読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

シドニーSFC修行 プレエコ旅作の旅(その3:プレミアムエコノミー搭乗記)

f:id:milekozou:20170503193524j:plain

こんにちは、マイル小僧です。

この写真は、羽田⇒シドニーのプレミアムエコノミーを使ったときの着陸前の画像です。オーストラリアの雄大な自然の景色が楽しめました。

さて今回は、前回に引き続いてシドニー便のプレエコ旅作SFC修行について紹介します。羽田空港からシドニーまでのプレミアムエコノミーについて詳しくお伝えしていきますね。

前回までの修行記は下のリンクからご覧ください。

(プレエコシドニーSFC修行その1)

milekozou.hatenablog.com

(プレエコシドニーSFC修行その2)

第2回SFC修行のフライト計画

f:id:milekozou:20170401223552p:plain

第2回SFC修行のレポート(その3)

往路国際線「羽田⇒シドニー」編 ~人生初のプレミアムエコノミー~

プレミアムエコノミーとは

プレミアムエコノミーは、国際線の搭乗クラスの一つで、エコノミークラスとビジネスクラスの間に位置します。

実際に乗ってみると、
エコノミークラス<<<プレミアムエコノミー<<<<<<<<ビジネスクラス
ぐらいのレベル差だったように思います。
エコノミークラスよりは格段に快適です。

では、プレミアムエコノミーのサービスを少し見ておきましょう。

PREMIUM ECONOMY|Service & Info[国際線]|ANA

①優先チェックインカウンターの利用
②ANAラウンジの利用
③機内の座席がゆったりしている(シートピッチ97cm(エコノミー+11cm)、座席幅49cm)
④エコノミーよりも飲み物のラインナップが充実している
⑤エコノミーよりも軽食のラインナップが充実、ビジネスクラスのデザートももらえる
⑥エコノミーよりもアメニティが充実している
⑦手荷物が優先的に返却される

というあたりがエコノミークラスとの大きな差だと思います。

それでは、実際に私が味わったサービスを見て行きましょう。

(注:今回、羽田空港で時間の余裕がなかったため、ラウンジの様子はレポートできません…。この次のシンガポール修行ではラウンジに行けたので、その投稿でラウンジについては詳しくレポートします。)

プレミアムエコノミー利用体験(搭乗~着席まで)

搭乗までの時間は、本来ならばラウンジでゆったりと過ごせるはずでしたが、時間がなかったので搭乗口に直行しました。本当に悔やまれます…。

搭乗時刻21:45ちょうどに搭乗口に到着しましたが、ちょうどビジネスクラス・ANAプレミアムメンバー・スターアライアンスゴールドメンバーの優先搭乗が始まったばかりで、長蛇の列ができていました。

国内線のプレミアムクラスであれば、一般会員でも優先搭乗の対象になりますが、プレミアムエコノミーはエコノミークラスの位置付けなので、一般会員は優先搭乗の対象になりません。列に並んで待機します。

5分ぐらい並び、改札を通過しました。そのまま機内へ入り、自分の席に着席します。

事前座席指定、どの座席を選ぶのが正解??

後ろを気にせず座席を倒せること、普段飛行機でほとんどトイレに行かないことから、最後列の左窓側座席を指定しました。

f:id:milekozou:20170503193817p:plain

この選択が正しかったのかどうかは、今でもよく分かりません。

まず、最後列でなくても座席は遠慮なく倒せる雰囲気でした。皆さん最大限倒していましたし、倒された側も強い圧迫感を感じるわけではありませんでした。
その面では、別に最後列にこだわる必要はなかったようです。

そして窓側の座席。景色はきれいに見えたので後悔はしていませんが、食事後に歯を磨いたりする時にはどうしても化粧室に行くため、立ち上がる必要があります。シートピッチは広いですが、やはり通路に出るためには通路側席の人に立ち上がってもらう必要があります。
今回、私は通路側席の人が歯磨きに立ち上がるのと同じタイミングで歯磨きに行きました。そのため、”わざわざ”隣の人に立ち上がってもらうことはありませんでしたが、隣の人に気をつかうタイプの性格であれば、通路側の方が無難かもしれません。

その点、最前列であればシートも倒せる上、足元が広いです。窓側に座っていても通路に出るときに気を使わずに済みます。その意味で最前列の窓側が一番良さそうに見えますが、最前列にはフットレストがありません。つまり、足の置き場がありません。
また、最前列はシートモニターが肘掛けに収納するタイプなので、離着陸時に映像のエンターテイメントを楽しむことができません。
そういう意味で、最前列が一番良い選択だと言い切ることもできないと思います。

何を捨てて、何を取るか。最終的には個人の好みで決めるべきだと思います。

座席周りについて

まず、座席の全貌についてはまともな写真がなかったため、ANAのホームページから拝借します。

f:id:milekozou:20170328222420p:plain
エコノミークラスに比べると、シートピッチも座席幅も大きく、肘掛けも余裕があるので、隣の席の人と肘掛け合戦で戦う必要もありません。
また、レッグレストがついているので、足をラクな体勢でキープできます。

f:id:milekozou:20170403160252j:plain
座席には枕と毛布が予め置かれていました。

頭の横から伸びているのはパーソナルライトですが、光の出る角度が今ひとつ使いにくかったので、使用しませんでした。

肘掛けには二つボタンがありますが、一つはリクライニング、もう一つはレッグレストの上下に使います。

すわるとこんな感じです。

f:id:milekozou:20170403160431j:plain
ボロい靴が写っており申し訳ないですが、足元に余裕があるのがお分かりいただけると思います。

前の座席の下にフットレストが付けられているので(このため最前列にはフットレストがありません)、レッグレストと一緒に使うと、足を休めるのに最適なポジションを自分で作ることができます。これは結構快適でした。

シートモニターはエコノミークラスよりも大きめで、モニターの下縁にUSBのソケットがあります。モニターを通して自分の持っているデバイスのコンテンツを楽しむこともできるようですが、私は充電に利用しました。充電だけの用途であれば、座席に電源プラグがあります(ただし、飛行中にしか使えないようです)。

座席ポケットには機内雑誌・サービス案内・安全のしおりなどの冊子のほか、小さな靴べらがセットにされたスリッパ、ノイズキャンセリングヘッドホンが入っていました。
(成田・羽田発の欧米・シドニー線ではビジネス・プレミアムエコノミーでノイズキャンセリングヘッドホンが利用できます。)

 

今回搭乗した飛行機がたまたまスターウォーズJETだったようで、こんなものをもらいました。

f:id:milekozou:20170403160938j:plain

着席してしばらくすると、CAさんがアメニティをカゴに入れて持ってきました。自分で希望のものを取ってくださいとのことです。

f:id:milekozou:20170403161242j:plain

歯ブラシ・アイマスク・マスク・耳栓がありました。耳栓は苦手なので、耳栓以外の3つをいただきました。

このマスクは「機内用保湿マスク」で、中に保湿用の加工が施されています(使用後暫くすると、口に当てる部分がカチコチに固まっていたのを見て気付きました)。機内は比較的乾燥しやすいので、普通のマスクを持っていても、もらっておいた方が良いかもしれません。

上空でのサービスについて

上空でベルト着用サインが消えると、まずは水とおしぼりが配られ、希望の新聞を持ってきてくれます(エコノミークラスでの新聞のサービスは現在行われていないようです)。

f:id:milekozou:20170403163449j:plain
(日付と座席番号が同時に分かってしまうのが怖いので、新聞にモザイクを入れました(笑))

テーブルは肘掛けに収納するタイプで、広げると大きく、スペースにゆとりがあります。

その後しばらくすると、機内食が運ばれてきました。
機内食はエコノミークラスと共通のものです。

f:id:milekozou:20170503193713j:plain

機内食は和食・洋食の2種類がありましたが、私は洋食を選びました。

f:id:milekozou:20170403163710j:plain

同時に飲み物の希望を聞かれますが、相変わらずお酒が飲めないので、オリジナルドリンクの「香るかぼす」というかぼすジュースをいただきました。さっぱりして美味しいです。

f:id:milekozou:20170403163904j:plain

ラウンジに寄れなかったのでお腹が空いていましたが、これでしっかりと満たされました。美味しかったです。

ちなみにナイフ・フォーク類は金属製でした。素朴な疑問ですが、乗客による金属製のナイフ類の持ちこみは禁止されているのに、金属製のナイフを配ってしまって大丈夫なのでしょうか…(笑))。

食事を終えると、飲み物の希望を再度聞かれます。眠れなくなると困ると思い、温かいお茶を希望しましたが、コーヒーもカフェインレスのものがあったようです。

飲み物のメニューはこちらです。

f:id:milekozou:20170503193902p:plain


これはエコノミークラスと同じメニューです。

プレミアムエコノミー利用者は、これに加えて下のメニュー表にあるドリンク・食事も注文できます。(ただし、一部は1食目のサービスが終わってからの受付です。)

f:id:milekozou:20170403164215p:plain

先輩ブロガーの方々の体験記を見る限り、ビジネスクラスのデザートが回ってくるとのことだったので楽しみにしていたのですが、結局最後まで回ってきませんでした。「数に限りがございますので」と書かれているので、単純に残数が足りなかったのでしょうか。それとも自分で注文しなければいけなかったのでしょうか…。
(自分で注文しなければならないのかと思ってこの後のシンガポール修行でCAさんを呼びつけて注文しましたが、そのあと結局全員にデザートの希望を聞いて回っていました。なんだかデザートの待てない幼稚な客だと思われていそうで恥ずかしい思いをしました(笑))

食事が終わり、飲み物の容器が下げられると、ほどなくして消灯となりました。プレミアムエコノミー・エコノミーが消灯された後も、ビジネスクラスの灯りは暫くついていたので、食事がまだ続いていたのかもしれません。
(プレミアムエコノミーとビジネスの間はカーテンで仕切られるので、カーテンの前で何が行われているのかは全く分かりません。)

消灯後すぐに通路側席の人が歯磨きに立ち上がったので、同じタイミングで自分も歯磨きに行きました。飛行機の化粧室の水は衛生的に若干不安な点があるので、機内でもらったペットボトルの水で歯を磨きました。

席に戻った後は、すぐに眠りにつきました。学生時代から狭い夜行バスで旅行に行く機会が多かったため、プレミアムエコノミーでも難なく眠れました(とはいっても、途中数回は目が覚めましたが…)。

日本時間の0:00過ぎぐらいに消灯され、朝は日本時間の5:30頃に灯りがつきました。

灯りがつくと、朝食が配られました。

f:id:milekozou:20170403165441j:plain

飲み物は、この後にCAさんがリンゴジュース・オレンジジュース・コーヒーなどを持って希望者に配っていたので、それをいただきました。

f:id:milekozou:20170503193524j:plain

さて、そうこうしているうちに着陸態勢に入り、シドニーの景色が少しだけ見えた後、定刻より若干遅れて着陸しました。向かい風が強かったようです。

プレミアムエコノミーを初めて利用して

今回がプレミアムエコノミー初利用でした。

以前にANAのエコノミークラスでニューヨークに行ったことがありますが、その時と比べると快適でした。

私は食事については比較的何でも食べる方ですし、お酒は全然飲めないので、食べ物・飲み物の面ではそれほど大きな差は感じませんでした。
しかし、座席が快適だとそれだけで気分が違います。特に、リクライニング角度・座席幅がエコノミークラスより大きく、しっかりと眠れたのが快適さを感じた大きな理由だと思います。

羽田からシドニーまではおよそ9時間のフライトでした。今回は修行だったので、セールを狙ってプレミアムエコノミー旅作を購入しました。ただ、これが修行でも何でもない普通の旅行だった場合、エコノミークラスの料金に何万円も上乗せしてまでアップグレードするかどうかと問われると、正直なところ迷うと思います(2~3万円ならアップグレードするかもしれませんが、5万円だとおそらくしないと思います)。

快適なのは間違いありませんが、やはりあくまでもエコノミーだなというのが正直な印象です。

 

今回はここまでにします。

次回からは現地での滞在についてレポートします。
楽しみにお待ちください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ