マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

【ANAラウンジ】成田空港第5サテライトANAラウンジの様子。シャワールームも公開!

f:id:milekozou:20170507163442j:plain

こんにちは、マイル小僧です。

今回は、成田空港第1ターミナル出国審査後にあるANAラウンジについて紹介します。

出国審査後にはANAラウンジが2カ所ありますが、今回はそのうち、第5サテライトにあるANAラウンジの様子をお伝えします。写真もたくさんあるので、ぜひご覧ください。

なお、第4サテライトにあるANAラウンジについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.milekozou.com

 

 

成田空港国際線ANAラウンジの概要

成田空港出国後エリアには国際線ANAラウンジが2つある。

こちらは成田空港のホームページからお借りした第1ターミナル出国後エリアの案内マップです。

f:id:milekozou:20170410225920j:plain

 成田空港の第1ターミナル出国後エリアには、ANAのラウンジ(ANA SUITE LOUNGEとANA LOUNGEのセットで1つとお考えください)が2カ所あります。ざっくりとした案内になりますが、上のマップで青い丸をつけている場所がANAラウンジです。

ラウンジが第4サテライトと第5サテライトに1つずつあるので、成田空港のANAラウンジをよく使う人の間では、「第4サテライトのANAラウンジ」「第5サテライトのANAラウンジ」と呼び分けることもあります。

国内線から直接乗り継ぐ場合は第5サテライトのANAラウンジが最寄り

成田空港までANA国内線を利用すると、ターミナルまではバスで案内され、そこから直接出国審査場まで行くことができます。国内線から直接出国審査を終えると、上のマップの赤い★の場所に出てきます。ここはちょうど第5サテライトに当たるので、目の前のエスカレーターで1つ上のフロアに上がると、「第5サテライトのANAラウンジ」に辿り着きます。

下の図の上半分、緑の矢印が国内線⇒国際線乗り継ぎのルートです。出国審査を終えると第5サテライトに出てきます。

f:id:milekozou:20170410232132j:plain

今回レポートするのは、第5サテライトのANAラウンジです。

国際線ANAラウンジについて

ANAラウンジとカードラウンジとは全然違うものです!

※これまでの記事でも説明したことがありますが、念のために同じ説明をします。

カードラウンジ=空港とカード会社が提携して運営する有料ラウンジ

カードラウンジ(空港ラウンジとも言います)は、空港とカード会社が提携して運営するラウンジです。

日本国内のほとんどの空港に設置されており、当日に飛行機を利用する人が出発までの時間をゆったりと過ごすことができる施設です。

利用方法

ラウンジによって少しずつ異なりますが、一般的には

【当日出発の航空券提示+利用料金の支払い】

によって入室することができます。基本的には有料です。
(ラウンジによっては当日出発の航空券を提示しなくても入れるところがあるようです。)

ゴールドカード等対象カードを持っていると無料で利用できる!

上で触れたとおり、カードラウンジを利用するには、利用料金を支払う必要があります。

しかし、対象となるクレジットカードを提示すれば無料で利用することができます。対象カードはラウンジによって少しずつ異なりますが、

「ゴールドカード以上のカードと当日の搭乗券を提示すれば無料で利用できる」

と理解しておけばほとんど問題ありません。

カードラウンジと航空会社ラウンジは全くの別物です!

このカードラウンジと、ANAラウンジとは全くの別物です。よく誤解される点ですが、これを理解するには、

【ゴールドカード保有者】≠【ANAプレミアムメンバー】

である点をおさえる必要があります。

ゴールドカードは、クレジットカード会社の所定の審査に通過することで保有できます。
一方、ANAプレミアムメンバーは、ANAの飛行機に何度も搭乗し、上級会員としてのステイタス獲得した人のことを言います。

つまり、ゴールドカードを保有していても、ANAをあまり利用していない人はANAプレミアムメンバーではありません。

逆に、ゴールドカードを保有していなくても、ANAを頻繁に利用していれば、ANAプレミアムメンバーになることができます。

そもそも、カードラウンジとANAラウンジは

  • 【カードラウンジ】=ゴールドカード以上のカード保有者が無料で使えるもの
  • 【航空会社ラウンジ】=航空会社ゴールドメンバーが使えるもの

です。

例えば、ゴールドカードを持っていても、ANAプレミアムメンバーになっていない限りは、ANAラウンジを利用することはできません。しかしゴールドカードを保有しているため、空港のカードラウンジは無料で利用できるのです。

ANAのプレミアムメンバーのうち、ダイヤモンドメンバー・プラチナメンバー・スーパーフライヤーズ会員についてはこちらで解説していますので、ご覧ください。

ダイヤモンドメンバーについて

プラチナメンバーについて

スーパーフライヤーズ会員について

カードラウンジのANAラウンジのサービスの違い

結論から言うと、カードラウンジよりもANAラウンジのほうが設備・サービスとも格段に上です。

カードラウンジで提供されるのは座席とソフトドリンクだけ。それ以外のアルコール・軽食のサービスは全て有料なのが普通です。

一方でANAラウンジは、ソフトドリンク・アルコール・軽食・シャワーまで、全て無料で利用できます。詳細な設備はこの後に紹介しますが、カードラウンジとは全く違う贅沢な世界が広がっています。

ANA SUITE LOUNGEとANA LOUNGE

成田空港の国際線ANAラウンジには、
・ANA SUITE LOUNGE
・ANA LOUNGE
の2種類があります。

ANA SUITE LOUNGEについて

対象者

ANA SUITE LOUNGEは、原則として

  • ファーストクラス利用者+同行者(1名まで無料)
  • ANAダイヤモンドメンバー+同行者(1名まで無料)
  • ミリオンマイラー+同行者(1名まで無料)

を対象としたラウンジです。もちろん、私はまだ入ったことはありません。

ファースト利用・ダイヤ会員でなくてもANA SUITE LOUNGEに入れる裏ワザ

ただ、1つだけ対象者じゃなくても入ることができる方法があります。それが、
【ANA SUITE LOUNGEご利用券】
です。

f:id:milekozou:20170411130104j:plain
(ANAホームページより)

プレミアムポイント基準が一定(ANAグループ運航便で80,000PP)に達したプラチナメンバーや、ダイヤモンドメンバーの特典として、「ANA SUITE LOUNGEご利用券の贈呈」があります。そして、利用券を受け取ったプレミアムメンバーが、ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトで出品してケースが多く見られるのです(ANAが認めているかどうかは別として…)。

従って、ネットオークションで利用券を落札すれば、ANA SUITE LOUNGEが利用できます。価格は1枚6,000円~7,000円程度で、入室には1人1枚必要です。

それだけの価値があるのかどうか私には分かりませんが、利用者の声を聞く限りは「落ち着いて空間で、至れり尽くせりの対応を受けられる」とのことです。

ANA LOUNGEについて

対象者

ANA LOUNGEは、原則として

  • ファーストクラス利用者+同行者(1名まで無料)
  • ビジネスクラス利用者
  • プレミアムエコノミー利用者
  • ANAダイヤモンドメンバー+同行者(1名まで無料)
  • ANAプラチナメンバー+同行者(1名まで無料)
  • ANAスーパーフライヤーズ会員+同行者(1名まで無料)
  • ミリオンマイラー+同行者(1名まで無料)
  • スターアライアンスゴールドメンバー+同行者(1名まで無料)
  • ブロンズメンバー(4,000マイル or 3アップグレードポイント必要)

を対象としたラウンジです。

※ANAブロンズメンバーは、アップグレードポイントまたはマイルを減算することで入室することができます。

なお、このANA LOUNGEも先ほどの利用券で入室できますが、どうせ利用券を持っているのであればSUITE LOUNGEに行くべきです。

「有料ラウンジサービス」(ANA LOUNGEの利用対象者変更)について

2017年4月5日より、ANA LOUNGEの利用対象者の運用について変更がありました。
その結果、エコノミークラス利用であっても、
【「事前にANAウェブサイトでお支払いただくとおトクに対象のラウンジをご利用いただけるようになります。」(ホームページ記述のまま)】
という制度になりました(必ずしもおトクとは限りません。詳しくは下の★記述をご覧ください。)

利用対象者・料金

f:id:milekozou:20170411133608j:plain
(ANAホームページより)

ANAプレミアムメンバー・プレミアムエコノミー以上のクラス利用者についてはこれまでと変更はないため、エコノミークラス利用の一般会員の場合に限って説明します。

現行制度では、一般会員がエコノミークラスを利用する場合でも、対象予約クラスで航空券を購入していれば有料でラウンジを利用できます。(詳しくは★をご覧ください。)

「対象予約クラス」とはどういうことでしょうか?飛行機の搭乗クラスは、ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミーに分かれているというのがANA利用者にとっての一般的な理解ですが、実はもっと細かくクラスが分かれています。これが予約クラスです。例えばエコノミークラスは、予約する運賃によって、Y/B/M/U/H/Q/V/W/S/T/L/Kの12クラスに分かれています。この予約クラスのうち対象クラスを利用する場合、お金を払えばANAラウンジが利用できるということです。)

料金は、
・出発時刻24時間前まで=ウェブサイトでの事前予約で【4,000円】
・当日=空港カウンターで【6,000円】
となっています。

特典航空券利用者は対象外です。
ツアー利用者は、ウェブでの事前予約は対象外ですが、当日のカウンター申込は対象になります。

★(変更前との比較)必ずしもおトクとは限らない?

実は変更前も、お金を支払うことでANA LOUNGEは利用できました。今回の制度変更によって、必ずしもおトクにならないケースも存在するため、少し触れておきたいと思います。

変更前は、
【ANAのホームページで「ANA MY CHOICE」としてラウンジの利用を申し込む
⇒5,150円(+51マイル加算)を支払う】
という流れでラウンジを利用できていました」。
対象クラスは実は現行制度よりも広く構えられていました。ツアーは利用不可ですが、それ以外の場合はどの予約クラスであっても、特典航空券利用者であっても有料でラウンジを利用できていました。

もう少し具体的に説明しましょう。例えば従来の制度だと、エコノミークラスの最安運賃である予約クラスL/Kでも5,150円でラウンジを利用することができていました。しかし、現行制度では事前予約不可、当日6,000円支払いで利用可となっています。

つまり、従来は5,150円でラウンジを利用できていたのに、利用料金が6,000円に値上がりしてしまうというケースも存在するのです。

従って、「事前にANAウェブサイトでお支払いただくとおトクに対象のラウンジをご利用いただけるようになります。」とホームページ上で謳われていますが、
【予約クラスによっては事前予約で4,000円(1,150円おトク)、予約クラスによっては当日にしかで申込みできず6,000円(850円値上がり)】
というのが実際のところです。

うーん、「ものも言いよう」とはこのことか…という感じですね…。

追加で4,000円または6,000円を払うほどの価値があるのかについては、下の体験記の最後で触れていますので、気になる方はお読みください。


スポンサーリンク
 

成田空港第5サテライトANAラウンジへの入室

場所・入口・受付の様子

f:id:milekozou:20170410225920j:plain

上のマップの★地点の様子はこちらです。

f:id:milekozou:20170507170058j:plain

これが第5サテライトになります。

この写真で奥に見えているエスカレーターを上に上がると、ANAラウンジがあります。

f:id:milekozou:20170507170148j:plain

エスカレーターから後ろを振り返るとこんな感じです。

f:id:milekozou:20170507170209j:plain

エスカレーターで上に上がるとすぐ目の前がANAラウンジです。

f:id:milekozou:20170507170230j:plain

f:id:milekozou:20170507170242j:plain

 

中に入ると、目の前が受付です。

 

f:id:milekozou:20170507170250j:plain

第5サテライトのANAラウンジは、ANA SUITE LOUNGEとANA LOUNGEの入口が共通になっており、受付で振り分けが行われます。

上の写真の向かって左の方向にANA LOUNGE、右の方向にANA SUITE LOUNGEがあります。

この写真ではかなり受付が混雑しています。時間帯によっては平日でもこれぐらいの人だかりになります。

少し落ち着いてから写真を撮影しました。赤い絨毯が敷いてある場所は、ANA SUITE LOUNGE専用の受付、つまりダイヤモンドメンバー・ミリオンマイラー・ファーストクラス利用者専用の受付です。

f:id:milekozou:20170507170502j:plain

 

受付で搭乗券を渡すと、「こちらからお入りください」とANA LOUNGEの方向を指して案内を受けました。案内の通り通路を進んでいきます。

f:id:milekozou:20170507170730j:plain

ちなみに、受付を背中にして入口方向を見ると、左側にシャワーコーナーへの通路があります。詳細は後述します。

f:id:milekozou:20170507170656j:plain

成田空港第5サテライトANAラウンジ内の様子

ラウンジ内の案内マップ

こちらが成田空港第5サテライトANAラウンジの案内マップです。かなり広いです。

f:id:milekozou:20170507171025j:plain

ラウンジを一周してみましょう

通路を抜けると、目の前にはこのような光景が広がります。

f:id:milekozou:20170507194420j:plain

f:id:milekozou:20170507174144j:plain

目の前が食事スペース、左がラウンジスペースでした。

左に目を向けると…

f:id:milekozou:20170507174133j:plain

大きな窓があり、とても明るい空間です。

 

少し奥に入ってラウンジスペースを見渡すと…

f:id:milekozou:20170507194543j:plain

f:id:milekozou:20170507174355j:plain

f:id:milekozou:20170411180628j:plain

一人掛けのソファがたくさん並んでおり、飲食を楽しんでいる人が多く見受けられます。

 

もう少し奥から入口方面を見ると…

f:id:milekozou:20170507194748j:plain

f:id:milekozou:20170411180820j:plain

コンセント付きのテーブル席でパソコンを操作している人もいますね。

 

更に奥には、ヌードルバーがあります。

f:id:milekozou:20170507195708j:plain

f:id:milekozou:20170507175717j:plain

ヌードルバーはこの1カ所です。端っこにあるので、席によっては結構不便です…(笑)

メニューはこちら。

f:id:milekozou:20170507175534j:plain

 

 

さて、ラウンジ内をどんどん移動していきます。

このアングルからラウンジスペースを見渡すと…

f:id:milekozou:20170507194932j:plain

f:id:milekozou:20170507174219j:plain

f:id:milekozou:20170507174310j:plain

こんな感じです。右に少し見えているのはコンシェルジュスペース付近のショーウィンドウです。

 

出発案内モニターや、新聞・雑誌コーナーもあります。

f:id:milekozou:20170507195051j:plain

f:id:milekozou:20170507174237j:plain

 

どんどん奥へ進んでいきましょう。

 

f:id:milekozou:20170507195215j:plain

f:id:milekozou:20170507174248j:plain

更に進むと、右手に自動両替機、その奥に電話スペースがあります。

f:id:milekozou:20170507174330j:plain

 

写真がなく申し訳ないですが、下の案内図の赤枠には家族で座れるボックス席・テレビのつけられたボックス席が配置されていました。

f:id:milekozou:20170507195328j:plain

 

さらに奥に進み、通路を抜けます。

f:id:milekozou:20170507195529j:plain

f:id:milekozou:20170507174515j:plain

通路を抜けた先にも新聞・雑誌コーナーがありました。

 

そこから左に目を向けると、こちらにも食事コーナーです。

f:id:milekozou:20170507200000j:plain

f:id:milekozou:20170507175901j:plain

f:id:milekozou:20170507175908j:plain

 

更に奥へ進んでみると…

f:id:milekozou:20170507200047j:plain

f:id:milekozou:20170507174412j:plain

f:id:milekozou:20170507174440j:plain

f:id:milekozou:20170411181017j:plain

先ほどよりは少し暗めの落ち着いたスペースが広がっていました。窓が小さい分、明るさが控えめになっているのでしょう。こちらのほうが人は少なめでした。

 

奥に見えている窓から外を眺めると…

f:id:milekozou:20170507200213j:plain

f:id:milekozou:20170507174418j:plain

ターミナル内が見えるようになっていました。

 

奥から座席のあるスペースを見てみると、こんな感じです。

f:id:milekozou:20170507200303j:plain

f:id:milekozou:20170507174425j:plain

シャワーを利用してみます

シャワールームの場所・受付

シャワールームは受付に向かって右後ろに伸びる通路を進んだ先にあります。

f:id:milekozou:20170507200743j:plain

f:id:milekozou:20170507170656j:plain

f:id:milekozou:20170507175403j:plain

この先に、シャワールーム用の受付があります。

受付をしたところ、ちょうど満室でした。搭乗券を見せて順番待ちの受付してもらい、このような呼び出し端末を受け取りました。待ち時間の間はラウンジ内でゆったりと過ごします。

f:id:milekozou:20170507174915j:plain

順番が来ると、音楽とともに端末が震えます。端末を持っていき、再度受付です。

搭乗券を預け、部屋番号の書かれた番号札をもらい、指定された部屋に入室します。

f:id:milekozou:20170507174926j:plain

シャワールーム内の様子

シャワールームに入ると、こんな感じでした。第4サテライトのシャワールームと全く同じです。

f:id:milekozou:20170507174927j:plain

シャワールームは結構広いです。

すぐ直前に誰かが使っていたはずですが、水滴がきれいに拭き取られて清潔に保たれていました。

f:id:milekozou:20170507174938j:plain

f:id:milekozou:20170507174929j:plain

シャワースペースには仕切りガラスが半分しかついていません(右側の便器が反射している所がガラスです。左半分には仕切りガラスはありません)。

油断すると、シャワー利用中に便器の前まで水滴でびしょ濡れになります。荷物はシャワースペースから離れた場所に置いておいた方が賢明です。

 

服を掛けておくハンガーは2つ用意されていました。

f:id:milekozou:20170507174934j:plain

 

シャワーはごく一般的なものでした。

f:id:milekozou:20170507174941j:plain

シャワーヘッドは高さが調節できるようになっています。水圧は強め。

f:id:milekozou:20170507174913j:plain

ハンドシャワーのみなので、サイドシャワーが付いているJALサクララウンジの方が設備は充実していますね。

 

シャワー後に暑さを感じたときのために、身体を冷やす扇風機が用意されていました。

f:id:milekozou:20170507174932j:plain

 

アメニティは充実していました

用意されているアメニティはこちら。

f:id:milekozou:20170507174936j:plain

f:id:milekozou:20170507174914j:plain

  • 使い捨てスリッパ
  • シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ(資生堂)
  • 化粧落とし・洗顔ミルク・化粧水・乳液(資生堂)
  • シェービングフォーム
  • ひげそり
  • くし・ヘアブラシ
  • 歯ブラシ
  • シャワーキャップ
  • コットンセット(コットン・綿棒)
  • バスタオル・フェイスタオル・ミニタオル
  • 貸し出しドライヤー

が用意されていました。かなり充実していますね。

 

旅の前にサッパリすると、とても気分が良くなります。

時間帯によっては大混雑するので、使いたい場合は早めに利用すること!!

シャワールームは時間帯によっては非常に混み合うようです。従って、どうしても利用したい場合は、ラウンジの受付を済ませたらすぐにシャワールームの受付を行うべきです。私が初めて利用した時には1時間以上の待ち時間が発生していました。

もし受付後に順番が回ってこず、諦めて出発する場合は、順番待ち用の呼び出しブザー端末を受付に返却すればOKです。

食事・ドリンクコーナー

続いて、食事・ドリンクコーナーを見ていきましょう。

食事コーナーはラウンジ内に2カ所あり、どちらもラインナップはほとんど同じです。

f:id:milekozou:20170507202704j:plain

こちらがマップ左側の食事・ドリンクコーナー。窓が大きいので明るいですね。

f:id:milekozou:20170507175424j:plain

こちらがマップ右側の食事コーナーです。

f:id:milekozou:20170507175908j:plain

食事のラインナップ

用意されている食事はこのような感じでした。

f:id:milekozou:20170507175436j:plain

サラダ・サンドイッチ・チーズなど

f:id:milekozou:20170507175446j:plain

サラダ・フルーツポンチ

f:id:milekozou:20170507175457j:plain

f:id:milekozou:20170507175458j:plain

↑おにぎりやいなり寿司もありました。

f:id:milekozou:20170507175500j:plain

↑パンも複数種類用意されています。

f:id:milekozou:20170507175507j:plain

↑左側が焼きうどん、右側が唐揚げとポテトです。

f:id:milekozou:20170507175531j:plain

蓋を開けるのは控えましたが、この中に焼きうどんが入っています。タイミングによっては焼きそばが用意されることもあるようです。

f:id:milekozou:20170507175510j:plain

唐揚げとポテトは第5サテライトANAラウンジの限定メニューです。一方、第4サテライトANAラウンジの限定メニューはミートボールです。

 

f:id:milekozou:20170507175509j:plain

オニオンコンソメスープと味噌汁もあります。

その他、おつまみになるようなお菓子もありました。

ヌードルバー

先ほども紹介しましたが、ラウンジの端にヌードルバーがあります。

f:id:milekozou:20170507195708j:plain

f:id:milekozou:20170507175717j:plain

注文すると、フードコートと同じような感じで呼び出し端末が渡されますが、1分かからずに注文した商品が出てきます。

メニューはこちらです。

f:id:milekozou:20170507175534j:plain

ヌードルバーで提供されていた商品は、
・きつねそば
・きつねうどん
・山菜そば
・山菜うどん
・かき揚げそば
・かき揚げうどん
・とんこつラーメン
・ANAオリジナルチキンカレー
でした。

飲み物コーナー

国内線ラウンジに比べて、お酒が非常に充実しています。

f:id:milekozou:20170507175752j:plain

↑こちらはビールサーバーです。銘柄はアサヒスーパードライです。

f:id:milekozou:20170507175804j:plain

f:id:milekozou:20170507175839j:plain

↑ワイン・梅酒・ウイスキー・ジン・スミノフなども並べられています。

f:id:milekozou:20170507175817j:plain

日本酒コーナー。時期ごとに各地の日本酒を置いているようです。この時は茨城の日本酒が並べられていました。

 

f:id:milekozou:20170507175810j:plain

ソフトドリンクサーバーのラインナップは、コーラ・ジンジャーエール・お茶・ジュースなどごく普通でした。

 

15:30~、シェフによるライブキッチンがスタート

2016年の6月から、成田空港のANAラウンジでシェフによるライブキッチンのサービスが毎日行われています。

私が利用した第5サテライトのANAラウンジでは、この日はローストビーフのサービスが振る舞われました。15:30スタートです。

f:id:milekozou:20170507175517j:plain

シェフが切り分け、お皿に盛り付けられます。

f:id:milekozou:20170507175518j:plain

受け取った後は好みのソースを自分でかけて、席に持ち帰ります。

f:id:milekozou:20170507175516j:plain

右下に少し見えているのは山ワサビです。とても美味しかったです。

 

ライブキッチンが始まると、放送で案内が入ります。案内放送後はそこそこ行列していましたが、お肉はふんだんに用意されているようで、並ばなくても十分食べられます。

一度に一皿だけしか確保できませんが、おかわりは自由です。従って、何皿も食べたい場合は、何度も並ぶ必要があります(笑)

おまけ。私が以前に食べたもの。

以前私が利用した時に食べたものを紹介しておきます。 

f:id:milekozou:20170411195854j:plain

カレーはヌードルバーで注文できます。

f:id:milekozou:20170411200319j:plain

↑こちらはヌードルバーで注文したとんこつラーメンです。

化粧室

ラウンジ中央の通路部分に大きな化粧室があります。洗面台も多数設置されているほか、着替えコーナーもあり、海外旅行客のニーズにバッチリ応えてくれます。

ANAラウンジの使い心地は上々、快適です

ラウンジ内で食事がとれ(しかもローストビーフまで食べられて)、飲み物も楽しめ、座り心地の良い椅子で出発時刻までゆったり過ごせ、シャワーも使えて…、もう何の不満もありませんでした。

一般会員のうちは搭乗時刻までヒマを持て余して空港内をウロウロするしかありませんでしたが、ラウンジが使えることで待ち時間がこんなにも充実するのかと感動しました。

追加で4,000円、6,000円を支払ってでも利用する価値があるか?

さて、エコノミークラス利用時でも条件を満たせば4,000円or6,000円の料金支払いでラウンジが利用できるということを上で説明しました。このANAラウンジはそれだけの価値があるのでしょうか?

元をとれるかどうかという観点からは、
【酒飲みならばYes、酒を飲まないならNo】
だと思います。
食事のラインナップは充実していますが、食べるだけで4,000円~6,000円の元を取るのは不可能だと思います。
ただ、お酒をよく飲む方であれば、ラウンジ外の飲食店でお酒を何杯も飲んで食事をとれば、数千円はかかると思います。「好きなお酒が好きなだけ飲めて、おつまみも好きなだけ食べられて、座り心地の良い椅子に座りながら雑誌や新聞を読んで搭乗時刻ぎりぎりまで時間を潰せる」ということを考えれば、有料ラウンジサービスを利用する価値は十分にあると思います。

時間つぶしの手段という観点からは、意見の分かれるところでしょうが、
【ゆったりと過ごしたいならYes、散策を楽しむ派ならNo】
だと思います。
普段から時間つぶしに困らないのであれば、わざわざ4,000円以上の追加料金を払ってまでラウンジを利用する必要はないと思います。しかし、「出発時刻までまだ1時間以上時間があるのに、することが全然ない」といった場合には、ラウンジは十分に威力を発揮してくれるはずです。


スポンサーリンク
 

関連記事

第4サテライトのANAラウンジについてはこちらをご覧ください。

www.milekozou.com

このラウンジをシンガポールSFC修行で利用した時の様子はこちらです。

ANAのプレミアムメンバーのうち、ダイヤモンドメンバー・プラチナメンバー・スーパーフライヤーズ会員についてはこちらで解説していますので、ご覧ください。

ダイヤモンドメンバーについて

プラチナメンバーについて

スーパーフライヤーズ会員について

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ