那覇空港でのANA国際線チェックインと成田空港での乗り継ぎの様子

このページでは、SFC修行でシンガポールに行く際に経験した

  • 那覇空港での国際線チェックイン
  • 那覇空港→成田空港ANA2158便の搭乗
  • 成田空港での国際線への乗り継ぎ

について紹介します。

SFC修行でOKAタッチを考えている方、成田空港での乗り継ぎが不安な方はぜひご覧ください。

シンガポールSFC修行のフライト計画

今回のシンガポールSFC修行のフライト計画はこちらです。

シンガポールのマリーナベイ・サンズ

SFC修行でシンガポール修行。ANAプレエコ&ホテル宿泊の実際を解説。

2017年4月10日

※表が途中で切れている場合は、横にスクロールしてご覧ください。

空港 空港 便名 クラス 運賃 PP P単価
8:00 関西 10:35 那覇 NH1731 プレミアム 28,300 2,247 12.59
11:55 那覇 14:20 成田 NH2158 普通席 119,880 1,968 8.17
16:50 成田 23:25 シンガポール NH803 プレエコ 5,368
10:55 シンガポール 18:30 羽田 NH842 プレエコ 5,368
20:05 羽田 22:45 那覇 NH479 普通席 1,968
13:10 那覇 16:15 新千歳 NH1694 プレミアム 38,850 3,892 9.98
20:30 新千歳 22:10 羽田 NH082 プレミアム 26,040 1,675 15.55
12:05 羽田 13:25 高松 NH535 プレミアム 20,490 1,285 15.95
TOTAL 233,560 23,771 9.83

那覇空港で国際線チェックインは時間に余裕を持って!

チェックインカウンター・手荷物カウンターは大混雑

那覇空港3階のカウンターで旅作の国際線チェックインを行います。

国際線を利用する場合、出発時間の24時間前になるとANAのホームページ上でオンラインチェックインをすることが可能です。オンラインチェックインをすればカウンターに並ぶ必要なくそのまま保安検査場へ行けるのですが、紙の搭乗券が欲しかったのであえてオンラインチェックインせず、カウンターで発券していただきました。

国際線手続カウンターに向かうと、大行列…。

那覇空港のチェックインカウンター

行列に並んでいる人の中には外国人も多くいました。自分と同じ那覇⇒成田便を利用して、そのまま国際線で帰国するようです。

20分ぐらい並んでようやく発券できました。

ちなみに、同じ時間帯のプレミアムメンバー用チェックインカウンターの状況はこちら。ガラガラです。

那覇空港のチェックインカウンター

これがANA上級会員になるメリットですね。このメリットを享受するためにスーパーフライヤーズカードを取得しようとSFC修行に走っているわけです(笑)

なお、旅作でプレミアムエコノミーを利用すると、国内線区間は普通席で予約されます。

私はまだ一般会員なので、普通席を利用する場合はANAラウンジは利用できません。従って、搭乗時刻までは通常の待合席で待機する必要があります。

ANA那覇⇒成田2158便の様子

外国人だらけ!これは本当に国内線か??

ANA2158便(那覇→成田)
  • 区間:那覇(11:55)→成田(14:20)
  • クラス:普通席
  • 獲得PP:1,968PP(国際線航空券の国内線区間)

保安検査場を通過してそのまま搭乗口に向かいました。搭乗口前の様子はこちらです。

那覇空港のANA搭乗口

少し分かりにくいかもしれませんが、ほとんどが外国人でした。

アメリカ軍基地が沖縄県内に多いからでしょうか?アメリカのパスポートを持っている人が多かったように思います。そのまま成田から国際線に乗り継ぐようでした。普通の国内線の雰囲気とは違って、楽しかったですよ。

ダイバートの可能性アリ??

この日関東では強風が吹いていたため、出発時刻1時間前までは「天候調査中」の表示がなされていました。

私は天候調査の結果が出た後に保安検査場を通過しましたが、そのときに受け取った保安検査証にこんな記載が…。

ANA搭乗券

「強風のため東京/成田空港に着陸出来ない場合は、東京/羽田空港または名古屋/中部空港に向かう可能性もございます」と。

このように到着予定空港以外の空港に向かうことを「ダイバート」と言います。

今回のフライト計画では、成田空港14:20着⇒成田空港16:30発でシンガポール便に乗り継ぐ予定だったので、ダイバートになるとシンガポール便には間に合いません。
とても落ち着いていられませんでしたが、パイロットを信じて2時間20分のフライトに臨みます。

これまで経験したことのない揺れの後、成田に着陸

着陸態勢に入ったとき、成田への着陸を試みる旨、操縦席から機内放送で案内がありました。

雲の下に抜けると、ものすごい砂嵐でした。成田空港に着陸できるかどうかよりも、むしろ飛行機の安全を心配してしまうほどの揺れがずっと続きます。

自分の座席周辺に座っていたアメリカ人もガヤガヤと会話しながら心配しています。”It’s scary.”と。

揺れに揺れた後、無事着陸に成功しました。機内では拍手が起こります。機内で拍手が起こるなんて初めてでした(笑)

成田空港での国際線への乗り継ぎと出国手続き

成田空港では沖止め、ターミナルまでバス移動

成田空港での国際線への乗り継ぎについてはこちらのページで解説しています。

成田空港で国内線から国際線へ乗り継ぎ!最短経路と所要時間・乗り継ぎ時間について写真つきで丁寧に解説。

2017年5月12日

成田空港到着後、飛行機はターミナルには入らず、沖止めとなりました。従って、飛行機からターミナルまではバスで移動します。

成田空港での国際線への乗り継ぎ経路成田空港での国際線への乗り継ぎ経路

ターミナル到着後、国際線乗り継ぎの案内表示に従って移動すると、歩いて1分弱で国際線乗り継ぎ施設に到着しました。

成田空港での国際線への乗り継ぎ経路成田空港での国際線への乗り継ぎ経路成田空港での国際線への乗り継ぎ経路

国内線からの乗り継ぎ客専用に通路・出国審査カウンターが設置されています。ただ、カウンターは4~5個しかありません。

バスに乗り込んですぐのタイミングでドアが閉まり、ターミナル到着後一番にバスから降りることが出来たので、出国審査カウンターには一番早く辿り着きました。出国審査を終えて後ろを振り返ると大行列が出来ていたので、かなりラッキーでした。

乗り継ぎにかかった時間は、トータルで10分程度。バスがターミナルに到着してから出国までは1分ぐらいしかかかりませんでした。

これはかなり運がいい方で、

  • ターミナル連絡バスの走行時間
  • 乗り継ぎ専用施設の混雑状況

で所要時間は大きく前後します。

詳細はこちら。

成田空港で国内線から国際線へ乗り継ぎ!最短経路と所要時間・乗り継ぎ時間について写真つきで丁寧に解説。

2017年5月12日

成田空港の国際線乗り継ぎ専用施設利用時の注意

国内線から国際線に乗り継ぐ場合、出国審査場に直結するこの通路はとても便利です。

しかし、ここで出国審査を終えてしまうと、成田空港の制限エリア外には戻れません

従って、モバイルWi-Fiのレンタルをしている場合など、成田空港の出発ロビーに用件がある場合には、そのまま出国審査場へ行かずに、一度到着口から外に出る必要があります。十分に注意してください。

少し短いですが、今回はここまでにします。

次回は成田空港でのラウンジ利用の様子についてお伝えします。

関連記事

続編はこちらです。

ANAプレミアムエコノミーの座席

プレミアムエコノミーは快適だったか?実際に受けたサービスを紹介!【シンガポールSFC修行記(4)】

2017年4月17日

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

おすすめの関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください