マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にANAダイヤ修行・JGC修行を行い、解脱しました!

チャイナタウンでの食事、スリ・マハマリアマン寺院+Masjid Jamek散策【ANAダイヤ修行記(クアラルンプール編15)】

f:id:milekozou:20170525180821j:plain

こんにちは、マイル小僧です。

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第15弾。宿泊したゲストハウス付近にあるチャイナタウンで食事をとり、すぐ近くのスリ・マハマリアマン寺院を訪ねた様子をレポートします。

前回までの記事

第1回

前回

クアラルンプールのチャイナタウンについて

場所

Rapid KLのKelana Jaya Line線にあるPasar Seni駅から徒歩5分以内の場所にあります。(下の地図の赤い丸がPasar Seni駅、青い枠の中がチャイナタウンです。)

f:id:milekozou:20170525131753j:plain

今回私が泊まっていたRaizzy's Guesthouseからチャイナタウンまでは徒歩1分という最高の立地だったので、迷わず行きました。

Raizzy's Guesthouseについての詳細はこちらの記事をご覧ください。1泊813円で滞在しています。

通りの様子

露店や通行人で少しごみごみした印象ですが、栄えています。

f:id:milekozou:20170524113715j:plain

このように屋外になっている通りと、(写真はありませんが)アーケード付きの通りがあります。

お店では、

  • ブランド品(ホンモノかどうかは知りませんよ?(笑))
  • 食品・食材・料理

などが取り扱われています。一部の露店からは強烈なニオイがしました(「食べても大丈夫なんかな」と心配になる系統のニオイです…)

ひとまず宿にチェックインしてしばらく経過、現地時間18:00頃でお腹が少しすいていたので、腹ごしらえすることにしました。

金蓮記で食事をとりました

外が暑くてひとまず涼みたいと思い、屋内の店に入ることにしました。「金蓮記」というお店です。

 

外の店員に声をかけると、2階に上がるよう言われたので、そのまま階段で上へ上がりました。比較的きれいな店内です。

メニューを渡されますが、品数が多くて全然決まりません(笑)オススメをきいてみると、

  • 福建麺「ホッケンミー」(RM8.50)
  • 叉焼飯「チャーシューファン」(値段を忘れました…)

の2つをピックアップしてくれたので、そのままその2つを注文しました。チョロい客ですね(笑)

叉焼飯

まず出てきたのは叉焼飯。ちょうどこの日の昼にもマラッカでも食べたので、2回目の叉焼飯です。

f:id:milekozou:20170525141639j:plain

f:id:milekozou:20170525141650j:plain

美味しかったですが、マラッカで食べた屋台の叉焼飯の方がタレがたくさんかかっていて、味もおいしかったかな…。

ちなみに昼にマラッカで食べた叉焼飯はこちら。値段もこちらのほうが安かったはずです。

f:id:milekozou:20170522160933j:plain

福建麺

ホッケンミーと読むそうです。この金蓮記で一番の名物メニューなんだとか。出てきたものはこちら。

f:id:milekozou:20170525180316j:plain

芋虫じゃないですよ!うどんのような麺です。

f:id:milekozou:20170525180350j:plain

黒いので見た目で引いてしまいそうですが、食べてみると予想以上にコクがあって美味しいです。しょっぱそうですが、それほど塩は効いていません。

2品食べて、しっかり満足しました。


スポンサーリンク
 

スリ・マハマリアマン寺院について

スリ・マハマリアマン寺院はヒンドゥー教の寺院です。クアラルンプールでも有名な観光地になっています。

場所

Pasar Seni駅から歩いて3分程度です。チャイナタウンのすぐ近くにあるので、チャイナタウンに行ったときにはぜひ立ち寄ってみてください。

外観

とにかく特徴的です。

f:id:milekozou:20170525180821j:plain

少し近づいてみると…。

f:id:milekozou:20170525180843j:plain

f:id:milekozou:20170525180858j:plain

3~4階建ての建物と同じぐらいの高さでした。

内部

あまり撮影しない方が良いと思ったので、少し遠目から内部を。

f:id:milekozou:20170525181014j:plain

f:id:milekozou:20170525181031j:plain

中でポーズを取っている女性がいるのを見ると、何だかんだで写真撮影してもOKそうですね(笑)

作法

ヒンドゥー教の寺院の多くはそうですが、基本的には裸足にならないと入れません。この寺院も例に漏れず、みなさん裸足で中に入っていました。

脱いだ靴は有料で預かってもらう場所があります。

f:id:milekozou:20170525181205j:plain

入口に向かって左に進んでいくと…

f:id:milekozou:20170525181237j:plain

ここで靴を預かってもらいます。0.2RMを支払います。少額なので小銭で支払えるようにしておいた方が良いでしょう。

 

この日はこれで散策を終えて宿に戻りました。

翌朝は1駅分歩いてMasjid Jamekというモスクに向かいます。

Masjid Jamek

Masjid Jamekについて

Masjid Jamek(マスジッドジャメ)は、100年以上前に建築されたクアラルンプールでも特に古いモスクです。Kuala Lumpur Central Mosqueとも呼ばれることから、クアラルンプールでも主要なモスクになっていることが分かります。

Masjid Jemakの場所

Rapid KLが運行するLRTのMasjid Jamek駅が最寄りです。

今回、私は宿泊していたゲストハウスから歩いてここまで向かいました。

f:id:milekozou:20170527002718j:plain

とりあえず北上すれば大丈夫という情報だけで歩きましたが、問題なく到着できました。

宿から北上すると、Kasturi Walkという商店街の入口に来ました。

f:id:milekozou:20170527002828j:plain

そのまま商店街を通り抜けると、広場がありました。

f:id:milekozou:20170527002903j:plain

広場もそのまま通り抜けると太い通りに出ます。そこを左に曲がるとMasjid Jamek駅が見えます。駅が見えたらもうすぐそこがMasjid Jamekです。

f:id:milekozou:20170527002958j:plain

工事中でした…

なんと、Masjid Jamekでは大規模な工事が行われているようで、中には入れませんでした。うーん、残念。(中を散歩している人がいるように見えたので、入ろうとした場所が悪かったのかな…。)

まあ、駅2階からも全景が見えたので、良しとしておきましょうか(笑)

f:id:milekozou:20170524111352j:plain

f:id:milekozou:20170524111420j:plain

f:id:milekozou:20170524111433j:plain

 

その後は周辺を当てもなくブラブラ。暑いですがいろいろな建物が見られました。

f:id:milekozou:20170527003610j:plain

f:id:milekozou:20170527003624j:plain

ちょうどお祭りの準備をしていました。

f:id:milekozou:20170527003635j:plain

少し離れたところから。

f:id:milekozou:20170527003705j:plain

 これは「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」というイスラムの建物です。

f:id:milekozou:20170527003759j:plain

なかなか雰囲気の良い場所でした。しかし、やっぱり暑い…。

KL Sentral駅へ移動

このあとの行程に備えて…

この散歩の後には、バトゥ洞窟(Batu Caves)というヒンドゥー教のスポットに行こうと考えていました。そのためにはKL Sentral駅から鉄道に乗らなければならないので、Masjid Jamek駅からKL Sentral駅まで電車で移動しました。

f:id:milekozou:20170527004046j:plain

ホームでふと上をみて驚きました。次の電車が入線する時間を秒単位で知らせてくれています。すごい…(ただ、時刻表はないようです)。

 

 

さて、今回はここまでにします。

次回はKL SentralからBatu Caves観光に行った様子をお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク
 

関連記事

前回までの修行記

 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ