読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にSFC・JGC修行をはじめました!

【ハピタス】保険の無料相談を実際に使った感想。勧誘・電話はしつこい?

f:id:milekozou:20170503222933p:plain

こんにちは、マイル小僧です。

この投稿では、ポイントサイトの高額案件の目玉である保険の無料相談を実際に使ったときの状況をレポートしたいと思います。

今回は、ハピタス利用時の様子をお伝えします。

無料相談申込からポイント付与までの実際の体験談になりますので、是非ご覧ください。

 

ハピタスとは

まず、ハピタスとは何かについて知りたい方は、こちらの投稿をご覧ください。

保険の無料相談とは

どのようなときに利用するのか

「ほけんの窓口」という企業のテレビCMをご覧になったことはあるでしょうか?
あるいはショッピングモールなどで保険の相談窓口が設置されているのをご覧になったことはあるでしょうか?

最近になって、保険の相談窓口を多くの場所で見かけるようになりました。

例えば、私が生命保険への加入を検討しているとしましょう。
私は、どの生命保険に加入するか、保険会社(日本生命・東京海上日動・オリックス生命など…)のホームページを見たり、保険会社から資料を取りよせたり、各保険会社に電話して問い合わせたりして情報を収集する必要があります。

保険会社もたくさんありますが、その中で保険商品も山ほどあるので、一人で検討するのはかなり大変です。

そのようなときに保険の無料相談窓口が役に立ちます。

保険相談窓口には2タイプある

①複数社の保険商品を取り扱っているタイプの窓口
②1社の保険商品のみを取り扱っているタイプの窓口

保険相談窓口には2つのタイプがあります。ポイントサイトの高額案件で紹介されるのは、大半が①のようです。

①を利用すると、ファイナンシャルプランナー(FP)というプロが利用者の要望を踏まえて、最適と考えられる複数の保険商品を紹介してくれます。①の場合、ファイナンシャルプランナーが特定の保険会社と繫がっているわけではないので、公平な立場で複数社の保険商品の比較検討を行ってくれるのです。利用者は、提示された保険商品の中から最適なものを選べば良くなるので、自分で情報収集する手間や、情報収集の失敗リスクを防ぐことができます。

もともと私は①しかないと思っていたのですが、最近応募した無料相談案件のコールセンターの担当者と話をしているときに、②の存在を知りました。

今回は①のタイプの保険相談窓口を利用した際のレポートになります。

ハピタスで保険の無料相談を応募する流れ

おことわり

この投稿を作成する段階で、私がハピタスを通して利用したサービス「保険アドバイザーズ」の広告がなくなっておりましたので、応募までの画面は他サービス「みんなの生命保険アドバイザー」のものを使用します。(どのサービスを利用しても、流れは全く同じです。)

なお、応募後~面談までの流れについては、保険アドバイザース利用時のものを使用しますので、ご承知おきください。

まず、ハピタスを経由する

獲得ポイント数の高いもの、セール中のものを優先的に選ぼう

f:id:milekozou:20170406140155j:plain

これはみんなの生命保険アドバイザーというFP紹介サービスの広告です。みんなの保険アドバイザーから紹介してもらったFPと保険について面談することになります。
右にある「ポイントを貯める」ボタンから広告主のサイトに飛び、申込/面談完了することで6,000ポイントもらえます。

ポイント獲得条件は熟読すること

f:id:milekozou:20170406140351j:plain

広告主のサイトに飛ぶ前のページでポイント対象条件(赤枠のボタンを押すと確認できます)をしっかりと読んでください。

同じ保険面談申込(FP紹介サービス)の広告であっても、ポイント対象条件は少しずつ異なります。

まず、ポイントを獲得する要件としては、
・無料面談完了のみでポイント獲得
・無料面談完了+アンケート回答でポイント獲得
・無料面談完了+保険の成約でポイント獲得
など、さまざまあります。
今回私が利用した「保険アドバイザーズ」は、「無料面談完了+アンケート回答」でポイントが付与されるタイプの案件でした。

また、ポイント対象外となる条件がついていることも少なくありません。
・年収が低く、そもそも保険の契約自体が困難な場合
・保険に関係する職業に就いている場合
・独身の場合(←最近この条件が増えてきています)
・面談後、音信不通となった場合
などは、無料面談完了などの要件を満たしていても、ポイントは付与されません。

案件によって少しずつ対象条件や除外条件が異なりますので、しっかりとチェックしてください。

また、明らかにポイント・謝礼目的だと判断された場合もポイント付与対象外となるケースが大半です。

広告主のサイトで申込み

f:id:milekozou:20170406141251j:plain
広告主のサイトに飛んだら、個人情報を入力して送信します。

今回、私は「保険アドバイザーズ」に「今契約している保険の見直しを行いたい」という要望で申し込みました。

ハピタス経由で申し込んだあと、面談までの流れ

FPが紹介されるのを待つ

申込が完了すると、保険アドバイザーズから申込完了のメールが届きました。
これから、私の自宅付近で面談ができるFPを探してくれるとのことです。

f:id:milekozou:20170406141447j:plain

申込から4日後、FPが見つかったとのメールが入りました。
このメールに、担当としてあてがわれたFPの氏名、連絡先が記されています。
この紹介されたFPと直接やり取りして、面談日時や場所を決定することになります(連絡はこちらからではなく、FPから入ります)。

f:id:milekozou:20170503223120j:plain

今回はメールが入った1日後にFPから電話連絡が入り、FPの事務所で保険の相談をすることになりました。事務所は自宅の近所でした。

面談の様子

面談スタート時に確認されたこと

ポイント・謝礼のみを目的とした面談ではないかどうか

面談がスタートするときに、
【ポイント・謝礼のみを目的とした面談ではないか】
ということを一番最初に確認されました。
(「お気を悪くされないでいただきたいですが、…」など、言い回しは丁寧でした。)

話によると、ここでポイント・謝礼のみを目的とした面談だと判定されると、ポイント付与対象外になるだけでなく、ブラックリストのようなものに名前が掲載され、以後保険の無料相談ができなくなる恐れがあるとのことでした。

もちろん、ポイント・謝礼のみを目的として面談ではないと伝えました。

面談の結果、保険の契約を見送る場合には必ずはっきりと伝えること

保険の無料相談の結果、利用者が
「やっぱり保険を見なおすのはやめよう」
「保険を新規に契約するのはやめよう」
と判断するケースは少なくないそうです。その場合は音信不通になるのではなく、はっきりと「見直し・契約を見送る」ことを知らせて欲しいとのことでした。

保険業務には法律で様々な規制がかけられており、個人情報の管理についても細かい規定があります。
面談の結果、保険の見直し・契約に至らなかった利用者の個人情報は、規定に基づいて削除する必要があるそうです。もし利用者が音信不通になり、はっきりと「見直し・契約はしない」という意思表示をしなかった場合は、いつまでもその個人情報は削除できないので、FP側としては大変困るとのことでした。(自分の担当FPは、保険の契約が得られないこと以上に、個人情報を削除できないことの方が困ると本音(?)を漏らしていました。)

音信不通になると、そもそもポイント付与対象外となる案件が多いので、音信不通だけは避けるようにしましょう。

面談中の様子

FPはあくまでも提案に徹する。勧誘は一切なし。

自分の希望を踏まえて、FPは4社の保険商品を提示し、それぞれのメリットとデメリットについて説明してくれました。その際、勧誘は一切なく、「あとはお客さましだいです」といったスタンスです。

意外なのは、デメリットについてもはっきりと説明してくれたことです。デメリットをはっきりと説明するということは、自社の保険を意地でも成約させなければならないというノルマが課されている保険セールスの営業者ではあまり考えられないことです。複数社を比較検討できる保険の相談窓口の強みはここにあるのではないかと感じました。

メリット・デメリットの説明のために、資料をたくさん印刷してくれました。
今回、私も自宅で検討すると伝えて資料は持ち帰りました。

面談は1時間以内に終了しました。
終わり際に次回の面談日程を決めたいという申し出を受けましたが、忙しく予定が定まらなかったので、1週間後に検討状況確認のための電話をもらうことにしました。

面談後~ポイント付与までの様子

FPからの電話はしっかりと受け取ること

面談1週間後、約束通りFPから電話がかかってきました。ここで音信不通になるとポイント付与対象外になるだけでなく、個人情報管理の観点からFPに多大な迷惑をかけることになるので、しっかりと受け取ってください。

今回、様々な保険商品を紹介いただきましたが、結局見直しは見送ることにし、そのことを電話ではっきりと伝えました。

その際も、全く勧誘・引きとめはありませんでした。
「分かりました。また保険について分からない点がある場合、見直したい点がある場合はお気軽にご相談くださいね。」
とだけ言われ、電話は終わりました。
それ以降、このFPから連絡を受けたことは全くありません。

保険アドバイザーズからアンケート依頼をもらいました

メールでアンケートに回答

今回の保険アドバイザーズの案件では、「無料面談完了+アンケート回答」がポイント付与対象条件となります。面談1週間後ぐらいにアンケートがメールで送られてきました。

f:id:milekozou:20170406144056j:plain

f:id:milekozou:20170503223035j:plain

返信の形でアンケートに回答しました。

無事、ポイントゲット!

この返信に対しては保険アドバイザーズから何の応答もありませんでしたが、1ヶ月後にハピタスポイントが付与されました。

f:id:milekozou:20170503223054p:plain

ちなみにこの案件、もっと時期をちゃんと見ていれば9,100ポイントゲットできていたようです。失敗しました…。

保険無料相談案件を利用しての感想

今回、初めて保険の無料相談の案件を利用しました。

無料相談後の激しい勧誘や電話連絡が怖かったので、どうしても利用する気がしなかったのですが、いざ利用してみると、なんともあっさりとポイントが付与されました。

また、複数社の保険商品を紹介できるFPとマンツーマンで面談するので、現在自分が契約している保険が自分に適したものなのかを本当にチェックすることもできます。
そういった意味では、単にポイント・謝礼を目的とするのではなく、実際に保険の見直しを目的として面談を受けても全く問題ないと思います。

また、今回の私ように保険が成約しなかった場合には、個人情報がしっかりと破棄されるとのことだったので、その点も不安視しなくても大丈夫だと思います。

デメリットとして考えられるのは、担当FPによって当たりハズレが分かれそうだということです。FPのスキルが低ければ、満足のいく相談ができない可能性もありますし、しつこい性格のFPに当たってしまうと、今回のようにアッサリと面談終了というわけにはいかなかったかもしれません。

しかし、無料で大量のポイントが獲得できるという意味では目玉の案件だということには変わりありません。ぜひ毛嫌いせずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回私が利用したハピタスの登録はこちらのリンクから可能です。
このリンクから登録すると、わずかですが30ポイントがプレゼントされます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

他のポイントサイトでも利用可能(ポイントサイト関連記事)

今回はハピタスを通じて保険の無料相談を利用した経緯をお伝えしましたが、ハピタス以外のポイントサイトでも保険の無料相談は高額案件として魅力的です。

ポイントサイトの利用方法については以下の記事で説明しておりますので、あわせてご覧ください。

ポイントサイトの一般的な話

ポイントサイト別の利用方法とポイント交換方法

ハピタスの使い方とポイント交換方法

モッピーの使い方とポイント交換方法

モバトクの使い方とポイント交換方法

ちょびリッチの使い方とポイント交換方法

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ