読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

【SFC】国際線でPPを一気に稼げ!おすすめ修行路線

f:id:milekozou:20170331222110p:plain

こんにちは、マイル小僧です。

この写真は、私が修行でシドニーに行ったとき、着陸直前に撮影した街の様子です。
まん中左寄りにうっすらとハーバーブリッジが見えるのがお分かりいただけるでしょうか。
シドニーはとても過ごしやすかったので、おすすめです。

さて、今回も前回に引き続き、プレミアムポイント稼ぎにあたって必要な考え方を紹介します。

特に今回は国際線でプレミアムポイントを稼ぐときのポイントについて詳しく説明します。

前回・前々回の投稿でプレミアムポイントについて説明していますので、あわせてご覧ください。

前回投稿

前々回投稿

PP単価効率が良い便・路線の例(国際線編)

基本的な考え方

国際線は国内線よりも飛行距離が長いので、一気にPPを稼ぐことができます。

ここで注意しておきたいのが、「路線倍率」です。

f:id:milekozou:20170329212803p:plain

どれだけ距離が長くても、路線倍率が低いと獲得PPは低くなります。

ANAグループ運航便を利用する場合、路線倍率は
・アジア・オセアニア路線⇒1.5倍
・その他の地域の路線⇒1倍
となっているので、北米などに行っても、意外にPPが稼げなかったりします。

これを踏まえて修行僧に人気なのが、
・価格が安く、路線倍率が1.5倍のアジア路線
・価格は変動するが一気にPPが稼げる、路線倍率が1.5倍のオセアニア路線(シドニー路線)
の2パターンです。

プレミアムエコノミー「旅作」が修行僧の狙い目

プレエコ旅作の強み=お手軽さと安さ、そしてPP積算率

前回の投稿で「予約クラスごとの積算率」について紹介し、「プレミアムエコノミーは予約クラスにかかわらず積算率100%」だとお伝えしました。

つまり、プレミアムエコノミーを利用する場合は、安いツアーパックで手配してもPPがしっかりと稼げるのです。

シンガポールは人気観光地であるため、ANAでも多くの旅行商品が出されています。
その中でも柔軟性に富んでおりおすすめのツアーが「旅作」です。

旅作で旅行を計画すると、出発日・帰着日、行き先、搭乗クラス、人数・部屋数を自由に設定して旅行商品を検索し、使う便や宿泊するホテルまで全て自分で決めることができます。自分の思うままの旅行を作ることができるのです。

旅作の強みは、航空券とホテルを別々に手配するよりも安くすむ点です。

(例)6/15~6/18で沖縄発⇒東京経由⇒シンガポールひとり旅に行く場合(往復)

【旅作で手配】

f:id:milekozou:20170331210737p:plain

このようにANAホームページの「海外ツアー」から希望条件を検索し、
f:id:milekozou:20170331212126p:plain

希望のホテルを選ぶと(最安値のものを選んでいます)
f:id:milekozou:20170331212229p:plain

旅費は1枚目右にあるよう、<134,400円>となります。

【航空券のみを購入する場合】

旅作ではなく、航空券のみを購入する場合、同じ条件で検索すると、

f:id:milekozou:20170331212407p:plain
2泊分のホテル抜きで、つまり航空券代だけで123,270円です。

シンガポールのホテルは高く、旅作で選べるホテルのレベルになると10,000円かかることもザラにあります。

今回旅作で選択している最安値のホテルは、Expediaで予約すると、税・サービス料込みの会員価格で12,544円(2泊分)です。

従って、航空券+ホテルで<135,814円>となります。

旅作の134,400円よりも1,414円高くなります。1,414円あれば、現地で1食分の食費は十分に出せますよね。

旅行日程によっては、「旅作」と「航空券+ホテル」の旅費にもっと大きな開きが出るケースもあります。

旅作の(操作・検索の)お手軽さとリーズナブルさがお分かりいただけるでしょうか。

そして特筆すべきが、プレミアムエコノミーは予約クラスにかかわらず、PP計算時の積算率は100%で横並びだということです。
つまり、安い旅作で購入しても、航空券とホテルを別々に購入してやや高くついても、獲得できるPPは全く同じです。
これが、プレエコ旅作が修行僧の間で人気になっている理由なのです。

プレミアムエコノミーで羽田・成田~シンガポール間を往復すると、獲得PPは

f:id:milekozou:20170331220010p:plain
5,368 × 2 = 10,736

となります。国内では一気に獲得することのできないPP数ですね。

プレエコ旅作の弱み=最低2泊しなければならない

ただし、旅作には大きなデメリットがあります。
それは、最低宿泊日数が2泊と定められている点です。

現地で2泊しようと思うと、旅行全体で3~4日は確保しなければならず、大半の社会人にとっては利用しづらい修行方法になります。

従って4連休がなかなかとれない社会人修行僧は、プレエコ旅作ではなく「タッチ修行」というものを行ったりします。

詳しくは次のシンガポールの話で「SINタッチ」として紹介します。

修行僧に根強い人気、シンガポール路線

成田・羽田~シンガポール便は修行僧御用達の路線です。

シンガポールという国自体が
・治安が良い
・食事が良い
・街がきれい
・航空券の価格が比較的安い、旅行商品が多い
といった理由で観光客に人気ですが、それに加えて
・空港設備が充実している
・入国審査で事情を深掘りされない
・発着便が多いので、フライト日程を組みやすい
といった点が修行僧に人気の理由として挙げられると思います。
(その他にもあるかもしれません…。)

「入国審査で事情を深掘りされない」ってどういうことか気になるかもしれませんが、修行僧にとっては結構大切なことです。

短期強行の修行日程を組むと、
シンガポールに到着した当日中に帰国便に搭乗する」
なんていうことがあったりします。これを修行僧の間では【SINタッチ】と呼んだりします。タッチして帰るようなものなので、このように呼ぶのでしょう(笑)
(SINとはシンガポールの空港(正確にはチャンギ空港と呼びます)の略称です。国内外全ての空港にはアルファベット3文字の略称(3レターコード)が割り当てられているのです。羽田=HND、成田=NRTといった具合に…)

入国審査官からすれば、
「この人、今日到着して今日帰国するの?一体何をしにわざわざシンガポールに来たんだ?アヤシイ。」
という思考回路になるのが普通だと思うのですが、チャンギ空港ではあまり事情を深掘りされないそうです。(日本からの修行僧が多いので、もう慣れっこなのでしょうか…(笑))

英語ペラペラであれば事情をしっかり説明してうまく切り抜けられるのでしょうが、英語ができない人は、入国審査官に突っ込まれても事情を上手く説明できず、苦労することになりかねません。
タッチ修行時に入国審査で根掘り葉掘り聞かれないというのは結構大事なポイントなのです。

タッチ修行をする場合は、先ほど上で紹介した旅作は使えません。従って、航空券を普通に購入することになります。

エコノミークラスの安い運賃だとPPがあまり稼げず、PP単価が悪いこともしばしばあります。
従って、ここでもやはりプレミアムエコノミーが選ばれたり、あえてエコノミークラスのやや高い運賃が選ばれたりします。

一度にPPがたくさん稼げる、シドニー

2015年に羽田~シドニー直行便ができたため、シドニーも修行路線として大活躍しています。

まず、プレミアムエコノミーで羽田~シドニー間を往復した場合に稼げるPP数を確認すると、

f:id:milekozou:20170331220216p:plain
7,694 × 2 = 15,388PP
です。

さっきのシンガポールの場合(10,736PP)と比べても抜群の威力があるのがお分かりいただけると思います。

東京~シンガポールの飛行時間は7時間程度、東京~シドニーの飛行時間は9時間程度です。実はシドニーの方がかなり遠そうに思えて、飛行時間の差は2時間です。

旅費はシドニーのほうが高くなりがちですが、この獲得PP数に魅力を感じてシドニー便を利用する修行僧も多くいます。
せっかく南半球まで来たのに、「SYDタッチ」(SYD=シドニー)をする修行僧もいます。それだけ修行路線として利用されているということでしょう。

旅作・ツアーを利用するならセール期間を狙え!

ANAの旅作やツアーを利用して修行する場合は、セール期間に購入するのが圧倒的にお得です。

ANAの海外ツアーでは、頻繁にセールを実施しています。
特にシンガポールは人気路線なだけあって、何度もセールが実施されています。
シドニーも就航して間もないからか、セール価格で販売される機会が多いようです。
エコノミークラスやビジネスクラスのセールが多いですが、プレミアムエコノミーのセールも実施されていますので、こまめにANAのホームページをチェックするように習慣づけておいた方が良いと思います。

私も、シドニーシンガポール旅作をセールで購入しました。普通に買うよりも随分と安く手配することができました。

もちろん、シンガポールシドニー以外にもプレミアムエコノミー利用のツアーがセールになっている場合は、PP単価を要チェックです。

 

今回はここまでにします。

実は、まだ次回があります。国際線を手配する際、「国内線をくっつけるとお得にPPを稼ぐことができる」という修行僧耳寄りの情報があるのです。

次回はその方法を紹介したいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


マイレージランキング にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村