マイル小僧のマイペース修行記&旅日記

駆け出しの陸マイラーによるマイル集め奮闘記&旅日記。2017年にANAダイヤ修行・JGC修行を行い、解脱しました!

格安ゲストハウス!Raizzy's Guesthouse体験記。駅近!チャイナタウンからも近い最高の立地で1泊813円!【ANAダイヤ修行記(クアラルンプール編14)】

こんにちは、マイル小僧です。

今回はクアラルンプール修行記(と称する単なる旅行記)の第14弾。

クアラルンプールのゲストハウス「Raizzy's Guesthouse」に宿泊した様子をレポートします。

KL Sentral駅から2駅先のPasar Seni駅から徒歩2分、チャイナタウンまで徒歩1分の好立地。1泊813円のゲストハウスはどうだったのか?気になる内部の様子も写真付きでお伝えします。

前回までの旅行記

第1回

前回

Raizzy's Guesthouseの場所

Raizzy's Guesthouseの場所はこちらです。

最寄り駅:(Rapid KL)Pasar Seni駅(徒歩2分)

周辺の観光スポット:スリ・マハマリアマン寺院(徒歩0分)、チャイナタウン(徒歩1分)など

Raizzy's Guesthouseの予約

事前にExpediaで予約しました

じゃらんや楽天トラベルと同じように、海外のホテルを検索・予約するサイトはたくさんあります。そのなかの一つがExpediaです。

今回は、事前にExpediaで駅に近くて交通アクセスの良いゲストハウスを探していました。その結果、立地と口コミのよいRaizzy's Guesthouseにヒットしたというわけです。

部屋は4ベッドにしました

ゲストハウスなので、部屋はドミトリー、相部屋です。

何人部屋にするか選択できますが、あまり人数が多いと落ち着かないような気がしたので、4人部屋を選択しました。当然ながら、残り3人知らない人と同室です。

寝るだけだと割り切ってしまえば、それほど不安はありませんでした。ただ、荷物の管理だけは厳重にするよう心掛けることにしました。

予約時にクレジット決済しました

Expediaでは、支払いのタイミングを選択することができます(宿泊施設によっては一択の場合もあるかもしれません)。

主に、

  • 予約時にオンラインでそのままクレジット決済するパターン
  • 現地宿泊施設で支払うパターン

とがありますが、Raizzy's Guesthouseの場合はどちらかを選択できたので、事前にクレジット決済することにしました。

宿泊費は、諸税込みで1泊813円!

宿泊費は、

  • 客室料金:697円
  • 税・サービス料:116円

で、合計813円でした。他人と同一部屋とはいえ、格安です。

Raizzy's Guesthouseの立地

駅から本当に3分以内で到着しました。

f:id:milekozou:20170524174020j:plain

しっかりと車通り・人通りのある道に面しているので、物騒な雰囲気はありません。

すごいことに、2~3軒隣が観光スポット「スリ・マハマリアマン寺院」でした。徒歩0分です。

f:id:milekozou:20170524113724j:plain

また、1分~2分歩けば、チャイナタウンです。

f:id:milekozou:20170524113715j:plain

夕食でお世話になったことは言うまでもありません(笑)

Raizzy's Guesthouseの外観

外観はこんな感じです。

f:id:milekozou:20170524174233j:plain

f:id:milekozou:20170524174222j:plain

決してきれいではありませんが、「汚ねっ!」とは思いません。ほどほどに清掃されています。

入り方、セキュリティ

すりガラスになっていて中が見えないのが怪しい雰囲気ですが、これはセキュリティ・プライバシー確保のためです。

入口は電子オートロック式になっており、中から鍵を開けるか、宿泊者だけに教えられる暗証番号を入力しないと中に入れません

チェックイン前には暗証番号は分かりませんので、到着した際はインターホンを押して、中に入れてもらいます(下の画像の赤丸の位置にあります)。

f:id:milekozou:20170524174602j:plain

フロントの様子~チェックインの手続き

外観の印象とは少し違い、明るくて清潔

中に入るとこんな感じです。

f:id:milekozou:20170524174800j:plain

外観とは違った印象で、結構きれいです。壁には過去の宿泊者がメッセージを書いた紙皿がたくさん飾られていました。日本人の宿泊者が書いたメッセージもいくつかありました。

フロントでのチェックイン

デポジット金として10RMが必要(チェックアウト時に返金されます)

フロントには愛想の良いオバちゃんと、感情を失ったかのような無表情のニイちゃんがいました。感情のないニイちゃんは仕事をしないポリシーなのか、対応はオバちゃんが一人でしていました。

まず、予約していることを告げると("I have a reservation tonight."など)、名前を聞かれました。名前を言っても発音が分からなかったのか、3回ほど聞き直されましたが、結局最後まで聞き取れなかったようです(笑)

パスポートを提示した後、デポジット金として10RMを出すよう求められました。これは宿泊中に特にトラブルがなければ、チェックアウト時に返金してもらえます。

手続きが終わると、部屋の鍵が渡され、滞在について簡単に説明してくれます。

  • 無料Wi-FiのIDとパスワード
  • ゲストハウス玄関の暗証番号
  • 飲み物は1階のドリンクサーバーで自由に飲めること
  • 朝食は1階でセルフサービス。パンが提供されること
  • (たった1泊だなんて、あまりに短い滞在だということ)

が述べられました。

そして、感情を失った無表情のニイちゃんスタッフがおもむろに立ち上がり、部屋まで案内してくれました。無表情のニイちゃん、意外にちゃんと喋る人でした。人を見た目で判断したらダメですね(笑)

部屋の様子

部屋は2階の端っこでした。

f:id:milekozou:20170524181155j:plain

部屋には鍵がかかっていますが、この部屋に泊まる人全員に1つずつルームキーが渡されます。外出時にフロントに預ける必要はありません。

室内はこのようになっています。

f:id:milekozou:20170524181317j:plain

f:id:milekozou:20170524181329j:plain

2段ベッドが2つの4人部屋です。奥側の上段があてがわれました。

f:id:milekozou:20170524181346j:plain

ベッド上段にはハシゴで上がりますが、その度にミシミシ音が鳴るので少し気をつかいます。

f:id:milekozou:20170524181513j:plain

壁にはいろいろな案内が貼られています。

f:id:milekozou:20170524181540j:plain

「ドミトリーなんだから、部屋で行為をいたすな」的な注意書きもありました。前例があるということですね…。

(非常に大事な)ロッカーについて→南京錠は持参しましょう!

部屋の奥にロッカーがあります。4人部屋で4つのロッカーがあるので、一人一つ利用できるようになっています。

f:id:milekozou:20170524181317j:plain

南京錠でロックできるような器具がつけられていますが、肝心の南京錠はありません。

荷物を入れてロックしたい場合は、南京錠の持参が必須です。私はダイヤル式の南京錠を持ち歩いているので、問題なく荷物を収納できました。
(南京錠はバックパッカーにとっては必須のアイテムですね。)

 ロッカーの大きさはそれほど大きくありません。スーツケースは機内持ちこみ可能ギリギリサイズだと恐らく入りません…。スーツケースなど大きなカバンを持っていくなら、錠前と固定用のワイヤーが必要ですね…。(同室だったロンドンボーイは、普通にスーツケースを部屋に置きっぱなしにしていましたが…(笑))

その他部屋の設備について

エアコンはバッチリ動きました。

エアコンは安心のDAIKIN製で、冷房もしっかりと動きました。夜は寒いぐらいでした。

無料Wi-Fiは強度バッチリ

無料Wi-Fiは部屋でも問題なく使えました。ゲストハウスによっては「部屋では全然使えないので、ロビーで使う必要があった」といった口コミが見られますが、そんなことはありませんでした。

コンセントはベッドの枕元に1つ

コンセントはベッドの枕元の壁に1口ありました。日本のコンセントの形状には対応していないので、変換プラグが必要です。

アメニティ類について→必要最小限しかありません!

ベッドの上に

  • バスタオル1枚
  • 毛布1枚
  • マットレス(カバー着き)
  • 枕(カバー着き)

が用意されていました。

その他、共用の洗面台にドライヤー、シャワールーム内にシャンプー・ボディーソープ(誰かの置き忘れのような雰囲気があったので保証はできませんが…)が置かれていた以外にはアメニティはありません。必要なものは自分で持参する必要があります。

共用設備について

階段・廊下の雰囲気

階段・廊下の写真はこちらです。

f:id:milekozou:20170524235339j:plain

f:id:milekozou:20170524235402j:plain

落書きを見るとものすごくガラの悪そうな雰囲気を想像してしまいますが、そんな物騒な雰囲気はありません(笑)

洗面室

洗面室には、洗面台・トイレ・シャワールームが集約されています。

f:id:milekozou:20170524235729j:plain

トイレ

トイレは洋式の水洗式で、トイレットペーパーもちゃんと流せます。十分清潔です。

f:id:milekozou:20170524235546j:plain

シャワールーム

こんな感じで、それなりに清潔です。

f:id:milekozou:20170524235824j:plain

最初、どこからお湯を出すのか分かりませんでしたが、下の画像の赤い部分をねじると出てきました。

f:id:milekozou:20170524235855j:plain

水圧は少々物足りませんがお湯はしっかりと出てくるので、及第点です。

ちなみに、脱いだ服や着替えを置くスペースはなく、ドアにかけておくしかありません。自分で持ってきたシャンプー・ボディーソープ類(小袋に分かれたものを持参しています)は、下の画像の赤い場所に置きました。

f:id:milekozou:20170525000033j:plain

夜間の騒音について

タイミングによるんだと思います

私が宿泊した部屋は4人中2人が女性のグループ旅行、残り二人は男性でひとり旅だったので、室内は比較的静かでした。

一方で、翌朝に同室だったロンドンボーイから聞いた話によると、廊下では夜遅くまで話し込んでいる人がいたようです。ただ、会話の音量は大したことなかったようで、睡眠に支障はなかったとのことです。

ちなみに私は耳栓とアイマスクで目と耳を塞いで寝ていたので、全く気付かずに朝を迎えました(もともと苦手だった耳栓は、練習して克服しておきました(笑))。

夜間の騒音についてはタイミング次第だと思いますが、今回は全く問題なく寝ることができました。

朝食について

1階でパンとコーヒーがセルフサービス

そもそも1泊813円で朝食付きというのが太っ腹ですね(笑)

朝食は1階でセルフサービスでいただきます。カウンターの様子がこちら。

f:id:milekozou:20170525002124j:plain

食パンをトースターで焼き、マーガリンやジャムを塗って食べます。

f:id:milekozou:20170525002114j:plain

コーヒーも用意されていました。

f:id:milekozou:20170525002203j:plain

食事をとる席はそれほど多くありませんが、このカウンター付近にあります。

f:id:milekozou:20170525002233j:plain

テレビでは、ハリー・ポッターが放映されていました。

チェックアウト

鍵を返し、デポジット金10RMを返金してもらうだけです。

食事を終えたら、観光のために早々にチェックアウトしました。鍵を返し、デポジット金10RMを返金してもらうだけで終了です。

利用しての感想

宿泊費813円を考えれば、十分満足です!

宿泊費がたったの813円だったので少し不安でしたが、シャワーもちゃんと使えて、エアコン付きの部屋が使えて、清潔な布団でちゃんと眠れて、朝食まで食べられて、と不満な点は全くありません。施設内の雰囲気も良く、安全面でも特に不満を感じたことはありませんでした。

 女性の滞在者もたくさんいましたが、基本的にはグループ利用が多いように感じました(ほとんどの女性が複数人で行動していたので)。

 

相部屋で寝るということに対して「絶対にイヤだ!!考えられない!!」という方には決してオススメしませんが、「ちゃんと寝られるなら泊まってみてもいいかな…」ぐらいの感覚の方はトライしてみても良いかもしれません。私はゲストハウス初心者ですが、全く不満なく滞在できました。

 

次回は付近を散策した様子をお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク
 

関連記事

前回までの修行記

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)


にほんブログ村 旅行ブログへ