天の案件は還元率が低いですが、もっと還元ポイント数が多い案件がたくさんあります。)

では、なぜここを経由するだけで我々利用者にポイントが入るのでしょうか?

まず、我々利用者がハピタス上の広告をクリックしてそのまま商品を購入すると、商品販売者(つまり広告を出している会社、広告主)の売上が上がります。
売上が上がったのは、ハピタスが広告を貼ってくれていたからです。従って、広告主はハピタスに対して売上の一部を還元します。するとハピタスも利益を出すことができます。
ハピタスが利益を出すことができたのは、我々利用者がハピタスの広告を経由したからです。そこで、ハピタスからポイントという形で謝礼が出されるのです。

従って、立派にお金の流れが形成されているわけです。経営がしっかりとしたポイントサイトであれば、闇雲に危険視する必要はありません。
このハピタスは利用者数が特に多く、母体は比較的しっかりしています。
(なるべく、利用者数の多いポイントサイトを優先的に利用するようにしてください。)

ハピタスの広告を経由すると…(例)

例を使って説明していきます。

下の画像は、ハピタスのトップ画面です。広告が並んでいるのがお分かりいただけると思います。この広告をクリックして商品を利用すると、ハピタスからポイントがもらえるのです。

f:id:milekozou:20170503194909j:plain

今回は、この画像の下で少し見切れている「みんなdeポイント」の案件を利用する場合を例に説明します。画面を少しスクロールして、

f:id:milekozou:20170503194953j:plain

「開催中の商品/サービスをもっと見る!!」をクリックすると、次のページに飛びます。

f:id:milekozou:20170503194920j:plain

今回はこの広告の中で、青枠で囲った「注文住宅の無料一括資料請求サイト」の案件を利用することにします。この広告をクリックすると次のページに飛びます。

f:id:milekozou:20170503195016j:plain


この「参加する」をクリックすると、広告主のサイトに飛びます。その画面上で無料一括資料請求を完了させることで、ハピタスのポイントが1,500ポイントもらえるのです。

広告を利用する際は「ポイント獲得条件」をしっかりと見ておく必要があります。

f:id:milekozou:20170503195025j:plain

今回の広告を利用する場合は、
・資料が返送されない、音信不通、イタズラ、虚偽など
・明らかに興味がない人からの問い合わせ
であると広告主に判断された場合、ポイントは付与されません。

通常、広告を利用すると、ポイント付与が認められるまで「判定中」のポイントとして通帳に仮計上されます。この「注文住宅の無料一括資料請求」については、申込後1日以内に通帳に仮計上されます。)
その後、利用者がポイント獲得条件を満たしていることをハピタスが確認できると、1,500ポイントが実際に加算されます。その確認に60日程度かかると記されています。

判定中のポイントは通帳でこのように記録されます。

f:id:milekozou:20170503195034j:plain

判定の結果、ポイント獲得条件を満たしていることが確認されると、「判定中」が「有効」の表記に変わり、

実際にポイントが加算されます。

f:id:milekozou:20170503195045j:plain

これは私の通帳ですが、証券会社の案件で大量のポイントを獲得していることがお分かりいただけるでしょうか。1P=1円の価値なので、一度に14,000円のポイントを獲得している案件もあるのです。

ハピタスのポイントの価値と使い方

使い方の一般的な話

ハピタスのポイントは【1ポイント=1円】の価値となっています。

獲得したポイントは
①現金に交換(指定口座への振り込み)
②ギフト券に交換
③他社ポイントに交換
④プリペイドカードに交換
⑤電子マネーに交換
という主に5通りの使い方があります。

これが交換先選択の画面です。左の赤枠の中が交換先の選択肢です。

f:id:milekozou:20170503195059j:plain

この画面では、交換先の中で「ドットマネーギフトコード」選択している状態です。

ハピタスのポイントをANAマイルに変えよう(非陸マイラー編)

ハピタスのポイントをANAマイルに交換する場合は、先ほどの中で「③他社ポイントに交換」という使い方をします。
他社ポイントへの交換先としては、「ドットマネー」を利用するのが一般的です。

「ドットマネー(.money)」はポイントの通り道として利用します。従って、ドットマネーに会員登録(無料)する必要があります。

今、ハピタスのポイントが10,000ポイント貯まった場合を考えてみましょう。

ハピタス10,000ポイントをANAのマイルに交換するルートをポイ探というサイト検索すると、次のようになります。
(ポイ探:http://www.poitan.net/

f:id:milekozou:20170503195106j:plain

「ハピタス」⇒「.money」⇒「東京メトロポイント」⇒「ANAマイル」という交換ルートをたどります。

これで、
【ハピタス:10,000ポイント ⇒ ANA:6,000マイル】
になることが分かりました。

陸マイラー必須のルート「ソラチカルート」で交換率が劇的に上がる!

陸マイラーがハピタス10,000ポイントをANAマイルに交換する場合、次のようになります。

f:id:milekozou:20170503195122j:plain

交換ルートは先ほどと同じ
「ハピタス」⇒「.money」⇒「東京メトロポイント」⇒「ANAマイル」
ですが、最後の「東京メトロポイント⇒ANAマイル」の交換率が大きく異なります。

同じ10,000東京メトロポイントが、
・非陸マイラーの場合⇒6,000マイル
・陸マイラーの場合 ⇒9,000マイル
と、3,000マイルもの差が発生しています。

この差はなぜ生まれるのでしょうか?
キーワードは「ソラチカルート」です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を保有していると、東京メトロポイントとANAマイルの交換比率が、
・通常のTo Me CARD⇒10:6
・ソラチカカード ⇒10:9
と優遇されます。これを利用するのが「ソラチカルート」です。

ソラチカルートを利用するには、ソラチカカードを保有するしかありません。従って、ソラチカカードは陸マイラーにとって必携のアイテムなのです。

ソラチカカードは年会費が2,160円発生しますが、
・ソラチカルートが利用できる点
・毎年ボーナスマイルとして1,000マイルがプレゼントされる点
を踏まえれば、年会費以上のメリットを享受できます。(1,000マイルをANA一般カード支払いで手に入れるためには、10万円以上の決済が必要です。)

 陸マイラーを目指している人は、ぜひ発行するべきだと思います。

私も実践、ソラチカルートで毎月18,000マイル獲得

このソラチカルートを利用すると、毎月最大18,000マイル加算が可能になります。

次の画像をご覧ください。

f:id:milekozou:20170330104930p:plain

f:id:milekozou:20170330104939p:plain

f:id:milekozou:20170330104945p:plain

f:id:milekozou:20170330104953p:plain

こんな感じで、毎月18,000マイルを獲得しています。

普通の暮らしをしている私でも、このように大量のマイルを獲得することが可能なのです。

18000マイルを1年間毎月獲得できれば、18000×12=216000マイルを手に入れることが可能になります。

このソラチカルートの威力は強烈です。

なお、私はソラチカカードとANAワイドゴールドカードの2枚持ちです。その考え方については下記投稿で説明していますので、あわせてご覧ください。

ハピタスの使いどころ

もし案件を探すのが面倒であれば、以下の2つ「みんなdeポイント」と「ハピタスセレクション」だけでもチェックしておきましょう。

みんなdeポイント

上の例で説明した「みんなdeポイント」は、期間限定のポイントアップ案件が並ぶので、効率よくポイントを稼ぐにはもってこいです。

3日おき、あるいは6日おきに案件のラインナップが変わるので、数日に1回は内容をチェックし、自分にとって使いやすそうな案件がある場合には、早いうちに利用するのが得策です。
同じ広告でも、みんなdeポイントでのポイントセール期間中と、セール期間外では獲得できるポイントが大きく異なります。

ハピタスセレクション

これはハピタスのトップ画面を下にスクロールしたものです。

f:id:milekozou:20170503195135j:plain


青枠で囲んだ「ハピタスセレクション」も期間限定のポイントアップセールなので狙い目です。
同じ広告であっても、セレクションに上がっている期間と上がっていない通常の期間とでは獲得ポイントに大きな差があります。ここもみんなdeポイントと一緒にチェックしておきたい場所です。

登録はこちらから可能です(ポイントプレゼントあり)

ポイントサイトの利用は陸マイラーの基本です。乗らずに、お金をかけずにマイルを貯めるには、この方法がベストです。特に、ハピタスは陸マイラーとしては必須のツールです。私もハピタスで獲得したポイントをマイルに交換して、SFC修行をしています。
(SFC修行とは、ANAの上級会員ステイタスを永久に維持することのできるカードを発行するために飛行機に乗りまくることです。SFCについて詳しくはこちら↓)

 

仮に陸マイラーでなかったとしても、ハピタスの広告利用だけで海外往復できるだけのマイルが獲得できます。これまで「陸で貯める」という視点がなかった方にも強くオススメできる方法です。

登録はこちらのリンクバナーから可能です。
ここから登録いただくと、30ポイントがプレゼントされますので、ぜひご利用ください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ポイントサイト関連記事

ポイントサイトの一般的な話

他のポイントサイトについての話

モッピーの使い方とポイント交換方法

モバトクの使い方とポイント交換方法

ちょびリッチの使い方とポイント交換方法

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ