マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にANAダイヤ修行・JGC修行を行い、解脱しました!

料理の写真を加工して美味しく見せるコツ!無料ソフトPhotoScapeでグルメ画像をきれいに編集する方法

f:id:milekozou:20170917190544j:plain

こんにちは、マイル小僧です。

 

旅行で写真をたくさん撮って帰って来て、写真をいざ見返してみると、

「せっかく頑張って写真を撮ったのに、いざパソコンに取り込んで確認したら全然きれいに撮れてない…」

「あんなに美味しかった料理が、写真にするとこんなにもマズそうに写るもんなの??」

と思った経験、ありませんか??私は写真の腕前がいつまでたっても上がらず、毎回こんな思いをしています。(写真の勉強をしろよっていう話ですが…(笑))

 

特に私は料理の写真を撮るのが好きで、いつも旅先で食べたモノを写真に収めているのですが、料理の写真ってかなり難しいんですよね…。なかなかきれいに撮れません。

といわけで今回は、私が写真の腕前をごまかす写真をより見映え良くするために行っている「料理写真の編集」について紹介したいと思います。

写真の見映えについてお悩みのブロガーさんはもちろん、旅行の思い出をもっときれいに残したいと考えている方、ぜひ参考になさってください。

 

編集すると印象が一気に変わります!

百聞は一見にしかず。まずは写真のBefore→Afterをご覧いただきましょう。
(撮影した中でも特にデキが悪かったものが、編集でどれぐらいごまかせたきれいになったのかをご覧ください。)

マレーシア航空ビジネスクラスのサテー

<Before>

f:id:milekozou:20170917125544j:plain

写真が暗く、美味しそうな感じがなかなか伝わってきません。

 

<After>

f:id:milekozou:20170917125559j:plain

何ということでしょう♪トーンが明るくなり、ソースのツヤもきれいに見えるようになりました。

 

ANAビジネスクラスのアペタイザー

<Before>

f:id:milekozou:20170917125652j:plain

夕方発の便で機内が暗く、明かりが全然足りませんでした。

 

<After>

f:id:milekozou:20170917125712j:plain

何ということでs(ry サーモンや肉、野菜の鮮やかな色が蘇りました。

ANAビジネスクラスのメインディッシュ

<Before>

f:id:milekozou:20170917130417j:plain

<After>

f:id:milekozou:20170917130435j:plain

こちらも実際に目で見たときの色合いがきれいに戻ってきました。


スポンサーリンク
 

 

編集ソフトはPhotoScape

Windowsユーザーなら無料で入手可能

では、どのように編集しているのか説明します。使用するソフトはPhotoScapeというソフトです。Windows、Macの両方で無料使用できるフリーソフトウェアですが、Macだと無料版で利用できる機能が限られているため、Windows版に絞って説明を進めます。

f:id:milekozou:20170917131605j:plain

PhotoScapeのダウンロード

PhotoScapeと検索すれば、すぐにダウンロードページがヒットします。有料版もありますが、無料版で十分だと思います(私は無料版で十分満足しています)。

f:id:milekozou:20170917131749j:plain

ここから画面の指示に従ってダウンロードし、インストールしてください。

PhotoScapeを利用した写真の編集方法

方法のまとめ

まず、編集方法をまとめます。

  1. 「ガンマ輝度」を大きくし、写真全体を明るくする
  2. 「コントラスト」を大きくし、白っぽさを抑える
  3. 「彩度カーブ」を調節し、色鮮やかに加工する
  4. 必要に応じて「輝かせる」「明るさ」を調節し、明るさを細かく調節する

それでは、順番に説明していきます。

(準備1)まず、画像編集モードに

まず、画像編集モードを開かなければ始まりませんので、そこから説明します。

PhotoScapeを開きます。

f:id:milekozou:20170917132313j:plain

画面右側にメニューが表示されますので、「画像編集」をクリックしてください。

f:id:milekozou:20170917132409j:plain

すると、編集画面が表示されます。

f:id:milekozou:20170917132423j:plain

(準備2)編集したい画像を表示させる

f:id:milekozou:20170917163351j:plain

画面の赤いエリアに画像ファイルをドラッグ&ドロップするか、左の青いエリア内で画像ファイルを選択すると、編集したい画像が表示されます。

今回はこの画像を編集することにしましょう。

f:id:milekozou:20170917163509j:plain

マレーシアのマラッカで食べた叉焼飯です。屋根のある屋外で食べたので少し暗く写っています。また、野菜の色が少しくすんでしまっており、実際の見た目ほど美味しそうに写っていません。

ちなみに、この叉焼飯を食べたときの様子はこちらの記事で紹介しています。

www.milekozou.com

というわけで、写真を表示させた状態がこちら。

 

1.ガンマ輝度を大きくし、写真全体を明るくする

まず、写真の暗いトーンを少し明るくしましょう。

画面下から「ホーム」タブを選択し、「明るさ、カラー」をクリックしてください。

f:id:milekozou:20170917165920j:plain

すると、次のような画面に変わります。

f:id:milekozou:20170917170007j:plain

拡大すると…。

f:id:milekozou:20170917170025j:plain

写真の加工に習熟している方はいろいろイジるんだと思いますが、私はまだまだ初心者なので、イジる場所を決めています。それは、

  • ガンマ輝度
  • コントラスト
  • (必要に応じて)明るさ
  • (必要に応じて)輝かせる

です。

ひとまず、ガンマ輝度とコントラストを調節してみましょう。

f:id:milekozou:20170917170202j:plain

まず、ガンマ輝度を少しだけ右に動かします。動かすと、背景にある写真にプレビューとして反映されるので、写真の明るさを見ながら調節してください。

ひとまず、ガンマ輝度を1.40にしてみました。

ここまでのBefore→After

<Before>

f:id:milekozou:20170917174438j:plain

<After>

f:id:milekozou:20170917174352j:plain

写真自体は明るくなりましたが、全体的に白っぽくなりすぎ、コントラストが失われてしまっています。

そこで、次はコントラストの調整です。

2.コントラストを大きくし、白っぽさを抑える

全体的に白っぽくなりすぎた写真からコントラストを取り戻すため、コントラストを調整します。

f:id:milekozou:20170917180815j:plain

コントラストを強調しすぎると「編集しました」感が出過ぎてしまい、かえって見映えが悪くなるので、少しずつ右に動かし、ベストポジションを模索します。

今回はコントラストを8に設定しました。

ここまでのBefore→After

<Before>

f:id:milekozou:20170917174352j:plain

 

<After>

コントラストを調整することで…

f:id:milekozou:20170917181015j:plain

少し全体的な白っぽさが抑えられ、色合いがハッキリとしました。


スポンサーリンク
 

 

3.彩度カーブを調節し、色鮮やかに加工する

ここでもう一つ、料理の写真を美味しそうに編集するツールがあります。それが「彩度カーブ」です。

「明るさ、カラー」ボタンの右にある「▼」をクリックすると、メニューが表示されるので、その中から「彩度カーブ」を選択してください。

f:id:milekozou:20170917181258j:plain

すると、このようなウィンドウが表示されます。

f:id:milekozou:20170917181358j:plain

いま、ウィンドウ内には黒い直線が表示されていますが、これを少しだけカーブさせます。下図の赤い★付近をクリックすると、クリックした場所に合わせて黒い直線がカーブします。

f:id:milekozou:20170917181508j:plain

背景にある写真の変化を見ながらベストな位置に調節してください。今回はひとまずこれでOKボタンをクリックします。背景の写真が色鮮やかになったのがお分かりいただけるでしょうか?(特に、野菜の色がきれいな緑に変化しています。)

ここまでのBefore→After

さて、ここまでの編集によって、おおもとの写真がどのように変化したのか並べて比べてみます。

Before

f:id:milekozou:20170917181905j:plain

After

f:id:milekozou:20170917181926j:plain

写真が全体的に明るくなった上、鮮やかさが増しています。

もう少し明るさを足したいときは…

「明るさ」「輝かせる」を調節します

もっと写真を明るくしたい場合は、先ほどの「明るさ、カラー」ウィンドウ上で、「明るさ」「輝かせる」の項目を調節すればOKです。

f:id:milekozou:20170917182215j:plain

特に「輝かせる」は地味に変化するので、写真を大幅に明るくさせたい場合は、思い切って数値を大きくしても大丈夫です。

先ほどの写真で「輝かせる」の数値を大きくし、おおもとの写真と比較するとこのようになりました。

<Before>

f:id:milekozou:20170917182422j:plain

<After>

f:id:milekozou:20170917182336j:plain

ちょっと明るくしすぎた感もありますが、こんな感じで明るさを調節するだけで、印象が大きく変わってきます。


スポンサーリンク
 

 

まとめ

今回はフリーソフトウェア「PhotoScape」で写真を加工する方法を紹介しました。

エラそうに加工方法について説明していますが、私も写真やらデザインについては知識がなく、ノリと見た目の雰囲気だけで編集しています。数値にも根拠は一切ありません。

ですから、私が今回提示した数値等はあくまで目安としてお考えいただき、ぜひいろいろイジって、写真加工を楽しんでみてください(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ