(数量限定)ちょびリッチ経由でエムアイカードを発行・利用すると、10,890ANAマイル分のポイントがもらえます!

スポンサーリンク

ちょびリッチが数量限定でエムアイカードの案件を出しているので、紹介したいと思います。

キャンペーン内容を簡単にまとめると、

ちょびリッチ経由でエムアイカードを発行し、1,000円以上利用すると、22,240ちょびリッチポイント=10,890ANAマイル(ソラチカルート利用)がもらえる

というものです。

ちょびリッチとは

陸マイラー御用達のポイントサイトです

ちょびリッチは、陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを稼ぎ、タダで飛行機に乗る人)が多く利用するポイントサイトの一つです。

ポイントサイトについてはこちらの記事で解説しています。

こんにちは。マイル小僧です。 今回は、私が現在実践しているANAマイルの貯め方を紹介します。 その中でも、特に「ポイントサイトで貯める」という方法を詳しく解説しています

ちょびリッチについてはこちらの記事で解説しています。

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ちょびリッチ」の使い方と、ポイント交換方法について紹介します。 (※長い記事ですが、長いのは画像が多いためで

今回のエムアイカード発行・利用案件について

概要

ポイント獲得までの流れを簡単に確認すると、

  1. ちょびリッチに登録する
  2. ちょびリッチからエムアイカードのページを検索し、ちょびリッチからエムアイカードのページにアクセスする
  3. エムアイカードのページでカード発行を申請する。
  4. カードが発行されたら、翌月末までに1,000円以上利用する。
  5. ちょびリッチに22,240ポイント=10,890ANAマイル分のポイントが加算される。
    (※「10,890マイル」は、ソラチカルート(ちょびリッチ→.money→東京メトロ→ANAマイルというポイント交換経路)を利用した場合の換算値です。)

では、順番に見ていきましょう。

1.ちょびリッチに登録する

ちょびリッチに会員登録していない場合は、会員登録からスタートする必要があります。会員登録にあたって、費用は全く発生しません。

ちょびリッチで貯めたポイントは、マイルに交換できるのはもちろんのこと、現金やその他のポイントにも交換することができます。

詳細はこちらの記事で説明しています。

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ちょびリッチ」の使い方と、ポイント交換方法について紹介します。 (※長い記事ですが、長いのは画像が多いためで

ちょびリッチへの登録は簡単に終わるので、今回のエムアイカード発行案件の利用を機に会員登録するのも良いかもしれません。

ちなみに本キャンペーンで10,890マイルを獲得すると、ハイシーズン(繁忙期)であっても、東京~那覇、福岡~札幌などのANA国内線の片道航空券を無料で手配できます。今回のキャンペーンはそれぐらいの破壊力なので、会員登録の引き金としては十分な案件だと思います。

会員登録はこちらのバナーから可能です。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

2.ちょびリッチからエムアイカードのページにアクセスする

ちょびリッチのトップページにエムアイカードのキャンペーン紹介があるので、そこをクリックします。(見つからなければ、キーワード検索で「エムアイカード」と検索すれば出てきます。)

こちらがちょびリッチのトップページです。ちょうどエムアイカードのキャンペーンがデカデカとアピールされているので、これをクリックします。

f:id:milekozou:20170624143449j:plain

すると、次の画面でキャンペーン内容が表示されます。内容を確認して、カードを申し込む場合は、「サイトに行く」をクリックします。これでエムアイカードのページにアクセスできます。

f:id:milekozou:20170624143544j:plain

3.エムアイカードのページでカードを申し込む

あとは特別なことはありません。そのままエムアイカード発行の申込を完了させればOKです。

4.カード発行翌月末までに1,000円以上利用する

カード発行後は、翌月末までに1,000円以上カードを利用してください。三越・伊勢丹の百貨店だけでなく、QUEENS ISETANなど系列のスーパーでもMIカードを利用すればポイントが貯まります。

さらに、宿泊施設やレストランの手配ができる一休.comにはエムアイカード会員専用のページがあります。ここから宿泊施設やレストランを手配すれば、通常の5倍のエムアイポイントがもらえます。

貯まったエムアイポイントは、三越・伊勢丹の百貨店やオンラインストアでの支払いにも使えますし、他社へのポイント交換も可能です。

5.ちょびリッチに22,240ポイント(=10,890ANAマイル分)が加算される

カード発行・1,000円以上の利用が確認され、ちょびリッチから承認されると、22,240ポイントがちょびリッチに加算されます。

この22,240ポイントを「ソラチカルート」でANAマイルに移行すると、10,890マイルになります。(画像はポイ探より引用)

f:id:milekozou:20170624144717j:plain

ソラチカルートについても、ちょびリッチの紹介ページで説明しているので、ご覧ください。

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ちょびリッチ」の使い方と、ポイント交換方法について紹介します。 (※長い記事ですが、長いのは画像が多いためで

先ほど述べたとおり、10,890マイルあれば、東京~那覇や、福岡~札幌などの国内長距離路線でも片道航空券代がタダになります。今回のキャンペーンの破壊力はかなりのものです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のキャンペーンは数量限定ですが、今回を逃しても再びチャンスが訪れる可能性は十分にあります。ポイントサイトでは、頻繁にキャンペーンをチェックし、機会を窺うことが重要です。

このように、ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると、普通に発行するともらえないポイントがポイントサイトに加算されるので、断然オトクです(というよりは、普通に発行すると損をする)。カード発行の際には、ポイントサイトはチェック必須です!

私もポイントサイトを利用して、毎月18,000マイルペースでANAマイルを獲得しています。誰でも実践可能だというのが、ポイントサイトを活用してマイルを貯める方法の強みだと思いますので、ぜひトライしてみてください。

ちょびリッチへの登録はこちらから可能です。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

関連記事

ちょびリッチについて

今回は私がマイルを貯めるために利用しているポイントサイトの一つである「ちょびリッチ」の使い方と、ポイント交換方法について紹介します。 (※長い記事ですが、長いのは画像が多いためで

ポイントサイト一般について

こんにちは。マイル小僧です。 今回は、私が現在実践しているANAマイルの貯め方を紹介します。 その中でも、特に「ポイントサイトで貯める」という方法を詳しく解説しています

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。